2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 監獄の惑星 | トップページ | もしも嘘がつけない世界になったら »

2017/12/05

植木屋さん受難の時代

神戸のメリケンパークのクリスマスツリーのことで、どうしてプラントハンターさんはあんな事をしでかしたのかと考えたんです。

年齢が38歳。
あー、調子に乗ってやらかす年やなー。

オバちゃんは、今までに周りの男たちが40前後でやらかすのを見てきたから、わかります。

天狗になってしまって周りが見えなくなり、エゴの塊みたいになって突き進む年頃よねぇ。それで、専門家によると樹齢300年くらいあるらしい木を神戸開港150年記念なので樹齢150年と偽ってイベント考えついたのか…

話が変わって、最近、植木屋さんって受難の時代かもしれない。特に都会では、家を新築しても庭に木を植えなくなったような気がする今日この頃。

玄関先にはマイカーを置かなくてはいけないから、植木を植える場所もなくなったし、仮に木を植えたとしても、人々は高枝切りバサミを購入して植木屋さんに払うお金をケチるようになっている(ような気がする)。

だから、生き残った植木屋さんは、公共の公園などの木の手入れをしたり、マンションやビルのシンボルツリーなどの手入れをさせてもらったり植え替えたりするくらいしか収入がなくて、結構厳しい状況なのかもしれない。

そう考えると、近所の公園の木の剪定が、「あれでは木が弱るやろ。」と思えるような強剪定なのは、わざと弱らせて伐採して、材木として売れる木は売って、新しい木を植え替えさせてもらおうと、お金に困っている植木屋さんが画策しているのかもしれないなと勘ぐったりして。

大阪市のシステムがどうなっているのかよくわからないから、あくまでも想像しているだけなんだけど…忙しいからいちいち確かめていられないし。

その中で、自意識の強い、丁度やらかす年齢のプラントハンターさんが、一儲けをしたいばっかりに罪のない樹齢300年のヒバを引っこ抜いてきてしまったのかなぁ。

まぁ、大変ですね、お金お金って。

金がないのは首がないのと同じって言うけど、あんまりお金に執着しすぎたら、不幸の始まりになってしまいそう。

猫が飼える家に住めて、毎日ご飯が食べられたらそれでいいけどな…
その上あれも欲しいこれも欲しいと思ったら、結局は金の亡者みたいになって、何のために生まれたのか、生きているのかわからなくなると、今回のことで思いました。





« 監獄の惑星 | トップページ | もしも嘘がつけない世界になったら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66126479

この記事へのトラックバック一覧です: 植木屋さん受難の時代:

« 監獄の惑星 | トップページ | もしも嘘がつけない世界になったら »

他のアカウント