2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

動物たちの話

2019/03/22

殺し屋ミッチョン

昔、人から預かったミポリンが生んだ子でミッチョンという猫がいました。

職場に毎年15匹くらいずつ仔猫が捨てられて、里親に出せなかった猫が家に溢れかえる環境で、神経質なミッチョンは、だんだんと下痢の症状が出てきて、食べても食べても治らないということになりました。

検査をしても原因がわからなくて、当時は良いフードも無くて、ミッチョンはだんだんとやせ細っていってました。

そんなある日、腎不全で明日をもしれぬビーナスという猫が、大きなうめき声を出すので見に行くと、ミッチョンがビーナスの喉元に噛みついていて、ビーナスは息も絶え絶えになっていたのでした。

ビーナスはそのまま死んでしまいました。

事を終えたミッチョンが、何やら目をギラギラさせて息も荒く、大興奮の様子でしたが、その後3日間くらい、下痢が治ったのです。

フードを食べても栄養が吸収されて楽になった様子でした。

興奮して交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンが出ると症状が緩和されることから、ミッチョンは自己免疫が腸を攻撃して起こる腸炎なのだと思うようになりましたが、ステロイドを投与しても症状は治りませんでした。

そのうちミッチョンは、高齢だったり病気で寝ている猫の口の匂いを嗅いで回るようになりました。まるで、次の獲物を探しているみたいでした。

その様子から、ミッチョンは「殺し屋ミッチョン」というあだ名がついてしまいました。

話変わりますが、先日、狩ガール議員がフェイスブックで狩った熊を逆さ吊りにした横で白目をむいて、「オイニー大興奮!」とかいうハッシュタグとともに掲載していたということで、炎上していました。

オイニーとは、美味しい匂いということらしいのですが、彼女をみてミッチョンを思い出しました。

命を育むはずの女性が、オイニー大興奮するのは、もしかしてミッチョンのように大興奮した後に何か病気が一時治って楽になるからではないかと

ミッチョンは、結局、何をしても何を食べてもダメで、やせ細って死んでいきました。まだ若かったから、自分がなぜこんなに動けないのかわからないという顔で死んでいきました。

生まれ変わったら、こんな病気にならないで、健康に幸せに生きていってほしいです。

2019/03/15

父とジジ

ジジは、まだ若い真っ黒なパグ犬で、父と暮らす義妹の知り合いが、犬を飼うのが初めてで慣れることができず、ギブアップになったのを引き取った子です。

「犬のことなら任しとけ」とばかりに夫婦で引き取って世話をしているのですが、来てすぐに懐いて、躾も行き届き、父は溺愛しているのです。

80歳にもなって、やっと「犬は裏切らない」ということに気がついて、内心私は「遅!」と心の中で思ってたんですが…

毎朝、まだ暗いうちから起きて、ジジの散歩のついでにラジオ体操をしていました。

少し前に心筋梗塞になり、ステントで生きながらえて退院してから、肉好きだったのが急に食べるのをやめたようで、お正月に会ったらベジタリアンみたいになっていて、ビックリしました。

ジジのために長生きしたいというのです。

それが、最近、呼吸に変な音が混じるようになり、ヒューヒュー苦しくなってきたので大学病院で検査入院したんですよね。

それでお見舞いに行ったら、ジジと会えないのをとても残念がっていて、代わりに散歩に行ってくれている義母から、「散歩中にジジがお父さんを探してるねん。」などという話を聞いて、「ジジに会いたい会いたい」と言ってました。

父はまだ幸せです。
高齢でも後見人が何人もいて、ジジの里親になることもできました。

独り暮らしで、最後のペットを見送った高齢者は、どんなに寂しいことかと思います。

そんな高齢者たちが、ボランティアに参加できる保護施設があちこちにあればいいなと思います。

父は、とりあえず息ができるように処置してもらったので、退院したらまたジジと散歩するのかな?できたらいいな。

2019/02/27

高校生の時に考えていたこと

高校生くらいの時は、色々将来のこととか悩みましたが、よく考えたのは老後のこと。

寂しがりやだったから、年取ってから一人ぼっちで生きる勇気はなかったので、孤独ににならない方法を色々考えるのだけど、結局は「結婚」に行き着いて、「結婚して子供を産むしか、自分にはできそうにないなぁ」と思っていました。

