« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/25

茶毒蛾と小鯵の思い出

2日前に家の前の椿の木の葉に、何かベージュ色の塊がくっついてたんです。

 

裸眼ではぼやけてしかみえないので、「なんだコリャ」と言って指で払いました。

 

そしたら、一度下に落ちかけたのに、じわーっと元に戻っていくので驚いて、メガネをかけてよくみたら、小さい毛虫の塊でした。

 

「毛虫ってよく見たら可愛いな〜」と思ったのもつかの間、「待てよ、前に茶毒蛾は椿に卵産み付けるって何かで読んだな」と思い、画像をググりました。

 

案の定、茶毒蛾でした。

 

茶毒蛾の毛は、少し当たってもひどいアレルギーを起こす人がいるらしいという情報も画像と共に書かれていて、仕方なしに、意を決して、駆除することにしたのです。

 

ネット情報ではいくつか駆除方法がありましたが、「燃やす」というのが多くて、殺虫剤を買いたくない私は、燃やす選択をしないといけなくなりました。

 

でも燃やしたくなくて、太陽光に当てることにしました。

そしたら、10分くらいで、みんな死んでしまったのです。

 

そういうジェノサイドが2日も続いて、大昔の小鯵のことを思い出しました。

 

富山の新湊港で、退屈しのぎに小鯵を釣った思い出でした。

 

サビキ釣りというやり方で、港の突堤で針がついた糸を手で垂らすと、面白いほどに小さな鯵が釣れました。

 

獲って帰った小鯵は、冷蔵庫に入れて、翌日料理しようと思っていました。

 

ところが、つわりがひどくなって、冷蔵庫に入れたまま、食べることなく腐らせて捨ててしまったのでした。

 

その後、お腹の中の双子は羊水過多になって、しまいにはギリギリで流産させるということになってしまい、バチが当たったと思ったものでした。

 

生き延びようと必死で逃げる小さな命を、太陽の光で焼き殺してしまったことで、思い出したくなかった思い出が出てきました。

 

茶毒蛾は、鳥たちが食べると、死なない程度に毒がまわるので、鳥は用心して次からは食べないようにするらしいと、ググった先に書いてありました。

 

わざと派手な柄にすることによって、鳥に「毒ありますよー」とアピールしているそうです。

 

でも、それが裏目に出て、人間に見つかったらジェノサイドなんですから、可哀想な茶毒蛾なのでした。

 

ちなみに、私はつい最近まで、ガチャピンとムックのムックみたいな全部茶色のモコモコした毛虫を茶毒蛾だと思ってました。

 

よく道路をムクムクさせながら渡っていたりする毛虫です。

 

私以外にも勘違いして、その毛虫をみたら殺す人がいるみたいですけど、その子は無害だと知りました。

 

何で知ったかというと、火野正平さんが、自転車であちこち旅する番組で、指に乗せて可愛がっていたので、やはりググると「ヒトリガ」という蛾の幼虫らしいです。

 

それ以来、車にひかれないように助けたりしている私です。

 

(でも茶毒蛾はジェノサイド悲しい)

 

 

2019/05/19

タワシ最高

祖母はタワシが好きでした。

 

私が大人になる頃には、スポンジ全盛時代で、タワシは絶滅しそうでした。

 

そんな私も、ダイエーで売っていた細長いシュロのタワシが気に入って、何年か使っていたこともありました。

 

その細長いタワシが販売されなくなって、私のタワシ人生は終わったかのように見えましたが、近所の猫おばさんが、「家にもらい物のタワシが余っていて、もらってくれないか。」と言って、10個くらいタワシをくれたのです。

 

もらったタワシは昔ながらの形のタワシで、細長くないし、しばらく放ったらかしにしていたのです。

 

最近、猫様のお皿を食洗機に入れる前にタワシでサッと汚れを落とすと、すごく楽なのに気がついて、「タワシ最高やな!」と言っている私です。

 

天然素材だし、環境にも優しそうだし。

 

握りやすい細長いタワシ、また売っていないかな?

 

(あ、でも家にあと9個くらいあるんだった^^;)

 

一生分ありそう

2019/05/14

ふつうに燃えていない感じ

病気の猫たちを、たくさん見送ってきました。

 

病気の時の生き様を、燃えている炎に例えると、「ふつうに燃えていない感じ」がします。

 

ああ、病気って、そういうことなんだなふと、そう思うんです。

 

ガスバーナーが普通に燃えていたら、青くて綺麗な色で炎も大き過ぎず、見ていて美しいですが、空気が少なすぎたりして加減が上手くいかないと、赤黒いメラメラとした炎が出ます。

 

慢性的な病気の猫たちは、今思うとそんな感じがします。

 

自分の中に残った生命エネルギーが枯れるまで、メラメラと苦しみが続く。

 

元はといえば、ストレスが発端になっていることがほとんどなのです。

 

私は鍼灸師なので、東洋医学の観点からみています。

 

「ふつうに燃えていない」のが病気

 

「綺麗に燃えている」のが元気な状態。

 

火で言えば、空気が足りているかいないか。

 

体で言えば、「気」が足りているかいないか。

 

ストレスというのは、体を巡っている「気」の流れを止める働きをしてしまうから、「気」の流れが悪くなって、体は綺麗に燃えなくなる。

 

その結果が、弱いところに病気という形で出てくるように思います。

 

だから、病気になって困っている人は、自分が空気の足りないガスバーナーになっていると考えたら、解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

そんなことを、猫たちが教えてくれるのです。

 

 

2019/05/06

少子化に思う

経済効率から考えると、少子化にならざる得ないという記事を読みました。

 

子育てって経済効率考えて、しかめっ面でするもんじゃないのになと少し残念な気分になりました。

 

私は実は子供の頃から赤ちゃんとか子供って、うるさいだけだと思うような子でした。

 

人間の子よりも猫の方がよっぽどかわいいと思っていたんです。

 

自分が生んで育てあげる自身もさらさらなかったのです。

 

それが生んでみたら、母親としてしっかりしないといけなくて、まぁ、それがきっかけで大人になれたみたいなところがあります。

 

それと、子供が時おり見せる天使みたいな表現は、自分の至らなさを発見できたり、心を洗わせてもらったりして、かけがえのないものでした。

 

子供の水晶玉のような心に傷をつけずに、なんとか成長させることは、人生の意味として深いことだと思うのですが

 

経済効率でなんか子供のことを考えないでほしいと私は思います。

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

他のアカウント