日記・コラム・つぶやき

2017/06/26

あぁ、恥ずかしい

毎夜毎夜、朝になるまでずっと、どこかからテレビの音がするんですよ。

バラエティみたいのだったり、ニュースみたいのだったり、ドラマみたいのだったりと、番組は様々なんですが。

てっきり、裏のマンションの住人が、窓を開けてテレビをつけたまま寝ているんだなと思っていました。マンションの方向から聞こえるから。

それで、マンションの管理会社に苦情を言ったりしてたんですよ、2回も。

でも、マンションではなくて、その向かい側にある文化住宅が怪しいということが最近判明して、マンションの管理会社に電話なんかしなけりゃ良かったと、穴があったら入りたい気分なのです。

私の家は、猫がたくさんいるから、朝起きてきた近所の人が、「臭っ」と思わないように、夜中に猫部屋の掃除をしていて、寝るのは最近午前4時くらいになっているのです。病気の子や年寄りの子のケアに時間がかかるようになって、寝る時間が延びに延びて、ヤバイのです。

今はちょうど夏至の頃なので、寝入り端に、裏からテレビの音がずっと聞こえると、気になってしまって、深い眠りにつく前に、カラスが鳴き出してしまうといった体たらくなのです。カァカァカァカァ鳴くわ鳴くわ…「おはよう〜」って挨拶しまくるカラスたち。

私がテレビの音を気にするのとは裏腹に、ダンナは「ワシ全然気にならへんわー、長屋に住んでたから隣の音はオナラの音まで聞こえてたからかなー。」とか言うし。

息子は息子で、「その音、お母さんにしか聞こえてへんのとちゃう?」とか言って脅かすし。

「文化住宅は、うちの真裏で、猫で迷惑かけてるかもしれないしなー」と思ったら、苦情なんて言いに行って「オタクの猫のせいで迷惑してるんや!」と言い返されたりしたら大変だし、もう諦めようかと思ったら、なぜだか気分が軽くなってきました。

文化住宅=年寄りが住んでいる=耳が遠くて寂しい人=テレビつけたまま寝てしまう

そういう図式だったら、可哀想だしなぁ。
でも、睡眠が浅いと、こちらの寿命が縮みそうで、早く窓を閉めて寝る冬にならないかなと願わずにはいられませんわ。(夏の冷房も期待)

2017/06/17

急に食べ物が無くなったりしたら

急に何かの事情で、日本で食料が手に入らないことになったら。

ペットフードが無くなって、人間の食べ物も底をついたら、大型犬のモモ犬は、猫を食べてしまいそうだから外に繋ぐことになり、そうしたら、モモ犬が他の人に食べられてしまいそうで嫌だな。

と、たまに変な想像をしてしまう私。

平和だからいいけど。これがずっと続いたらいいけど。

ある日、食料自給率の低いこの国で、食料の輸入が止まってしまったら。

都会では、備蓄してある分が無くなり次第に、奪い合いになるのだろうか?

その時、お金を持っている人が少ない食料を優先的に手に入れることができたとしても、核シェルターみたいなところに隠れていないと、食料が手に入らない人たちが掠奪しに襲いかかって来そう。

アホみたいな妄想かもしれないけど、0%ではないのだから。

私は30代の頃から、そんな事を考えていて、ずっと田舎で自給自足したいしたいと言い続けていたのだけど、猫まみれになっているうちに、すっかり気力体力も衰えて、今となっては諦めの境地…

でも、お願いだから、モモ犬が生きているうちに、そんなことにはなりませんようにと、時々考えてしまうのです。

日本政府にお願いします。

どうか、食料自給率を上げるような政策に舵を切ってください。
農家に転職したい人がいたら、気軽に土地と家を貸してくれるような、制度を作ってください。

お金がいくらあっても、世界的に天候異変が起こったら、食料の輸出国は、自国優先になるのに決まっているのだから…

どうか、よろしくお願いします。

2017/06/16

家畜と人間は同じなのかも

少し前の文章の中に、「家畜の道を選んだからこそ、爆発的な数を増やすことができたのだから、ある意味、種を増やすために人間と取引したようなものだと、息子などは言います。

数が増えさえしたら、狭い檻に閉じ込められて、親は子と引き剥がされて、人間に食べられるために短い一生を終える、それで良いのだろうか?」

という部分があって、ぼーっと読み返していたら、「あれ?これってお金で支配されている人間と同じやわ。」と思いました。

お金で支配されて、世界経済の中に紛れて生きることが、寝る場所と食べるものを保証されて、爆発的に人口を増やすことができたのだとしたら、一体、お金というツールを操って、人間を家畜にしているのは誰なのかな?」と思いました。

