« 犬猫オアシス | トップページ | こうやってSNSで拡散されるのか »

2018/12/15

モルモットのモルちゃん

この話、前にもしたかなぁ?

2013年の5月頃に、近所の猫おばさんが家に来て、「線路沿いの人気のない草むらに、猫みたいなネズミみたいな生き物が捨てられている。」と言ったのです。

「なんで自分で助けんと、人に言いに来るん〜」と思ったし、その時は一旦、断ったんです。

でも、夜になると寒くなってくるし、気になるし、息子と2人で見に行ってしまいました。

小動物用のケージに三毛猫みたいな生き物がいました。
ケージの周りには野ネズミがチュウチュウ鳴いていました。

あのネズミたちはモルちゃんを助けたかったのか、中に入っていたフードが欲しかったのかわからないけど。

「あーあ。」と言いながら、ケージを自転車に乗せて、玄関先の空きスペースに持ち帰って、ダンナに聞いたらモルモットと言われて。

三毛猫みたいだし、小豆みたいな目で見るし、「あーあ」と言いながら名前をモルちゃんと名付けました。

世話をするうちに、モルちゃんは少しも欲がなく、水と少しの草とフードがあれば満足そうで、草食動物というものは、なんと心が綺麗なんだろうと思いました。

慣れてくると、私が家に帰って来た時には、「ピューイピューイ」と大きな声で呼びました。

そんな可愛い小動物を、動物実験に使う人間って恐ろしい生き物だな、などと考えて過ごした2年でした。

ある日モルちゃんは腎不全のような症候が出て、天国に行きました。

その少し前に、猫もたくさんいて、動物病院の手伝いもして、母の遺品整理もあって、モルちゃんの世話をしながら、ついうっかり、「モルちゃんの世話までしんどいわ…」と言ってしまったから、それを聞いたモルちゃんは死んでしまったのかな?と、愚痴を言ったことを後悔しました。

モルちゃんの思い出は、私の心に少しトゲになって刺さってたのですが、先日、岩合光昭さんの世界猫歩きをみていたら、ペルーの会だったか、モルモットの先祖の天竺鼠(多分)が、猫と一緒に暮らしていました。

あの天竺鼠は食用?それともペット?

一体、何用かわからないけど、自由に家の中で楽しそうに生きていて、猫に殺されることもなく、平和な光景に少し癒されました。

本当のところはどうかわからないけど。

まぁ、とにかく、草食動物は欲がなくて優しい生き物で、それを実験に使って殺したり、狭い檻に閉じ込めて飼育した挙句に殺して食べたり、そんなことをする人類は、ちっとも神様に近い生き物ではないことは確かだな、と、モルちゃんをみてて思いました。

モルちゃんを捨てた人も鬼だしね。

« 犬猫オアシス | トップページ | こうやってSNSで拡散されるのか »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モルモットのモルちゃん:

« 犬猫オアシス | トップページ | こうやってSNSで拡散されるのか »

他のアカウント