« ありのままでいいよ | トップページ | 霊感のある友達と猫神様の話 »

2018/07/27

人のガッカリを喜ぶ人の話

いつになるかわからないけど、旅行に行く時に犬を預かってほしいと頼まれたことがありました。

その時は快く返事をしたのですが、旅行に行く日の前日に、「明日からやから」と言われて、面食らったことがありました。

何故って、ゴールデンウィークの前の日だったから。頼まれて3ヶ月も何も言ってこないから、旅行はやめたのかなと思っていたら、いきなり明日だなんて。それもゴールデンウィーク。

何か嵌められたような、変な気分がしたものでした。面食らう私を見て、嬉しそうな依頼者でした。

人が嫌な気分になるのをみて、自分はエネルギーを得る人がいるというのを、その時に知りました。

それで、ですね、ダンナもちょっとその気があるんですよね。

ダンナのは、人をガッカリさせて喜ぶみたいな癖があると思うのですよね。

今までにやられたガッカリを書き出すと、

1.家が猫だらけで気鬱になっていた私は、子供の時のようにピアノを弾けば気が晴れるかもしれないと思って30万の電子ピアノを買いました。届いたその日から、なぜかダンナが弾いたこともないピアノを練習しだして、私は弾く時間がありませんでした。2週間くらいで私のピアノへの興味は失いました。私が諦めると、ダンナはピアノを弾かなくなりました。ガッカリ。

2.田舎暮らしに憧れていて、自然農法をやってみたかった私は、いつか田舎に行った時のために、畑仕事を練習しようとして、近所の貸し農園を借りました。自然農法なので、雑草はなるべく残したいのに、ダンナが人の目を気にして毎日雑草を抜きに行って、全く自然農法にならず、ガッカリ。その上ボケた母が勝手に貸し農園に入って、人の花を切って帰るわ、植えたばかりの種芋を掘り起こして食べてしまうわで、超ガッカリ状態で諦めました。

3.一階の猫部屋で韓流ドラマを観たら、年寄りの猫も寂しくないし、一石二鳥だと思って、テレビを買いました。今のテレビはリビングで録画した番組をLANで繋がっていたら観られるということで、楽しみにしてたんですが、テレビが届いた途端にダンナが自分用の録画用HDDを取り付けて、ダンナのテレビになってしまいました。またガッカリ。

今度こそは、ダンナが横取りできない楽しみを見つけました。それが、男性KpopアイドルのJBJの子たちを愛でることでした。さすがにコンサートやファンミについてこれないだろうと思ってタカをくくっていたんです。

ある日キム・ドンハンという子のことを話したら、「ドンドンハンハンドンハンハン」って、盆踊りの曲に乗せて歌い出したんですよね。

もうそれ以来、ドンハンって聞くと「ドンドンハンハンドンハンハン」って言うから、私までその歌が頭にこびりついて、気がつくと一緒に歌っていたりして、もう、やめてって思いますわ。

なーんか人が楽しそうにしていると邪魔をしたりしてくる心理は何なんでしょうかねー?

それって、自分で楽しみを見つけられないからなのかなぁ。これから、二人で楽しめることが見つかったらいいなとは思いますが…

まずダンナがすることは、自分の人生を余裕を持って楽しめる環境を整えることだと思います。

それは、「暇と金」みたいなことになると思いますが、ダンナは自分を犠牲にして人を助けてしまうタイプだから、かなり難しそうです。私はそれにも巻き込まれて苦労してるんですけどね。

私がやいのやいの言っても仕方がないし、いつも気長に待っているのです。

私の生き甲斐を取り上げてガッカリさせるのは、やめてほしいです。

後で読み返したら、なんか笑い話ですけどね…



« ありのままでいいよ | トップページ | 霊感のある友達と猫神様の話 »

精神世界」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66990049

この記事へのトラックバック一覧です: 人のガッカリを喜ぶ人の話:

« ありのままでいいよ | トップページ | 霊感のある友達と猫神様の話 »

他のアカウント