2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019/12/18

現実を創造するコピー機

ある日突然、動物病院に置いてるレーザープリンター複合機の、コピー機能が使えなくなりました。


ダンナが私のふるさと納税の手続きをすると言って、私のマイナンバーカードをコピーしようとしたら急に動かなくなったと言うのです。


私がやってみても動かないし、これは壊れたかもということになり、修理の依頼をしたところ、同じ機種の新しいのを勧められて、一旦買うことになったのですが


翌日、スタッフにそのことを言うと、「もう一回やってみたらケロっと直ってたりして」と言いつつやってくれたんですよ。


そしたら普通に動く。


注文は一旦キャンセルになりました。


その後は順調に2週間くらい動いてて、昨日またダンナが私のマイナンバーのカードをコピーしようとしながら、「また壊れたりしてな」と言いながらやったら、動かなくなってました。


ダンナは私のマイナンバーが呪われてるって言うし、私はダンナのネガティブな発言がネガティブな結果を招いたんだと思うし


てっきり、このコピー機は「現実を創造するコピー機かも」と思っていたところ、朝きたスタッフが、「ダメ元でもう一回やってみよう。」と言ってやったら、また動く。


何じゃこりゃとなりました。


夕方、ふとダンナが、「ワシが使う時、コピー機の上に積み上がってるお菓子の箱をどけてやってたけど、あの子は積み上げたままやっててん。」と言い出して、「もしかして、手で圧かけたら動くんちゃうか。」と言うので、二人で実験してみたところ、動きました。


コピー機の上に、お菓子の箱を積み上げていたせいで、圧が無いと動かないコピー機になっていたのです。


そうとも知らず、前日にヤマダ電機に注文した新しい同じ型のコピー機が、すでに届いていたのでした(涙)


まだ使えるコピー機は、うちで猫の里親探しをやっているボランティアさんにもらってもらえることになりました。


くれぐれも、コピー機の上に物を積み上げないことをお勧めいたします。


(まだ3年目の複合機だったんですよ)




2019/11/26

おばさん探偵

11/15の金曜日に東大阪の警察の刑事さんが来て、うちの防犯カメラの映像が入っているSDカードを借りに来ました。


何でも十三大橋で逮捕された逃亡犯が近所の家で隠れてたとかで。


私は推しのライブに出かける直前で急いでいたし、あとは息子に頼んで気安く貸してあげたのですが、すぐ返してくれる予定が、ノートパソコンが壊れたとかで、もう少し借りると連絡があったということで、返してくれるまでの間に何があるかもしれないので、念のため息子に空いているSDカードを防犯カメラにセットさせておいたんですよ。


日曜日の昼に、東大阪の警察署には一応電話をかけて、借りに来た刑事さんが本物かも聞いておきました。


日曜日の夜に無事にSDカードは戻り、元どおり防犯カメラに差し込んでおきました。


そしたら2日後の火曜日に、今度は住吉警察の刑事さんがやってきて、また貸してくれと。


「え?この前、東大阪の警察に貸したとこやけど、またですか?」


正直、「忙しいな、うちの防犯カメラ」と思いました。


それが、住吉区で行方不明になった女の子の事件だと聞いて二度ビックリ。


「ええー?近所の子?」って。


すぐに貸してあげたところ、刑事さんがコピーし終わって、「肝心のところだけ録画されてませんねん。」と言うではありませんか。


「あ、そうや、東大阪の警察の人に貸してたんですわ!」と慌てふためき、息子に「緊急で借りたあんたのSDカード、消してないー?」と聞きましたわ。


今度は息子が慌てふためいて、「あるけど、自分の漫画やら色々恥ずかしいから、防犯カメラの映像だけにしてくるから待ってもらって。」となった。


なんかめちゃめちゃ怪しい雰囲気になってしまって、2人とも慌てふためく慌てふためく。


だって肝心のところだけ抜けてるわ、SDカードを細工してるみたいだわ


結局、念のために入れておいたSDカードのお陰で、私たちのアリバイも証明されて、良かったんですが。(女の子は違う道を歩いたみたいで映ってなかった様子)


さすがは木星人、石橋を叩いても渡らないでしたっけ?用心深くて良かった良かった。(私、細木数子の占いで木星人らしいです)


