2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« なぜかケンカになったっぽい | トップページ | プラスチックの味 »

2019/04/15

他人の敷地にエサを置いて行く人

もう引っ越して遠くに行ってしまったし、この話をしてもいいかなと思って書いてます。

 

大阪には一階が駐車スペースになっていて、リビングが二階にある家が多いのです。

 

バブルの時に狭い敷地に家をたくさん建てる工夫で、そんな家が量産されました。

 

そんなお家の駐車スペースや、家の壁と隣の青空駐車場の塀の間に、のら猫用にフードを置いているお家がありました。

 

自分だけで置いていた時は、そこに来る猫の数や食べる量が把握できていたのですが、ある時、近所のマンションに住む別の人が、なぜかそこへフードを継ぎ足すようになったのです。

 

フード代が助かるから文句も言えず、そこの家の方は最後まで我慢をしていたようです。

 

マンションの人が引っ越していったので、今は平和に3匹くらいだけお世話されているようです。

 

一時は、集まってくる猫の苦情が、全てそのお家の方に来てしまって困っていました。

 

「自分は毎日量を決めて出しているのに、知らないうちにドバーッと足してあって」と。

 

そんな案件が最近もあったのです。

 

自分も猫にフードを敷地内であげているけど、よそから車で乗り付けてきて、自分の敷地にドバーッと足して行くのを発見して苦情を言ったらしいのです。

 

そうしたら、よそから来た人は、どこかの愛護団体に頼んで15万円で10匹引き取ってもらうことにしたらしいのです。

 

結果、自分が目をかけていた猫が45匹行方不明になり、挙げ句の果てに、近辺のノラ猫が急に食べ物がなくなって、敷地内に集まってしまったそうです。

 

苦情も言っていいものやら悪いものやら

 

可哀想なのは、目をかけてもらっていたのに拉致されて1000匹もいるという地方の施設に連れ去られた猫達です。

 

私の経験では、遠からず尿閉になるか、腎臓が悪くなるか、風邪をこじらせるか、喧嘩をして細菌感染して命を落とすかもしれないと予測します。

 

15万円という額は、1年分のフード代くらいしかないから、たぶん、1年くらいで死ぬのかもしれない。

 

お金を払って安心して、後の始末が済んだと思いたいのは山々ですけど、これも結局、人間のエゴから猫が迷惑している話になるのかな?

 

« なぜかケンカになったっぽい | トップページ | プラスチックの味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜかケンカになったっぽい | トップページ | プラスチックの味 »

他のアカウント