« 彼方からのエール | トップページ | 昨日の朝にみた夢の話 »

2018/12/02

バーチャルストリート

壊れた心で見る景色は

歪んだ光の屈折が

現実を捻じ曲げていることに気がつかない

ひび割れたガラス玉を覗くよう

いつのまに壊れていたのか

子供の頃なのか

ふとガラス玉を除くのをやめてみたら

本当の現実を見られるのだろうか?

まるで割れたビー玉でできた目玉みたいだ

僕の心は

過去や未来に囚われて

今この時に存在しない僕の心



壊れた心で聞く音は

褒め言葉が悪口に

良いことが全部悪いことに変わってしまう

だからヘッドホンで耳をふさぐ

いつのまに壊れていたのか

子供の頃なのか

音楽はモノクロの世界に色を差し込む

暗い現実と関わらなくて済むんだ

僕の歩く道の周りだけ色が付いていく感じ

僕の心は

過去や未来に囚われて

今この時に存在しない僕の心



いつかトンネルを抜け出して

本物の光と音を感じられるのだろうか

宙を漂って生きる僕は

大地に着地できるだろうか

ガラス玉の目も耳をふさぐヘッドホンも

本当はいらないんだ











« 彼方からのエール | トップページ | 昨日の朝にみた夢の話 »

詩を書いてみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/67441440

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルストリート:

« 彼方からのエール | トップページ | 昨日の朝にみた夢の話 »

他のアカウント