« 三つ子の魂百まで | トップページ | 植木屋さん受難の時代 »

2017/12/03

監獄の惑星

ネットサーフィンをしていたら、「エイリアンインタビュー」という本の感想を述べているブログを見つけて、宇宙人好きの私は、「えー?何々?宇宙人にインタビュー?」と思って読んでみたら…

どうもロズウェル事件で捕らえられた宇宙人に、女性の軍関係者がテレパシーで質問に答えてもらったとかいう内容でした。

詳しくは、本を買って読まないとダメなのですが、読んだら鬱になりそうで怖くて決心がつきません…

だって、その本には、「地球は監獄惑星」って書いてあるんですって。

この美しい地球を監獄の惑星にしてしまうなんて、ひどい宇宙人がいたもんだと思いますが、罪を犯した宇宙人の魂を地球に送り込んで、人として転生を繰り返させて地球から出られないようになっている云々。

ええ〜っ!そんな殺生な。

もしかして、そのせいで欲にまみれた人たちが、自然を壊して回ってるの?
元々、きれいな心で生きていた原住民たちも、罪人の宇宙人にずるいことをされて心が傷ついて、アダルトチャイルドになってチェーン現象が起きて、罪人を量産してるんじゃないの?

まだ読まないうちから妄想が爆裂中です。

ああ、どうしようかな?
怖いもの見たさもあるんだけど。

アナスタシアの内容と合体させたら、ヴェド文化の中で平和に暮らしていた地球人の中に、罪深い宇宙人を転生させて、地球をめちゃくちゃにしている悪の宇宙帝国があるということになるんだけど。

Kindle版もあるらしい。安いからこっちでもいいかな。






« 三つ子の魂百まで | トップページ | 植木屋さん受難の時代 »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66115053

この記事へのトラックバック一覧です: 監獄の惑星:

« 三つ子の魂百まで | トップページ | 植木屋さん受難の時代 »

他のアカウント