人々が「月」と呼んでいる、一見岩石の塊に見える宇宙船でやってきた宇宙人かしら?とか。ぶっ飛んだことを思ったりして。

(あぁ、それで、引力でホルモンを撹乱させて、精神的肉体的に負担をかけて今以上の進化ができなくなっていたんだな、とか、地殻に引力で負担をかけて、しょっ中地震を起こさせたりしているんじゃ?とか。)

宇宙人でなくとも、宇宙空間から地球を見下ろすような俯瞰ができる人なら、人間を家畜として操ることは容易い(たやすい)感じがします。

あぁ、そうだったのか、やっぱり家畜だったのか…と、ちょっとドヨーンとしてしまいました。

Simple is beautiful

老いてから家の中を片づけるのは、たぶん億劫になるだろうから、今から断捨離をしていこうと、夫婦で話し合っている。

子供の頃は、余計な家具なんか一つもなくて、すっきりした和室で畳の上に寝転んでいた。あの頃が懐かしい。

年老いてからお金なんか持ってても、オレオレ詐欺で持っていかれたりする世の中だしね。

Simple is beautiful とはよく言ったものだ。このままシンプルに美しく老いていくのだ。そう思えば、特に金持ちでもないのもまぁいいかと思える。

死ぬ時には、残された者へ後片付けの宿題を置いて行ったりせずに、すーっと天に昇っていきたい。

2017/06/07

人生ってあっけない

小さい頃の記憶の景色は曇り空。
ドブ川のにおい、近所の子がこわい、ドブに捨てられた仔猫、病気がち。

小学校高学年で少し生きるのが楽しくなっていたから、景色は晴れていた。
男子にモテたからというのもあるし、南阿蘇村の大自然の中で夏休みを過ごしたから。

中学校は1年の最初だけ楽しかったけど、あとは曇り空。
不良の子の天下だった。

高校の頃の景色は雨降り。
家庭が壊れて毎日泣きながら学校に通ってた。

大学の頃くらいから、景色を見ていなくて、人の顔色を見ていた気がする。

そのあと大人になって、生きるのに忙しかったけど、やっとこの頃になって、お日様と会話をするような気持ちで犬の散歩ができている。

この、生きるのに忙しい30〜40代に、今くらいの心のゆとりがあれば、もっと人生が充実すると思うのに、もうすぐしたら死に支度をしないといけない。

あっけなくて、残念。

どうしてこんなに心の景色が灰色なのかと思うに、自然がない都会で生きているからじゃないかと。

南阿蘇村で生きた1ヶ月の記憶はカラーなのだから。

ああ、なまじっか大自然を知っているだけに、都会の暮らしが辛くてたまらない。だけど、家族は大自然を知らないから、わかってはもらえない。辛いところなのであった。

でも、だからといって、今から田舎に自分だけ逃げ出すのも私は嫌だと思う。

都会で、猫のことで困っている人を助けてあげたい気持ちが、後ろ髪を引かせるから。

とりあえず、大阪で、生き物に優しい人たちを増やしたり、助けたり、そんなことをしながら私は老いていくのだと思う。

心は、小学校の運動会で、好きな子と踊る順番が来るのをドキドキしていた、あの頃のままなのに、本当に人生ってあっけないですわ。

2017/05/23

音信不通になったボランティアさんのこと

今から14年くらい前になるでしょうか、うちに来ていた犬のボランティアさんが、事故にあって意識不明になったという話を人伝に聞きました。

その方は神戸の震災の時に犬のボランティアに目覚めて、その後、あるボランティア団体に手伝いに行き始め、そこで里親がつかなかった犬を自宅に連れて帰るということをやっていました。

私が知っている頭数で、25匹。

マンションで犬25匹は、とてつもない数に思えました。

そうこうするうちに、マンションの住民から苦情が出て、田舎の方に引っ越すことになったようでした。

遠いのに、時々、ノミの薬を買いに来たりしていたので、「今は何匹ですか?」と聞き、その度に増えていて、「一人でお世話できないでしょう?」と、とても心配していたのでした。

最後にこられた時は、服もボロボロで、自分の身の回りのこともできていない様子で、本当に心配でした。

まもなく事故の知らせを聞いて、真っ先に「犬はどうなってしまうのだろう?」と思ったことでした。

当時、私は建坪12坪の家に猫にまみれて住んでいたので、引き取りを申し出ることもできないし、ただ指をくわえているだけでした。

案の定、犬は10匹ほどが助かって、残りはほぼ安楽死となりました。(全部で60匹はいたかもしれない。)

何が言いたいかというと、需要と供給のバランスが取れていない現状で、ただ引き取って助けて命だけ助かってもダメだということが一つです。

ペットショップやブリーダーがどんどん増やして売る。それを買いに行く人がいる。買った犬を避妊去勢しない人がいて、また増える。飼えなくなったら保健所に出す。それが可哀想だからと引き取る人がいても、それには限度があるのです。

