« 猫が可哀想から始まって | トップページ | 警察沙汰その後の顛末 »

2019/07/10

警察沙汰

2日連続で、ノミだらけの猫さんを連れてきたお爺さんがいたんです。


市販のノミ取りの薬を付けたのにノミがいなくならないとのことで。


1日目は動物病院用のスポットタイプを付けてあげて、ノミ貧血で弱っているので点滴をしてあげました。


家でノミをわかさないように生活指導もして、料金は2000円ほどでした。


次の日も来たので、点滴をして、ノミ取り櫛でノミを取り、フロントラインのスプレーもしつつ、さらに生活指導もしました。


鉄剤も投与しました。


648円でした。


それなのに、今日また来て、2日間の治療費を返せと大声で怒鳴って来たのでした。


ノミがいなくならないと。


(そら、あんた、家を掃除しないと家の中がノミの卵だらけですやん)


そのことを丁寧に説明しようとしても遮って「金返せ金返せ」って。


昨日はペットショップに薬代を返してもらいに行くって息巻いてたのになぁ。


私も他のお客さんの前で怒鳴られて血圧が上がってきたのか、背中がなぜかドクンドクンして、(あ〜ヤバイ!腎臓に血流が〜!)と焦りまくり、「そんなに脅かすのなら警察呼びますよ!」と言いました。


「呼べや!呼んでみろや!」と言うので呼びました。


お巡りさんが到着する前に、お爺さんはスーッといなくなりました。


後で色々考えました。


高齢者に厳しすぎたかな?


でも、あんなにちゃんとノミを取って治療してるのに、脅されてお金を渡したらアカンやろ?


高齢者でも甘やかしたらアカンのんちゃう?


お金に困ってたんかな?正直に相談してくれたら良かったのにな。


あの猫さん、もうお爺さんが出禁になったから、治療してもらえなくなったな。可哀想に。


などなど。


お爺さん、ペットショップで返金してもらえなかったから、うちに来たのでしょうか。


お金って善人も悪人にする悪魔の発明やな、と、また思ってしまいました。


それにしても、私の腎臓がヤバかった

これからは腹を立てないように用心して生きよう

« 猫が可哀想から始まって | トップページ | 警察沙汰その後の顛末 »

コメント

うわーっ、なんて災難なんでしょう。
怖かったでしょうし、不快なことです。

でも、毅然と断って警察を呼んだのは正解だと思います。
こんな言いがかりで、脅してまかり通ると思われては、被害者が増えるだけですし。

主人の事務所にも依頼者の関係者で最初は、味方のようにしていて、段々本性を現して、主人を脅して大声でわめいたり、訴えると居座ったり、一転褒めちぎったり、懇願したり、なんとかお金を出させようとした年配者が出入りしてました。

主人はこの一件で、心を痛めつけられました。

私は、もう許せなかったので会話を録音できる装置を買い、事務所にセット。
そいつの会話を録音して記録しました。
ある日、またお金をせびりに来て帰らないので、今までの会話を録音してることを
伝え、警察を呼びました。
警察がくると、そいつは自分が被害者で監禁されてたとかほざいてましたが、
二度と来なくなりました。

困った人対策でカウンター下にでも、録音装置をセットして会話を録音しとくと
被害の証拠にもなります。

でも、イヤなことはお風呂にゆっくり入って、大よさみ神社さんの木々とふれあったりして早く流れてしまいますように。

お見舞い申し上げます。災難でしたね。

さおりんママさん、コメント頂いていたのにお返事もせず、申し訳ありませんでした。

私もあとから、もっと冷静に手元のスマホで録音しておけば良かったと思いました。

どうやら以前からちょっと様子のおかしい人だったみたいです。

怒って私の腎臓がどうにかなりそうになったので、今度からはもっと冷静に対処したいです。

ご主人さま、可哀想でしたね。
やはりこういう時に邪気を追い払うのは嫁さんの仕事なんですね😃

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫が可哀想から始まって | トップページ | 警察沙汰その後の顛末 »

他のアカウント