« これが、潜在意識かな? | トップページ | 結論から言ってくださいよ »

2018/07/16

反面教師

子供の頃に、父から「反面教師」という言葉を習いました。

気に入らない人がいたとして、その人が嫌いだと憎む心は自分にとって得にならない。「あの人みたいにはならないようにしよう」と思って自分への戒めにすれば、少なくとも自分は嫌いな人はよりは一段上の人になれるはずだ云々。

その父が、その後まさかの反面教師になったりすることがあろうとは、その時は露とも知らず。

まぁ、そうなった時は、過去を思い出して、「フッ」と笑ってしまった私です。

若い頃を思い出して、詩を書きました。
恥ずかしい詩なのですが、恋愛で心が折れている人に励ましになるかと思って、ちょっと載せときます。


悲しいスキー旅行

あなたに誘われて
喜んでついて行ったスキー旅行

でもグループの中にあなたとお揃いのウェアの子がいたわ

グループのみんなは
その子があなたの彼女だと思っているみたい。

とても孤独なスキー旅行

私のウェアは流行遅れのスタイルで
お化粧を頑張っても勝てない気がした

どうして私を誘ったの?
彼女をみせて諦めさせるためだったの?

悲しいほどに
白い山肌と青い空
涙をこらえて過ごした遠いあの日

ひとりぼっちで滑るスキーは悲しくて
なんで生きているんだろうと思ったあの日

涙に暮れていたあの頃

ラブソングは長い間聴けなかった。
全て彼と彼女の歌に聴こえて。

粉々に砕け散った心を拾い集めて
希望を胸に抱けるようになるまで

二人の幸せを祈ることなんて
できるはずもないと思っていたのに

今は祈れるようになったのよ
時が優しく過ぎ去って

気がついたら私の心は元に戻っていたの



あー恥ずかし。
まぁ、そんなこんなで、自分を傷つけた人を反面教師として、自分は人に優しく生きればいいのです。

あの時、父から反面教師の話を聞いておいて、良かったなと思います。



« これが、潜在意識かな? | トップページ | 結論から言ってくださいよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66944951

この記事へのトラックバック一覧です: 反面教師:

« これが、潜在意識かな? | トップページ | 結論から言ってくださいよ »

他のアカウント