それでですね、話が横道に入りましたけど、東大阪の犯人が隠れていた家の住人が、実は大麻を栽培していたということを後でググって知りまして、以前より犬の散歩中に、私が疑いをかけていたことが本当だったのではないかということがありました。


夜、人気のない市民農園の脇の歩道に、時々男の人が、誰かと待ち合わせをしているような風に立っていることがありました。


犬の散歩をしながら息子に、「あれはきっとヤクの売人やで。」と何度も言って叱られてました。


ドラマに毒されて何でも犯人にするなって。


でもあれはきっと、ヤクの売人ですってば。今となっては息子も私の意見が正しいと認めてくれました。


そんなこんなで、ドラマの観過ぎで、探偵みたいになっている、今日この頃の私です。

2019/11/14

文明のアホさ加減に、ため息が出マチュピチュ

自然がなくなって、小鳥たちや猫たちが住むところや食べ物がなくなって


それを可哀想と思う場合、ついつい「餌やり」になってしまうんですよ。


でも、それは、自然から小鳥や猫たちをますます遠ざけてしまうのですよね。


本当にしないといけないことは、壊した自然を元に戻していくことなんだけど、気がついた弱いひとりが出来ることってなかなか無くて。


猫の場合は「餌やりするなら避妊去勢」が必須だし、どんどんお金がかかる大掛かりなことになっていくし。


私は猫の額の庭先に、実のなる木を植木鉢で育ててみたりするけど、そうするといつか地植えにしたいという欲が起こってくるし。


文明のアホさ加減に「あーあ」って、思う日々です。

2019/11/09

結局南極、私らしいってこういうこと

先日、あることで困り果てている人がいて、何か知っていることがあれば教えてほしいと言われました。


私も助けてあげたくて、ちょっと知っていることを教えてあげたのですが


2ヶ月ほどして、良い方に展開してるか聞いてみたところ、とても威圧的な顔で、私の教えてあげたことを否定されて、何だか悲しい気持ちで帰ってきたことがありました。


1週間くらい、「人に親切にして損した。」とか、「どうせあの人は生き物の気持ちなんか考えずに肉を食べて暮らしているのに、そんな人を助ける意味はないな。」とか、そんな考えがよぎり、「今後は人なんて助けないで生きなくては。」などと決心したのです。


でも、動物病院で働いていたら、どうしても人に親切に色んなことを教えてあげたくなるし、相手が喜んでくれたら私も嬉しくなるのです。


あの時に助けようとした人は、きっと誰かに丸め込まれて、私が教えてあげた真実が間違いだと思い込んでいるなんて、「まるでドラマみたいやな。」と思います。


世の中、「人を丸め込んでナンボ」って感じだから。


お金に支配された文明社会で、みんな大なり小なり偽りを真実だとして、人を丸め込んで生きているのだから。


結局、とどのつまりが、「人間が地球にとって諸悪の根源」ということに行きついてしまうけど、そんな文明社会の中で、家族と犬猫が生きていけるために、出来るだけ正直に欲張らずに親切に、後何年生きられるかはしれないけれど、続けていきたいと思います。

2019/10/15

ベジタリアンはニュータイプだと思う件

自分がゆるベジになってから、この世界でみんなが当たり前だと思っていたことが、どんどん崩れていきました。

スーパーで並んでいる肉や魚が、当たり前だと思っていたけど。


気がついたら、私は、それまでも文明社会に疑問を抱く人ではあったけれど、ゆるベジになってからは決定的にマイノリティだと自覚するようになりました。


お金が支配している消費社会で、他の生き物たちの苦しみも分かろうとせず、自分の楽しみだけに没頭する人々をみることが、苦痛になってきています。


かと言って、ウォシュレットなしの生活もできない、完全室内飼いの猫のようになってしまった自分には、何もできることはなく、宗教にハマる代わりにアイドルを応援したりしている始末です。


この「アイドル」というのも、いわゆる偶像であり、既存宗教で言うところの邪教なのかもしれないし。


教祖に祈る代わりにアイドルにお金を捧げる人々。あ、この頃は教祖にもお金を払わないといけないご時世だけど。


アイドル以外にも人々が自らのお金を捧げる趣味趣向は数限りなくあって、犬や猫を飼うこともその中の1つで、いたいけな命を守るために、一戸建てをローンで買ってしまう私たち。