でも、女は出産しないといけないので、命がけで怖かったし、女って損やなとか、男が羨ましいとか、思ってました。

男は外で働かないといけないのが普通だったから、家に居られるのなら女は得だけど…

蓋を開けてみると女も働いているし、子供は産まないとダメ、家事はしないとダメ、仕事もしないとダメな女ってトコトン損だったかもしれない。

と言っても、仕事をしないで専業主婦をしても退屈だったし、退屈を幸せだと思えたら、猫みたいに幸せになれたかもしれないと思う、40年後の私です。



2019/02/06

人生色々、野良猫も色々

寒い時に、何気なしに目に入ったポスターを気に入って、動物病院に貼り出したのです。





そして、Twitterに何気なしに呟いたんです。

あくび猫のTwitter

外で震える猫さんが、家の中に入れてもらえなくても、軒下に毛布の入った箱を置いてもらえるだけで、助かるだろうし、と思って。

それに、一般の方は猫が居着いて子供を増やされたりしたら困るから、手が出せない気もして。

耳カットがしてある野良猫は、避妊去勢済みだということを知らない人がたくさんいて、苛められたり、関わりたくても関われない人もいるのではないかと。

それで、せめて動物病院に来た人がこのポスターを見て帰ってくれて、口伝えに伝わったらいいなと。

Twitterはついでに伝わったらいいなと。

そしたらバズりました。(こういうのをバズると言うらしい)

全国の人がReTweetしてくれて、少しは広まったみたいです。

野良猫にも色々あって、絶対に人家に入りなくない派と、寝る時だけ入れてほしい派、家猫にしてもらえるならなりたい派…と様々です。

人の人生も色々だけど、野良猫も色々。

家に入りたくない野良猫は、軒下に毛布の入った箱を置いてあげたら喜ぶことが多いです。

一昨年の冬に虹の橋を渡った野良猫ロコタンも、中に閉じ込められるのはすごく嫌がったけど、外に置いた毛布の箱は喜んでました。

去年、避妊手術に来た家猫ちゃんで、飼い主さんが公園で知り合って、「うちに来る?」と聞いたら一緒に歩いてついてきて、一度家を見学した後に出て行って、1か月後にまた公園で出会って、「うちに来る?」と聞いたら、玄関から入ってそのまま外に出て行かないで家猫になり、仔猫を生んだという強者もいました。

耳カットしていたら、そういうこともないから安心して迎え入れることができます。

まぁ、とにかく毎日こういう心温まる話が聞けて、私は幸せだなと思います。









2019/02/02

弱いから嘘つきになった人類って感じですか

猫を助けるために嘘をついたおばあちゃんがいたんです。

私も巻き込まれて、「あー、いややなー」と思いました。

人を巻き込まずに真面目に頑張る人もいるから、頑張らずに嘘をついて、猫を人に押し付けるなんて、ズルイなと。

まぁでも考えたら、世の中嘘つきだらけで、猫を助けるために嘘をついたくらいで目くじらを立てるのも変な感じがします。

お金儲けのために、大嘘をついて大金を請求する国家資格を持ってる人もいっぱいいるのに。

必要経費を払ってくれて、隣の猫嫌いな人が真冬に水をかけるのを見ていられなくて嘘をついたおばあちゃんと、お金儲けの大噓野郎と比べたら、猫の神様から褒められるのはおばあちゃんの方かもな…

私は基本、嘘がつけません。
嘘をつくと体調を崩して病気になるんです。

嘘をつかない人は嘘をつく人がすぐにわかってしまいます。まるで、タバコを吸わない人がタバコを吸う人をすぐに嗅ぎ分けるように。

だからと言って、弱さゆえに嘘ついてしまった人を責めたりもできません。私だってその人の立場になったら病気になるの覚悟で嘘をつくかもしれないし。

まだ高齢者にはなっていないから、正義を熱く語れるけど、高齢者になってみないと、気持ちってわからないしね…

弱かった人類は、生き延びるために嘘をつくようになって、上手に嘘をつける人が生き延びて子孫を残してきたけど、今は「少子化」とか言ってて、「もう嘘ついても子孫残せませんね。」みたいな感じですかね。










2019/01/12

予知能力なのか現実を創造したのか

迷子猫のポスターが、動物病院のガラスに数枚貼ってあったんです。

って、ここでガクッと思った人、まぁ、最後まで読んでください😅

3枚貼ってあって、そのうちの1枚を、見つかったという報告を受けて、私がはがしたんです。

それを勘違いしたダンナが、まだ見つかっていない人が来院した時に、「見つかって良かったですねー」と声をかけてしまったらしいのです。

「まだですよ。」と言われて、「アァー!ワシは、ワシはなんていうことをしてしまったんダァー!」と内心思っていたそうです。

でも、真実を知る前までにタイムラグがあって、その間、ダンナは完全に、その人の猫が見つかったと思い込んでいたそうです。

ところが、実は見つかっていないとわかってから、数週間もするうちに、本当に猫が見つかったんです。

それも、大和川という川を越えたところの公園から。

飼い主さんもさすがにそんな遠い所に猫の足で行けないと思い、大和川の手前までは探し歩いていたそうですが、あびこ大橋を渡ってさらに遠い公園など、見当もつかない場所だったそうです。

