« 人間が居なくなったら地球が助かる? | トップページ | 洗たく洗剤についての一考察 »

2017/11/04

HSP(highly sensitive person)

少し前に過敏聴覚というものがあると知りました。

ヘッドホンを外せない子供たち」という記事を読みました。

これ、もしかしたら、私も子供の頃そうでしたし、今でもそうかもしれません。

子供の頃は、油断すると、全ての音が聞こえてきて、「ゴーッ」という音しか聞こえなくなる事がありました。

それに、飛行機の音って、通り過ぎた後に聞こえてくるものですが、近づいてくるときに、超音波みたいな音が聞こえてました。

私は耳鳴りの音を、自由に聞いたり聞こえなくしたりできるようになってました。

今でもショッピングモールのようなところは苦手で、一人で歩くときはヘッドホンして歩きたい方です。
逆に自然の音は大好きだから、散歩や自転車に乗っているようなときは、小鳥の声や風の音に耳をすますようにしています。

そうこうしていたら、今度はHSPというのがあると、知りました。

それは、「高い感受性を持つ人」という意味で、聴覚だけではなく、視覚、嗅覚、味覚、他人の感情に至るまで、繊細に、深く感じてしまう性質らしいのです。

なるほど、そういえば、夜中にどこかの家でつけているテレビの音が気になって仕方なかったり、LEDの街灯が眩しいからと、夜にサングラスをかけようとしてメガネ屋さんの店員さんに怪しい目で見られたり、猫のトイレの汚れを誰よりも先に見つけてしまう、この能力は、HSPだったのかー!

超、納得した私です。

私からみると、普通の人たちが鈍感すぎて、特に身近なダンナを「ドンくさいな。」と思ってしまうのですが、ダンナは普通だったのか…

私にはダンナの目や鼻や耳が、ただの穴ポコみたいに思えて、「節穴」と思っていたのですが。

私のこの能力を活かして、ヒーラーになりたいのですが、節穴のダンナの手伝いに全てを捧げさせられてて、このまま老いさらばえるのかと思うと、ちょっと残念です。

息子に遺伝してるかなとは思いますが、男だし、女の私の繊細さからみると、まぁ、イマイチですわ。

HSPについては、ココをクリックしてください。





« 人間が居なくなったら地球が助かる? | トップページ | 洗たく洗剤についての一考察 »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/66003944

この記事へのトラックバック一覧です: HSP(highly sensitive person):

« 人間が居なくなったら地球が助かる? | トップページ | 洗たく洗剤についての一考察 »

他のアカウント