気がつけば、お金教の信者になっていて、自分の夢や楽しみや守ることのために、「お金お金」と休みなく働いていたりして。


そんなこの世の終わりが近づいているような世界で、人類がベジタリアンになることは、ニュータイプに進化して地球の危機を乗り越えられるキッカケじゃないかと思う、今日この頃です。


本物の慈悲心を持って生きることができるのは、少食でベジタリアンな人々ではないかと思うのです。



2019/07/10

猫が可哀想から始まって

子供の頃に、巡り合った可哀想な猫たち。何もできなかった子供の私。


大人になったら絶対に助けたいと思っていた。


すっかりそのことを忘れて一介の大人のフリをして生きてたのに、ある日、1匹の仔猫を助けてしまった。


そこから始まって、10年の間に、諸事情から家が猫だらけになって。


助けても不幸にしてしまうと気づいたっけ。


どうしてこうなるのかと考えてたけど、やっとはっきり分かってきた。


人間の文明のせいでこうなるのだと。


家の中にたくさんの猫を閉じ込めて飼うと、掃除が大変、フード代が大変、砂代が大変の三拍子揃う。


自分はベジタリアンになりたいのに猫のフードには肉が入っている。


猫のために家を買うのにローンを組んで、死ぬまでがんじがらめ。


変だな変だなと思って、ずーっと考え続けていたけど、これ、人間が自然じゃないからなんだと。


人間って、昔、地球にやってきた宇宙人が、地上にいた類人猿の遺伝子を組み替えたり自分たちの遺伝子を組み込んで作った失敗作なんじゃないか?と、最近そう思います。

2019/06/23

生活音

2年前くらいに、裏の文化住宅のおじいさんが、夜中にテレビを大きな音でつけたまま寝てるので、音が聞こえてきて眠れないとボヤいていたことがありました。


夜遅く、隣の洗濯機が脱水の時にカタカタカタカタ鳴っていたり、妹が毎朝甥っ子を起こす声が大きくて、あともう少しと惰眠を貪りたいのに目が覚めて、みていた夢を忘れてしまうのを最近ボヤいていました。


こんなせせこましい都会に住んでいるんだから、仕方ないことと、諦めつつあったのですが、今度は息子が、言いだしました。


プラちゃんという、ちょっと障害のある猫で、オシッコやウンチをする時や、お腹が空いた時に、大声で鳴く子がいるのですが、プラちゃんの声で寝られないと。


それで、プラちゃんを、二階のリビングから、一階の猫部屋に移動させてくれと言われてですね、私みたいに仕方ないと諦めてほしいのですが、「息子と猫とどっちが大事やねん!」と言い出す始末で。


「そら猫に決まってるやん🐱


という言葉をぐっと飲み込んで、泣く泣くプラちゃんを移動させる算段をし始めたところです。


プラちゃんを移動させて、そのあと、どうせまた次の不平不満を見つけだして、また言い出すんじゃないかと、私は思うんですよね。


しまいには私たち夫婦が息子のために家の中で抜き足差し足で過ごさないといけないことになったら、「無人島に引っ越しいや!」と言ってやろうと思います。


2019/06/14

自分情報

ネット情報、テレビ情報など、情報源は色々ありますが。


若者はネット情報、年寄りはテレビ情報が多いのではないかと思います。


ネット情報で、「あれ?」と思うのは、ペットフードでグレインフリーというのが最近流行っていて、若い人ほど信奉者がいて、それを飼い猫に与えている人が多いのですが、なぜかよく尿閉の病気になることが多くて、過信は禁物だなぁと思います。


なんていうか、マインドコントロールって言うんでしょうか?


完全に信じきっていて、処方食に変えてもらうのに苦労します。


だいたい、「猫は肉食」って言いますけど、ネズミを丸ごと食べる猫は、内臓に入っている穀物や草なんかも一緒に食べますよ。


昔、放し飼いのフラウボゥを見てたらそうでした。


お年寄りは、これまた、テレビで言わないと信じません。


これも困ったなぁと思いますが、皆さん、自分というものをもっと持って、自分の感覚を大切にしてほしいと思います。


私は自分情報。


空気の匂いや、気温、天気の移り変わり、生き物たちの様子などを参考にしたり、自分の感情にも正直に向き合うようにします。


そういえば、最近、空気の匂いが、金属を焼いたような匂いが混じってます。


風も強い日が増えてきています。


何事もなければ良いのですが。


気候も、1ヶ月季節がやって来るのが遅い感じがします。


地球の自転の速さはどうなっているのかな?とか思ったりします。


テレビやネットで語られていることは、確定的ではない仮説をまことしやかに語っていることがあると、心の片隅に置いておくと良いと思います。


2019/05/25

茶毒蛾と小鯵の思い出

2日前に家の前の椿の木の葉に、何かベージュ色の塊がくっついてたんです。

 