原因となっている、供給過剰をやめさせない限り続くイタチごっこに人生を捧げるのは、無謀すぎると思うのです。

そもそも、なんでペットショップは無くならないのでしょう。それは買う人がいるからです。けれど、テレビでは、純血腫の可愛い犬の映像が流れていて、それを何十万円も出して買うのがステータスでオシャレ。

オシャレのために買うのだから、洋服と同じ感覚で飽きてしまう人もいるし、可愛がっていても、飼い主が病気になったりすることもあって、行き場のない犬や猫の話は後を絶たないのです。

そんな行き場のない犬猫を助けるのに、お金で解決しようとする人がいますけど、良心的なところで安楽死、下手をすると里親探しもしないで闇から闇に売られていく可能性が、年々増えていっている気がします。

音信不通になった、その方は、京都の伝統的なものを作る職人というかデザイナーだったようです。
そんな肩書きを捨ててまで、どうして犬まみれになってしまったのだろうと、この世の理不尽に胸が痛みます。

あの人は今、この世にいるだろうか?生きていたら70歳くらいになっているかもしれない。意識不明のまま、亡くなったのだろうか?安楽死になった犬たちと一緒に天国で遊んでいるのだろうか?
消息不明の音信不通なので、わかりません。

たまに思い出して、胸がキュッとなります。

新聞記事を載せてくれていたHP(いやしのつえ)をみつけました。参考までに。



2017/05/15

お金って悪魔の発明だと思います

何度か、ブログで嘆いたこともあると思いますが…

この世の中で、どんな美しい心根から発した行いも、継続するためにお金が必要で、それを得るために、「美しい心根」から「輝き」は消えていき、だんだんと白からグレーになって、しまいには真っ黒になってしまう…

お金だけが原因ではなくて、そこに、「もっと〜したい。」という欲が入り込むと、そうなる確率が高いのです。

「もっと〜したい」と思ったら、それがどんなに良いことであってもお金が必要で、お金がないと回らない世の中なので、お金を得るために、嘘をついたりするようになってしまう。

まわりを見渡して当てはめてみると、全部と言っていいほど、そういう仕組みにガッチリはまっているのです。

人道的な活動も、手を広げるとお金がたくさん必要になっていく。お金を得るために、募金を集めるようになって、助けたいという気持ちが強いほど、集めるための嘘が大きくなっていく。

心根が美しい人たちが始めたことに、善意のお金が集まるのをみて、貧困ビジネスやら動物愛護ビジネスやら、何でもかんでもビジネスになってしまう仕組みなんです。

つい最近では、宗教法人を隠れ蓑にして、建築で出てくる残土を、河内長野市の山の中に捨てていたというのをニュース番組でみました。

法人格における「寄付」とか「お布施」は徴税の対象にならないから、濡れ手で粟のウハウハだとかなんとか。

動物愛護の世界にもそんな悪い人が出てきたみたいで、困っている人を助けているふりをして寄付を募り、濡れ手で粟のウハウハをやっているらしいとかいう噂も聞きました。

まとめると、欲を出すとお金が必要になるシステムが発動して、心根が美しいものだとしても、汚れていく。

自分にできることは、欲を出さないで、できる範囲でコツコツとやっていくことであり、私に関して言えば、動物病院を大きくしない、猫の数を増やさない、家の前の植木鉢も増やさない、そして、限りなく白に近いシルバーグレーを目指すといったところじゃないかと思います。

白から黒に至るグラデーションのどの辺りに自分がいるか自問しながら、大人しく生きていきたいです。


2017/04/25

東京都のディーゼル規制とカラスの話

花粉症について、実はディーゼル車から出る排気ガスがかなり悪さをしていて、手入れをされていない杉山の大量のスギ花粉に、ディーゼルの排気ガスの粉末が付着して、アレルギーを増幅させているらしいという新聞記事が昔、ありました。

確かに、私の場合、花粉の時期に、空気のきれいなところに旅行すると、周りに杉が生えていても、花粉症になるどころか、治っているのです。

ところが大阪に近付くにつれて花粉症が再発し、家に着く頃には元に戻って鼻で息が出来なくなっているのです。

石原都知事時代に、そのことを石原さんが知ったからかどうなのか、東京都からディーゼルエンジン車が締め出しになったと、これも新聞で読みました。

それはまぁ、良いことをしたなと思ったのですが、締め出されたトラックが足止めを食らった周りの県は大変だったようだと後で知りました。

石原さんはまた、カラスが増えて困ったからと、カラスの駆除を積極的に行ったと記憶しています。

「何だか後でバチが当たりそうだな。」と、思っていたのを覚えています。

自分は命令するだけだから、あまり心痛まないかもしれないですが、させられてた職員さんは、大変だったろうと思います。今でもやっているのだろうか?

