« もう一つの前世 | トップページ | 猫を捨てる人 »

2018/01/04

何度も繰り返している気がする件

生まれてくる前に、ガイドみたいな声が、「今回が最後」と言っていた。
夢なのか本当なのかわからないけど、子供の頃からずっと覚えている記憶。

人生を送る間に、「これ、前にもやったことある、見たことある。」という事が何度もあった。

本の内容さえ、「読んだことある。」と思えることがあった。新刊なのに。

例えば、アナスタシアの六巻で、パートナーを探す時のやり方。

女性が籠のような船を作って、果物をたくさん載せて川に送り出し、それを見つけてインスピレーションを得た男性が、川を遡り、流した女性を見つける話。

読みながら、「知ってる、これ。」と思っていたり。

若い頃、初めて水上スキーをした時に、1回目ですぐに出来るようになったけど、それは、何故だか前にした事があると思えたから。やり方のコツを知っていた。

10年くらい前に、仔猫のお届けに行った帰りに寄った神社。
賽銭箱や祭られている神様の像のようなものが、網の中に入っていて、「夢で見たことがあるわ。」と思ったし。
これは、夫も同じことを言っていたっけ。

瀬戸内海の粟島の知り合いの家は、中学生の頃に夢の中で遊んだ家で、私は間取りを覚えていたし、中庭の端っこに生えている葉っぱの大きな木も覚えていたので、確認すると、桐の木があったりして。

それで、たまにこんな妄想をしてしまう。

「もしかして、地球という惑星を救うゲームの中にいるのだろうか?今まで何度も失敗して、リセットして再スタートをしてるから、覚えているのだろうか?」

今回が最後の再スタートだとして、失敗したら、ゲームセンターのようなところで目が覚めたらいいな。

目覚めなかったらどうしよう。

失敗したら、この宇宙が消えて無くなるとしたら。

「あ、これ前に見たことある。」と思うたび、不安になるし、地球を今のところ救えそうにないので、焦燥にかられます。

みんな、これでいいのかなぁ。知らぬが仏で幸せなのかなぁ。

そんなことを、考えたりします。


« もう一つの前世 | トップページ | 猫を捨てる人 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66238433

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も繰り返している気がする件:

« もう一つの前世 | トップページ | 猫を捨てる人 »

他のアカウント