それも奇跡的に、その公園の猫にエサをあげていた方の会社の社長の奥さんがうちの動物病院の常連で、「なんかポスターの猫と似ている猫を社員が保護している」というのです。

聞けば「避妊手術はしていなかった」と言うし、迷子の子は避妊済みだったから違うと思いつつも、一応連絡してあげてと言ったんです。

そしたら、それがドンピシャリで、迷子の猫さんでした。

再度避妊手術を受けて開腹されて、耳先カットもされていましたが、その子だったんです。

ダンナが、勘違いをしたことを私に打ち明けたのは、事が全部終わった昨日で、見つかってくれて本当に安心したから打ち明けたという感じです。(見つからなかったら棺桶まで持って行く気だったはず🙄)

それで、「わぁ、それ、お父さんが本気で勘違いしたから、現実を招き寄せたんかもしれへんでー」と慰めてあげました。

慰めた後で、もしかしたら本気で思い込んだら、その通りになるのかも?と思ったのでした。

完全に勘違いする事なしに、本気で思い込むなんて、なかなか難しいと思うけど、どうやったら、勘違いしたみたいに思い込めますかねぇ、宝くじが当たるって。

2018/12/15

モルモットのモルちゃん

この話、前にもしたかなぁ?

2013年の5月頃に、近所の猫おばさんが家に来て、「線路沿いの人気のない草むらに、猫みたいなネズミみたいな生き物が捨てられている。」と言ったのです。

「なんで自分で助けんと、人に言いに来るん〜」と思ったし、その時は一旦、断ったんです。

でも、夜になると寒くなってくるし、気になるし、息子と2人で見に行ってしまいました。

小動物用のケージに三毛猫みたいな生き物がいました。
ケージの周りには野ネズミがチュウチュウ鳴いていました。

あのネズミたちはモルちゃんを助けたかったのか、中に入っていたフードが欲しかったのかわからないけど。

「あーあ。」と言いながら、ケージを自転車に乗せて、玄関先の空きスペースに持ち帰って、ダンナに聞いたらモルモットと言われて。

三毛猫みたいだし、小豆みたいな目で見るし、「あーあ」と言いながら名前をモルちゃんと名付けました。

世話をするうちに、モルちゃんは少しも欲がなく、水と少しの草とフードがあれば満足そうで、草食動物というものは、なんと心が綺麗なんだろうと思いました。

慣れてくると、私が家に帰って来た時には、「ピューイピューイ」と大きな声で呼びました。

そんな可愛い小動物を、動物実験に使う人間って恐ろしい生き物だな、などと考えて過ごした2年でした。

ある日モルちゃんは腎不全のような症候が出て、天国に行きました。

その少し前に、猫もたくさんいて、動物病院の手伝いもして、母の遺品整理もあって、モルちゃんの世話をしながら、ついうっかり、「モルちゃんの世話までしんどいわ…」と言ってしまったから、それを聞いたモルちゃんは死んでしまったのかな?と、愚痴を言ったことを後悔しました。

モルちゃんの思い出は、私の心に少しトゲになって刺さってたのですが、先日、岩合光昭さんの世界猫歩きをみていたら、ペルーの会だったか、モルモットの先祖の天竺鼠(多分)が、猫と一緒に暮らしていました。

あの天竺鼠は食用?それともペット?

一体、何用かわからないけど、自由に家の中で楽しそうに生きていて、猫に殺されることもなく、平和な光景に少し癒されました。

本当のところはどうかわからないけど。

まぁ、とにかく、草食動物は欲がなくて優しい生き物で、それを実験に使って殺したり、狭い檻に閉じ込めて飼育した挙句に殺して食べたり、そんなことをする人類は、ちっとも神様に近い生き物ではないことは確かだな、と、モルちゃんをみてて思いました。

モルちゃんを捨てた人も鬼だしね。

2018/12/07

犬猫オアシス

動物病院をやっていると、どうしてこんなに犬猫が好きな人が多いんだろうと感心するんです。

私もたいがい猫キチだと思ってたんですけど、私よりもすごい大御所がゴロゴロいます。

そんな人たちは、私みたいに子供の頃に可哀想な犬猫を助けることが出来ずに、それがトラウマになって、大人になったら絶対助けようと思ってたのかな?などと、想像するのですが。

意外と、猫なんか気にしたことがなかったのに、家の裏にかわいい猫がやってきて、ニャーニャー言うからご飯をあげてたら、ある日子供連れでやってきて…という、気がついたら猫沼にハマり込んでいたという人もいて、猫様が人間を落とす手腕たるや、流石だなとか、感心したりする毎日です。

私はというと、どんな野良猫でもかわいいと思うせいなのか、手術の麻酔をするために保定する時に、私が猫の首の後ろを持つと、急にみんな大人しくなるまでになってきました。