裸眼ではぼやけてしかみえないので、「なんだコリャ」と言って指で払いました。

 

そしたら、一度下に落ちかけたのに、じわーっと元に戻っていくので驚いて、メガネをかけてよくみたら、小さい毛虫の塊でした。

 

「毛虫ってよく見たら可愛いな〜」と思ったのもつかの間、「待てよ、前に茶毒蛾は椿に卵産み付けるって何かで読んだな」と思い、画像をググりました。

 

案の定、茶毒蛾でした。

 

茶毒蛾の毛は、少し当たってもひどいアレルギーを起こす人がいるらしいという情報も画像と共に書かれていて、仕方なしに、意を決して、駆除することにしたのです。

 

ネット情報ではいくつか駆除方法がありましたが、「燃やす」というのが多くて、殺虫剤を買いたくない私は、燃やす選択をしないといけなくなりました。

 

でも燃やしたくなくて、太陽光に当てることにしました。

そしたら、10分くらいで、みんな死んでしまったのです。

 

そういうジェノサイドが2日も続いて、大昔の小鯵のことを思い出しました。

 

富山の新湊港で、退屈しのぎに小鯵を釣った思い出でした。

 

サビキ釣りというやり方で、港の突堤で針がついた糸を手で垂らすと、面白いほどに小さな鯵が釣れました。

 

獲って帰った小鯵は、冷蔵庫に入れて、翌日料理しようと思っていました。

 

ところが、つわりがひどくなって、冷蔵庫に入れたまま、食べることなく腐らせて捨ててしまったのでした。

 

その後、お腹の中の双子は羊水過多になって、しまいにはギリギリで流産させるということになってしまい、バチが当たったと思ったものでした。

 

生き延びようと必死で逃げる小さな命を、太陽の光で焼き殺してしまったことで、思い出したくなかった思い出が出てきました。

 

茶毒蛾は、鳥たちが食べると、死なない程度に毒がまわるので、鳥は用心して次からは食べないようにするらしいと、ググった先に書いてありました。

 

わざと派手な柄にすることによって、鳥に「毒ありますよー」とアピールしているそうです。

 

でも、それが裏目に出て、人間に見つかったらジェノサイドなんですから、可哀想な茶毒蛾なのでした。

 

ちなみに、私はつい最近まで、ガチャピンとムックのムックみたいな全部茶色のモコモコした毛虫を茶毒蛾だと思ってました。

 

よく道路をムクムクさせながら渡っていたりする毛虫です。

 

私以外にも勘違いして、その毛虫をみたら殺す人がいるみたいですけど、その子は無害だと知りました。

 

何で知ったかというと、火野正平さんが、自転車であちこち旅する番組で、指に乗せて可愛がっていたので、やはりググると「ヒトリガ」という蛾の幼虫らしいです。

 

それ以来、車にひかれないように助けたりしている私です。

 

(でも茶毒蛾はジェノサイド悲しい)

 

 

2019/05/19

タワシ最高

祖母はタワシが好きでした。

 

私が大人になる頃には、スポンジ全盛時代で、タワシは絶滅しそうでした。

 

そんな私も、ダイエーで売っていた細長いシュロのタワシが気に入って、何年か使っていたこともありました。

 

その細長いタワシが販売されなくなって、私のタワシ人生は終わったかのように見えましたが、近所の猫おばさんが、「家にもらい物のタワシが余っていて、もらってくれないか。」と言って、10個くらいタワシをくれたのです。

 

もらったタワシは昔ながらの形のタワシで、細長くないし、しばらく放ったらかしにしていたのです。

 

最近、猫様のお皿を食洗機に入れる前にタワシでサッと汚れを落とすと、すごく楽なのに気がついて、「タワシ最高やな!」と言っている私です。

 

天然素材だし、環境にも優しそうだし。

 

握りやすい細長いタワシ、また売っていないかな?

 

(あ、でも家にあと9個くらいあるんだった^^;)

 

一生分ありそう

より以前の記事一覧

他のアカウント