« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/27

人のガッカリを喜ぶ人の話

いつになるかわからないけど、旅行に行く時に犬を預かってほしいと頼まれたことがありました。

その時は快く返事をしたのですが、旅行に行く日の前日に、「明日からやから」と言われて、面食らったことがありました。

何故って、ゴールデンウィークの前の日だったから。頼まれて3ヶ月も何も言ってこないから、旅行はやめたのかなと思っていたら、いきなり明日だなんて。それもゴールデンウィーク。

何か嵌められたような、変な気分がしたものでした。面食らう私を見て、嬉しそうな依頼者でした。

人が嫌な気分になるのをみて、自分はエネルギーを得る人がいるというのを、その時に知りました。

それで、ですね、ダンナもちょっとその気があるんですよね。

ダンナのは、人をガッカリさせて喜ぶみたいな癖があると思うのですよね。

今までにやられたガッカリを書き出すと、

1.家が猫だらけで気鬱になっていた私は、子供の時のようにピアノを弾けば気が晴れるかもしれないと思って30万の電子ピアノを買いました。届いたその日から、なぜかダンナが弾いたこともないピアノを練習しだして、私は弾く時間がありませんでした。2週間くらいで私のピアノへの興味は失いました。私が諦めると、ダンナはピアノを弾かなくなりました。ガッカリ。

2.田舎暮らしに憧れていて、自然農法をやってみたかった私は、いつか田舎に行った時のために、畑仕事を練習しようとして、近所の貸し農園を借りました。自然農法なので、雑草はなるべく残したいのに、ダンナが人の目を気にして毎日雑草を抜きに行って、全く自然農法にならず、ガッカリ。その上ボケた母が勝手に貸し農園に入って、人の花を切って帰るわ、植えたばかりの種芋を掘り起こして食べてしまうわで、超ガッカリ状態で諦めました。

3.一階の猫部屋で韓流ドラマを観たら、年寄りの猫も寂しくないし、一石二鳥だと思って、テレビを買いました。今のテレビはリビングで録画した番組をLANで繋がっていたら観られるということで、楽しみにしてたんですが、テレビが届いた途端にダンナが自分用の録画用HDDを取り付けて、ダンナのテレビになってしまいました。またガッカリ。

今度こそは、ダンナが横取りできない楽しみを見つけました。それが、男性KpopアイドルのJBJの子たちを愛でることでした。さすがにコンサートやファンミについてこれないだろうと思ってタカをくくっていたんです。

ある日キム・ドンハンという子のことを話したら、「ドンドンハンハンドンハンハン」って、盆踊りの曲に乗せて歌い出したんですよね。

もうそれ以来、ドンハンって聞くと「ドンドンハンハンドンハンハン」って言うから、私までその歌が頭にこびりついて、気がつくと一緒に歌っていたりして、もう、やめてって思いますわ。

なーんか人が楽しそうにしていると邪魔をしたりしてくる心理は何なんでしょうかねー?

それって、自分で楽しみを見つけられないからなのかなぁ。これから、二人で楽しめることが見つかったらいいなとは思いますが…

まずダンナがすることは、自分の人生を余裕を持って楽しめる環境を整えることだと思います。

それは、「暇と金」みたいなことになると思いますが、ダンナは自分を犠牲にして人を助けてしまうタイプだから、かなり難しそうです。私はそれにも巻き込まれて苦労してるんですけどね。

私がやいのやいの言っても仕方がないし、いつも気長に待っているのです。

私の生き甲斐を取り上げてガッカリさせるのは、やめてほしいです。

後で読み返したら、なんか笑い話ですけどね…



2018/07/21

ありのままでいいよ

すぐに壊れて涙をこぼす弱い心だったから
私は人間がこわかった

今思えば
誰もが傷つきたくなくて
自分を守ろうとして人を傷つけていたんだとわかるけど
若いから泣いてばかりだった日々

自分が弱かったから
人には優しくしてあげるけど

こんどは優しさに甘える人が
私の心を傷つける

強くならないと
強くならないと
そればかり考えていたけど

ありのままの自分でいた方が
楽に生きられるから

どうしたら
ありのままでいられるか

ありのままで
いさせてくれる人を探していたけど

自分がありのままでいたら
ありのままで生きている人たちに
気がついたら囲まれてた

2018/07/19

結論から言ってくださいよ

よく韓流ドラマなんか観ていると、「結論から申し上げますと…」で始まるセリフがあるのです。

まず結論を言って、次にそう考える理由、最後にその理由によりこれからしなければならないことを述べるのですよね。

そういうのに慣らさせてきている昨今ですね、ダンナの回りくどい話し方がイラついてですね、「結論から言うてくれ!」みたいなことになるんです。

ダンナの話し方は、自分の希望を一番最後にというか、私が忖度して希望通りになるように言ってくれるのを待っているというか、とにかく回りくどい。

まず言い訳めいた話を延々とする。途中で私が「ほな、こうしたら?」と言っても自分の意図と違っていれば、また言い訳めいた話が続くというね、私の貴重な残された人生の時間を浪費させんといてくれー!」みたいな。

最初に自分がどうしたいのか明確にしてくれないと、建設的な今後のことも考えられませんがな。

結論を相手に言わせるのは、最終的に失敗した時に、相手に責任を負わせる罠なんじゃないかとか、思ってしまいますわ。

日本人って、こういうの多いんですか?私は韓流ドラマのせいで日本人的じゃなくなってしまったのでしょうか?

