« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/27

尿もれの話

YouTubeをみていたら、コンテンツの合間に最近CMが入るようになって、それに薄型の尿もれパンツのことをやってたんですよ。

私も何を隠そう10年前に、尿もれに悩んだことがあり、厚めの尿もれパッドをはめておかないと不安だったりしたものです。
10年前といえば、まだ40代前半です。それなのに、トイレに間に合わないことがあるなんて、変だと思いませんか?

実は尿もれが心配になる前は、急にお腹が痛くなり、下痢を催すということがあって、しばらくトイレに入れないような、電車に乗ったり高速道路に入るのが恐怖でした。

その10年間の間には、膝が痛くなって歩けなくなったり、腰が痛くて起き上がれなくなったり、股関節が痛くて歩けなくなったり、様々な症状が現れては消えました。

レントゲン撮影をしても異常なしで、お医者さんも首をひねるし…

尿もれの頃には、ちょうど尿もれに効くという新薬が出始めで、お医者さんに勧められたんですが、何か違う気がして、断りました。

鍼灸と出会って半年ほど通ううちに、尿もれはきれいに治ってしまって、あれは何だったんだろう?薬に頼らなくて良かったな、そう思ったりしました。

今思えば、全部ストレスが原因だったなと思います。

あの頃のストレスは、尋常ではなかったと今では思えるし、あの頃ほどストレスが無い今は、尿もれも、下痢も、膝痛みも、腰痛も、股関節痛もほぼ無くなりました。

それでも少し負荷がかかると、全身に乾癬様の症状が出たりするところ、私の場合、ストレスが自己免疫の異常をすぐに引き起こすタイプなんだとわかります。

思えば、これが始まったのは、5歳の頃に川崎病になった頃からだなと、今となっては思います。

幼稚園に通うのがストレスだったんだと…

とにかく、若いのに尿もれとか、下痢気味で悩んでいる人は、ストレスが原因かもしれないと考えて、自分の生活を振り返って改善してみると良いという話でした。


2018/08/25

サビ猫の歌

前からちょっと思ってた
猫でいうと私はサビ猫

黒と茶色がごちゃごちゃのサビ
三毛猫だったら良かったのに

サビ猫は意外と賢いし
ステルス性が高いから
上手いこと逃げ延びて
今の時代に生きている

サビ猫の良いところを探したりして


この前なんだか急展開
私が毛染めをすることに

天然ヘナで染めてみたたらば
なんとまるでサビ猫みたい

サビ猫のビーちゃんとツーショット
黒と茶色の猫と人
今を生きる猫と人
仲良く並ぶ猫と人

サビ猫の美しさを世界に広めよう

こもれび色のサビ猫は
木陰でチラチラ輝いて
お日様とかくれんぼ
大自然のおくりもの

サビ猫の美しさを世界に広めよう



だれか曲をつけて歌にしてくれないかな?

2018/08/10

小川さんの歌

ずいぶん年上なのに
いつも叱られるのを怖がっている
子供みたいなおじさん

野良猫には優しくて
こっそりごはんをあげていた


ある日おじさんは
車に轢かれて動けなくなっている
仲良しの猫をみつけて

前足が曲がってしまった
その子を抱き上げて走った


おじさんのおかげで
助かった猫さんはチーコと呼ばれて
元気に暮らしているよ

おじさんが入院したって
聞いてから会えなくなった


今も思い出すおじさんの顔
ビクビクしながら生きていた


優しい心を持っていた
チーコと私が知っているよ

2018/08/06

霊感のある友達と猫神様の話

鍼灸学校の同窓生で、クラスは違ってたのに何故か今も付き合いのある友達がいて、その子が霊感強いんですよ。

話をしていたら急に、「あ、今なんか来た!あくび猫の後ろにいる猫さんが話したがってる!」とか言い出すんですよ。

なぜかその時に、私も体の同じ部分がチクっとしたりするから、私は信じて聞くんですが。

「そんな話はここだけにしときやー」と言いつつ、言うことが当たってるだけに才能がもったいないなと思っています。

昨日の話はなんだったかと言うと、

猫さんたち曰く、「すごく感謝している。」「あくび猫が病気にならないように守っている。」

そういう内容でした。

それで、私に守ってほしいことがあると言い出して、「夜更かしはやめてほしい。守りきれなくなる。」「呼吸が浅いから、たまに深呼吸してほしい。あなたが疲れやすいのは呼吸が浅いせいだ。」ということでした。

この2つは、私自身も気がついていて、最近ブログにも書いてたりしたけど、まぁ、守ってませんでした。すぐに忘れて夜更かしはするわ、息は浅いわ。たまに息をしていない時とかあるし。(長年の鼻詰まりの後遺症)

猫たちの中には神格化したような感じの子もいるらしく、「ありがたや、ありがたや〜。」と思いつつも、「猫神様に言われたからには生活を変えていかないと。」と、急に真面目になる私です。

その、霊感の友達には、是非とも才能を生かした鍼灸師として自立して行ってほしいと願っています。

なまじ霊感があると、病気の原因の家族関係とか変な因縁とかもわかってしまうらしく大変みたいですが、私にしてくれたみたいな生活上の注意事項限定で霊感アドバイスするようにしたら、イイ線行くんじゃないかと思うんですけどね。

とにかく、私の後ろの猫神様たち、出て来てくれてありがとう。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

他のアカウント