« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018/02/23

結婚の条件

動物病院に長くいると、色んなご夫婦を観察することがあるわけで、特に、夫婦で動物が好きか嫌いかということは、一生の幸福に影響を及ぼすらしいという結論に至りました。

「子は鎹(かすがい)」とよく言われますが、犬や猫も鎹なんですよね。

夫婦共々、飼っている犬や猫が好きな場合は、本当に犬猫の健康や仕草などに一喜一憂したりして、幸せそうなんです。

ところが、奥さんは猫好きなのに旦那さんは猫が嫌いとなると、夫婦生活自体が生き地獄のようになってくるみたいです。

夫婦生活って、二人が協力しあってこそだと思いますが、協力はしないし逆に罵倒しあうとか、「そら、生き地獄でしょう。」って感じ。

だから、動物好きの若い人で、これから結婚相手を決めようとしている人は、心して相手が動物好きかどうかを見極めて決めた方がいいと思います。

ゆめゆめ「顔」とか「金持ちか」で決めるのではなくて、「趣味が合うか」で決めた方が、幸せな人生を送れるのではないかと思う次第なんですよね。

昔、見てきた中で、「旦那さんがキリスト教で、奥さんが創価学会」というパターンも不幸だったし、「旦那さんがアウトドア派で奥さんがインドア派」とか、こういうのは不穏分子みたいなものと考えて間違いないなと思います。

宗教や趣味が違っても、「猫が好き」「犬が好き」というのが共通していたら、それは鎹になり得るかもしれず、それほど動物が好きか嫌いかというのは、一生の幸不幸を左右すると、私は思うのです。

まぁ、これも今の日本がある程度豊かであるという条件付きですが。

2018/02/12

TWICEが好きな理由

最近、 TWICEにハマってます。

「私の心は18歳のままやわー。」と内心思ってます。

あの子たちは偉いなぁと感心しています。

私も若い頃は歌手になりたかったのですが、「歌手になったら猫を置いて東京で住まなあかんわ。」とか、「声にパンチがないからあかんわ。」とか、四柱推命で身弱だからか、すぐに諦めてしまった若い頃の私。

TWICEの子たちは、自分の夢を叶えるために、とてつもない練習をしたし、今もやり続けていると見受けられるし、ダイエットもしなくてはいけないし、内実はとてもストイックに生きている気がするのですよね。

髪の毛がちょっと伸びたらすぐに剃髪したくなる私ですが、本物の尼さんになれるわけもない甘ちゃんな私は、彼女たちをみると、本当に年齢関係なく尊敬してしまうのですよ。

TWICEのメンバーのうち3人は関西出身で、モモちゃんの出身地の京田辺市は、猫のロミオ君をもらってくれた里親さんが住んでるし、通っていたダンススクールは私が働いていた菫中学の校区内だし、サナちゃんの出身地の天王寺区は、地下鉄で4つ目のすぐ近くだし、ミナちゃんの出身地は西宮市で、私が7年も通った高校大学のある場所だし。

「この偶然の一致は、何かあるぞー!」みたいな感じで一人で盛り上がっております。

すでに10曲ほどiTunes Storeで購入し、家事の間に聞いて気持ちを若返らせている私です。

K-popは、歌い手さんが音を外さないので、私は好きです。日本の歌は歌唱力のある歌手の歌しか聞けないので、リズム感で若返りたい時にはK-popなんですよね。

それにしても、韓国には歌やダンスを極めさせてくれる学校があるみたいですね。私も若い頃、○○ミュージックスクールに通いましたけど、歌だけでダンスは教えてもらえないし、今思うとイマイチでした。ていうか、本当に歌手になりたかったらダンススクールにも通ってますよね。

「だれか、私の才能をみつけて輝かせてくれないかな。」なんて思ったりして、それじゃダメだわって今頃気がついても遅かりし由良之助。

2018/02/09

私が望むこと

きれいな空。満点の星空が、当たり前の世界。

欲張りがいない世界。

大自然を壊さない共存の世界。

色んな情報が入ってくるけど、私の取捨選択の結果は上記のようになった。

地球上の不幸の元は、人間の欲だと私は思う。その欲を掻き立てるツールとして、「お金」という発明がある。

お金のために、大自然は壊されていき、嘘がはびこり、灰色の世界になっていく。

50年かけて、自分の息苦しさの原因がやっとわかった。

もし、若い人がこれを読んだなら、私の50年を無駄にせず、心の隅に覚えておいてもらいたいと思う。

欲に掻き立てられて自分の人生を無駄にしないように。

「気がついたら残りわずか」になりませんように。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

他のアカウント