私が住む大阪は、カラスはいるにはいるけれど、ゴミを荒らして困ることは少ないのです。何でかな?と思って考えてみたら、業務で出るゴミや、マンションのゴミは、民間のゴミ収集車が夜中に回っているので、カラスの飛んでいる昼には、レストランなどから出る食べられそうなゴミは無いのです。

あるのは家庭用のゴミで、こちらもネットをかけたり、袋の中に新聞紙を当ててゴミを見えにくくしたり、生ゴミの匂いがしないように工夫した出し方をすれば、あまり害は無いのです。

東京都は業務用のゴミの収集が、もしかして朝なのだろうか?

もしそうだったら、そこら辺を改善したらいいと思うけど、東京に住んだことがないのでわからないですが…

それと、ディーゼル規制の話に戻すと、杉山の手入れがされるように手を打った方が、効果は倍増しそうですね。

山が実のなる木で一杯になれば、熊もカラスも荒らしに来ないかもしれない…あと、ゴルフ場だらけなのも、何とかなればイイですね。

ま、私には関係ないんですけどね。

大阪もディーゼル規制、してくれたらなと、ちょっと思いました。

追記

大阪はどうなっているのだろうかと、ちょっとググってみたら、今年(2017年)の3月29日から、ディーゼル規制となったようです。
遅ればせながら、大阪の空気も綺麗になる日が来るのかと、ちょっと期待します。

2017/04/11

野良猫のカテゴリーはイエネコ

都会で、狩をせずに生きる野良猫のカテゴリーは、「イエネコ」だと、書かれたコラムをみつけました。狩をして生きる猫は「ノネコ」というカテゴリーになるというのです。

野良猫に餌をあげるのは違法? 法律や飼い方、地域猫活動を解説」

全く関係ない話かもしれないけど、人間も、「イエヒト」と「ノヒト」があるとすると、自然の中で生きることができない人たちは、完全に「イエヒト」カテゴリーで、アナスタシアみたいな自然の中で生きることができる人は、「ノヒト」だよねっていうことになります。

もしも、イエヒトが住む家もなくなり露天に放り出されたら、ホームレスということになり、それは即ち、野良猫と同じ立場っていうことですよね。

そうなったら、人の情けだけが頼りになるのでしょうか…

周りに自然がたくさん残っていたら、まだノヒトスキルを身につけておくことができそうだけど、大都会ではとても無理かも。

ノヒトになりたい…

野良猫もノネコとして生きることができたなら、野良猫問題も解決だったりして。

結局は、「人間が自然を壊したからこうなったよね」という結論に、また辿り着いてしまうのでした。

2017/03/31

今の女性社員は大変なんだなぁ

うちはずーっと、テレビはJ-COM、インターネットはeo光を使っていて、大変無駄遣いが多かったんです。

それは11年前に引っ越しをする時に、インターネットに合わせて全部eo光にしようとしたら、「アニマックスが観られへんのは嫌。」だとか、「ほな全部J-COMにしよか。」と言うと、「J-COMはインターネットの容量が少ないから嫌。」とか、そんな要望が家族の中であり、当時は余裕があったので、まぁいいかと別々に入ってたんですよね。10年も。

この頃は、中産階級から転がり落ちている気分なので、決意も新たに「eo光に統一する!」と宣言したのです。

そしたら、「勝手にすれば?ずっ前からテレビなんか観てへんのやし。」などと言う返事が返って来て、「早よ言わんかい!」と突っ込んでいた私です。

そんな話はさておき、eo光に昼間に問い合わせをすると、肝心の申し込みの段になって、向こうから「もう少し時間があるので、お考えになってみればどうですか。」と言ってくるのです。

そして、夕方、指定の時間に、また別の担当から電話がかかってきたと思ったら、また同じことを言うのですよ。

今日が月末で、キャンペーン料金にしたくなくて言っているのかな?と思ってたんですが、あとで何故だかわかりました。

3回目にかかってきた電話は、若い女の人でした。それまでは、アラサーかアラフォーの男性だったんですよね。

申し込みの時の説明が、とてもややこしいのです。その説明がしたくなくて、おそらく夜に担当になる派遣社員か新入社員のような弱い立場の女性社員に、仕事を押し付けたくてそんなことをやっていたものと、思われました。

そのために、私は無駄にアラサーとアラフォーの男たちからグダグダと料金の説明を二回も聞かされて、大切な金曜日の貴重な時間を浪費させられました。

女性社員は辛抱強くこちらの質問に答えながらも説明をしてくれました。

もうね、最後に電話をくれた女性社員を正社員にして、男は首チョンパの方が良くない?オトコいらんデェー。

そう思った、金曜日の夜でした。

より以前の記事一覧

他のアカウント