« 西太后は悪者ということになっているけど | トップページ | 三つ子の魂百まで »

2017/11/25

あすなろの木

富山県氷見市の山林に生えていた樹齢150年の「あすなろの木」を、プラントハンターなる人が引き抜いて、神戸のイベント会場に移植したというニュースを知りました。

写真では、注連縄が巻いてある「あすなろの木」は、根っこごと引き抜かれて、神戸のクリスマスイベントでクリスマスツリーになるという話。

樹齢150年だろうが何だろうが、集客や集金のために殺される図式は、神をも恐れぬ行為のように思えたし、注連縄なのにクリスマスという、何とも変な組み合わせが、まさに「お金のためなら何でもあり」みたいで、私は嫌な気分になりました。

寒い季節に、根っこから抜かれて山から海辺に移植され、イベント終了後の行き先は決まっていないとのこと。

大手ファッション会社が協賛して、枝で作ったアイテムを売るとか、震災の慰霊とか鎮魂とか、外側ばかりゴテゴテに飾って中身はドロドロの、お金という悪魔に魂を売り渡した人の心を見たようで、腹が立ちました。

先日、近所の樹齢50年の木々が数本伐採されて、そのあとすぐに台風が来て大和川が氾濫しましたが、何かバチが当たりそうで、怖い案件です。

バチが当たるか当たらないか、要観察だなと思ってます。

その話とは真逆の植木屋さんがいて、友人のところに出入りしている人ですが、景気が悪かったり老朽化して維持できなくなった旅館やホテルの庭に生えている立派な木を、根っこごと引き抜いて、中国人の富裕層の庭に移植しに行ったという人がいて、古木を守ろうとする姿勢と、古木を商売に利用して殺す姿勢が、本当に真逆だなと思った次第です。

お金が牛耳っている世の中だけど、欲深くなりすぎて悪魔に魂を売り渡すようなことはしてはいけないと、私は思います。

« 西太后は悪者ということになっているけど | トップページ | 三つ子の魂百まで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いつも、そうそうと、納得して拝見させています。
今日は、世界一のクリスマスツリーを、神戸へ運んだ記事。。
まったくとんでもない話。
命を大切にを、うたうなら、苗木を植えて、もう10年になりました、、もう20年。。。
と、育てたらどう?

この企画者とんでもない人です。
ごめんなさいね。あまりの腹立ちから、、、。
こんなんが、みんな好きなんでしょうか?

あずはさん、こんにちは。

あれから、色々Twitterで情報を集めたところ、メリケンパークの東に、神戸市が水族館を作る予定で、その屋上を庭園にしてプラントハンターさんが管理運営するらしいです。
その敷地内にはフェリシモの本社が入るとかで、建設は大成建設が入るとか。
初めからズブズブだったみたいです。
そして、あすなろの木は、クリスマスが終わったら、生田神社の鳥居になるそうです。
生田神社に頼み込んで鳥居にしてもらったのかな?と想像しました。
フェリシモは、無農薬リンゴの木村秋則さんを応援していたり、犬猫に優しいから好きだったのですが、イメージがガタ落ちになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66083040

この記事へのトラックバック一覧です: あすなろの木:

« 西太后は悪者ということになっているけど | トップページ | 三つ子の魂百まで »

他のアカウント