はじめの頃は首を持とうとしても暴れる猫を抑えきれないこともあったのに。

怖いよりも可愛いと思う気持ちが、最近は強くなってきました。

猫って愛の気を感じるみたいですね。

猫沼は深くて大変なのに、たくさんの方がこの沼にハマりながら楽しんでいたりして、難しく考えてしまう私は逆に羨ましくもあったりして。

ホント、この世界では犬猫が人の心のオアシスですね。そう思います。

2018/12/06

猫だけが生きる意味だった

子供の頃は、この世界が全然面白くなかったです。

退屈だし、空気は汚れているし、人間達もなんだか意地悪だし。

それで、早く死にたかったから、わざと風邪を引くようにしたり、ご飯を食べなかったりしてました。

そんな私が見ていた子供の頃の世界は、言葉で言うとモノクロ。

そんなモノクロの世界に、ポツッと色が見えたんです。
それが、近所にいた茶トラの野良猫でした。

小さな私は、その茶トラを触ろうと近づくけど、野良猫は子供が大嫌いのようで、そそくさと逃げようとします。

その逃げる茶トラの尻尾を握って離すまいとして、その辺にいる大人達から「尻尾持ったらあかんあかん、噛まれるでー!」と言われたものでした。

猫という「色」を見つけて、私は少しだけ、この世界にいてみようと思ったような気がします。

小学校に上がる頃に、近くの団地のおばさんが、歩いていた私に三毛の仔猫をくれて、家に持ち帰り、晴れて猫を飼えるようになりました。

それでも、猫を取り巻く環境は今よりも悪くて、避妊手術など無かったから、生後半年くらいになると、家からいなくなりました。

それは、オス猫を求めていなくなったのではなくて、妊娠したから家族の誰かが遠いところに捨てにいってたんだろうということが、大人になってから思い当たりました。

私にとってかけがえのない猫ですが、猫のことから本当に色んなことを考えさせられました。

子供の頃は放し飼いで、猫にほとんどお金がかからなかったのが、今は完全室内飼いが推奨で、そのために家は買う、砂は買う、フードは買うの三拍子で、これでもかというくらいお金がかかるし。

家のローンで事実上がんじがらめだし。

それでも、私は猫マスターとして人々に猫との暮らし方を教えたり、丁寧な避妊手術をしてあげたりすることで生活しているから、正に、猫は私の生活の全てかもしれないなと思ったりします。

まるで、豊かな大地が農家の糧のように、私は猫が糧のようです。

猫がこの世界に色をもたらしてくれた上、生活の糧とまでなってくれて、感謝感激雨霰なのです。

お返しらしいお返しもできないのに、してもらってばかりですみません、猫の神様…

2018/12/04

ボダの猫

チョコタンは、思えばボーダーラインの猫だった。(以後ボダと表記する)

獣医学のカテゴリーでは問題行動をする患畜という範疇に入るのだろうか?

仔猫の頃、真っ黒なセミロングの、ふっくらとした甘えん坊で、あまりにも可愛かったから、当時、15歳くらいだった息子が溺愛していた時期がありました。

ところが、チョコタンは少し我が強く、甘え方に癖があって、寝転んでお腹の上に乗せ、ずっと撫でていないと機嫌が悪くなるらしく、何もできないからと、そのうち息子から見放されて部屋に入れてもらえなくなったんです。

家の猫の数が増えて、引っ越しをしないといけなくなって、今の家に引っ越した頃から、チョコタンは下痢気味になりました。

それも、トイレの外にわざとらしくするようになりました。

叱りはしないものの、世話の焼ける猫やな〜😩という、ちょっとウザイという気持ちはあったし、甘えてくるのも義務感で撫でてあげるような感じだったかもしれません。

先日から、人間のボダを調べていたら、「見捨てられ不安」から様々な心理的な葛藤が生じてしまうのを知ったから、チョコタンの問題行動も、ひょっとしたら、仔猫時代のトラウマが起因しているんじゃないかと、ちょっと思うのです。

見捨てられ不安にさせないために、親や飼い主はどうしたら良いのかな?と思うに、昔カウンセラーから習った交流分析のストロークのうちの、「否定的なストローク」「無視」はしない方が良さそうだなと思います。

「条件付きのストローク」も、ほどほどにしないとダメな感じですよね。

生き物にとって最も必要なものは、全て受け入れて許す「無条件の愛」であるのに、世の中には躾と称する条件付きの愛や、子供に話しかけられても返事をしない親もいたりして、人も猫も病むわな…と思う今日この頃なのでした。

チョコタン、ごめんなぁ…
チョコタンの思うように可愛がってあげられへんかって…

世話のかかったチョコタンがいなくなったら、私の用事の手間がかなり減って、「チョコタンは手間をかけさせることで愛情を感じてたのかなぁ。」と思ったし、かなりの存在感があったのだと認識しました。



より以前の記事一覧

他のアカウント