これが日本の全体的な特徴だとしたら、日本は斜陽の国になるしかない気がしますけど?

ダンナだけですよね?

とにかく、言いたいことはハッキリ言ってほしいと、私は思います。

(言わな分かれへんがな)

2018/07/16

反面教師

子供の頃に、父から「反面教師」という言葉を習いました。

気に入らない人がいたとして、その人が嫌いだと憎む心は自分にとって得にならない。「あの人みたいにはならないようにしよう」と思って自分への戒めにすれば、少なくとも自分は嫌いな人はよりは一段上の人になれるはずだ云々。

その父が、その後まさかの反面教師になったりすることがあろうとは、その時は露とも知らず。

まぁ、そうなった時は、過去を思い出して、「フッ」と笑ってしまった私です。

若い頃を思い出して、詩を書きました。
恥ずかしい詩なのですが、恋愛で心が折れている人に励ましになるかと思って、ちょっと載せときます。


悲しいスキー旅行

あなたに誘われて
喜んでついて行ったスキー旅行

でもグループの中にあなたとお揃いのウェアの子がいたわ

グループのみんなは
その子があなたの彼女だと思っているみたい。

とても孤独なスキー旅行

私のウェアは流行遅れのスタイルで
お化粧を頑張っても勝てない気がした

どうして私を誘ったの?
彼女をみせて諦めさせるためだったの?

悲しいほどに
白い山肌と青い空
涙をこらえて過ごした遠いあの日

ひとりぼっちで滑るスキーは悲しくて
なんで生きているんだろうと思ったあの日

涙に暮れていたあの頃

ラブソングは長い間聴けなかった。
全て彼と彼女の歌に聴こえて。

粉々に砕け散った心を拾い集めて
希望を胸に抱けるようになるまで

二人の幸せを祈ることなんて
できるはずもないと思っていたのに

今は祈れるようになったのよ
時が優しく過ぎ去って

気がついたら私の心は元に戻っていたの



あー恥ずかし。
まぁ、そんなこんなで、自分を傷つけた人を反面教師として、自分は人に優しく生きればいいのです。

あの時、父から反面教師の話を聞いておいて、良かったなと思います。



2018/07/13

これが、潜在意識かな?

最近K- POPにハマっている私です。

家事の間は、ワイヤレスヘッドホンをして、お気に入りの曲を次から次から聞いているのです。

今感じている経験は、正直生まれて初めてです。

大学生の頃、ウォークマンで通学の間、ユーミンや松田聖子の曲を聞いてました。でも、今のような経験は無かった気がします。

それは何かというと、夢の中で曲が聞こえてくるのですが、それが現実に聞いているみたいに、はっきりと聞こえるのです。

ところが目が覚めると、何を聞いていたかは覚えていますが、その曲を歌ったりはできません。

インプットはされたのですが、アウトプットの手順がまだのようです。

私の脳みそには、とりあえず曲がコピーされているようです。あとはアウトプットだ!と思いますが、これが、韓国語でもあるので、難しいです。

この歳になるまで、散々インプットしてきたから、これからは詩でも作ってアウトプットしたいところです。

2018/07/07

メリーゴーランド

遊園地で、お金を払うと一定時間夢を見られるけれど、終わったら退屈な現実が待っていた子供の頃。

メリーゴーランドに乗っている間、空想の世界で白馬に乗っている私。

クルクル回るブランコに乗っている時は、空を飛ぶ鳥になっている空想をしてたような気がする。

一番ショボい乗り物は、市場の横に置いてあった10円入れると動くゾウさんみたいな乗り物。ほんの2分くらいを、空想の世界でボーッとして、終わったら降りて現実に戻る。

澱んだ空気の、面白くも無い世界。

大人になってもそれがずっと続いていると、私は思います。

現実が面白くなくて、子供の頃は遊園地だったのが、少し成長するとアニメになり、その次は猫になり、歌手に憧れたりもしたけど結局平凡に暮らしていて、楽しみは夜に一人で見る韓流ドラマやK popアイドルのミュージック・ビデオ。

やっぱり続いてるよね…

今度生まれ変わるとしたら、野人間になりたいです。野猫みたいな人間。野良猫じゃなくて野猫。

完全に自立して、お金とは無縁の世界で生きることのできる、野人間がいいと思います。(なんやそれ!)


2018/07/06

メモしないとダメダメ

用事をしていると、ブログに書きたいことを思い付く。

「あ、この話書きたい。」と思いつつ用事をしているうちに忘れてしまう。

また別の日に、「そうそう、あの話を書きたかったんだった。」と思いつつ、また後回しにしているうちに忘れてしまう。

ヤバイ。
メモが無いと何も書けないなんて。

本当は、違うことを思いついて書きたかったのに、メモをしなかったので忘れてしまい、これを書いている始末。

思いつきというものは、風のようなもので、ス〜っと通り抜けて行ってしまう。

若いうちは記憶の網が細かくて、後回しでも良かったのに、歳をとると網が荒いこと荒いこと。

とりあえず戒めを込めて、ここに記しておこうと思います。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

他のアカウント