2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017/09/27

出歩くと見てしまう悲しい現実

亀のことなんですけどね。

近所で何件か、亀を家の前の水槽で飼っているんですよ。

犬の散歩でうろつき回るうちに、その飼い方が、可哀想に思えて、そばを通るたびに心が痛んでしまいます。

今日も、2匹並んだら動けない大きさの水槽で、外に出たくて暴れている2匹の亀を見つけてしまいました。

だいたい、真夏でも直射日光が当たるところに置いてあります。

「仏教では、苦しみも自分の感じ方次第なんだって。」とか言って息子は教えてくれるけど、現実に、濁った狭い水槽で「出してくれ出してくれ。」と上に向かって暴れまくっている亀を見ると、それを「感じなーい感じなーい。」とか思えなくて、私の心はキューっと締め付けられてしまうんです。

だってあれ、人間だったらって、私はすぐに思ってしまうんです。

直射日光の当たる自分のオシッコやウンコが溶けたままの水槽で、その中に餌を撒かれて、その中の水を飲んで暮らせる?水も週一くらいしか替えてもらえない、そんなところで。それも、透明なのに向こうには逃げられない牢獄みたいなところで。

亀って何十年も生きるらしいのに、死ぬまであのままなの?

考えただけで、辛くて。

どうか、亀を安易に飼う人がいなくなりますようにと、祈る日々です。

2017/09/26

バレーボールの授業で笑う私

あれは何だったのだろう?

大学の体育の授業で、バレーボールをやってた頃、私は最初から終わりまで笑い続けてたんです。

何だか楽しくて面白くて仕方なかったんですよね。

あの頃は家庭的なことで悩んだりしていて、あまり笑うことがなかった反動で、体を動かした時に笑いが吹き出して来たのかしら?

もしかしたら、悩んでいて、眉間にシワがよってそのまま心の病気になりそうな人は、みんなで体を動かすスポーツをやってみたら、笑ったあとに病気が治るかもしれないなと、そんなことをふと思い出しました。

だんだんと感じる秋の気配

実際、秋の気配も感じますが…

人生の秋の気配が、そこはかとなく漂ってきております。

あれほど、猫の世話が大変だと嘆いていた私ですが、猫無しでは生きられないということに、つい最近気がついたのでした。

私はすごい寂しがり屋なのに、こんなに強気で生きているのは猫のおかげなんだと。子供の頃から猫がいたら寂しくない私だった…

「終活」ということを視野に入れて生きるとなると、猫をたくさん残して死ねないから、おばあさんになった頃には1匹もいないくらい、猫の数を減らしておかないといけない=これから仔猫を家に入れることは絶対にダメ=最後の老猫が死んでしまったら、独りぼっちで取り残された気分になること必至。(あー寂しい)

あぁ、そうだった。
飼い猫を実家に残して北陸に嫁に行ってたあの頃の孤独感。寂しかったよなぁー…

最後の方には松枝浜の海岸で拾ったチロルに孤独死から救ってもらったような私だった。

思い出した。

それでも、これでもかというほど、猫を前に捨てられて、忙しくて里親探しもできない地獄の中にいた頃は、猫がいなくなる日を指折り数えていた日もあったのに、いざ数が少なくなってくると、今度は「いなくなったら寂しいだろうな」と思い出すなんて、なんて人間の心は勝手なんだろうと、我ながら感心してしまってます。

おばあさんになってから、捨て猫をみつけてしまったら、心を鬼にしないといけないなとか、そんな事を考えただけで、早くどこかへ逃げてしまいたくなるのです。

いつかの夢でみた、おじいさんとおばあさんになったダンナと私が、海辺をのんびり散歩している姿、捨て猫の悩みから離れて、ゆったりして過ごす老後というものに、やはり憧れてしまいます。

もうそろそろ、私の人生は秋になってたんだと、夏が終わって気がついた次第です。

洗濯の仕方の伝統

伝統って、こんなつまらないことから発祥したものもあるのかという、本当につまらない話です。

私が初めて動物病院を手伝いだした頃、洗濯物の扱い方が、普通と違って、すごく手間がかかる感じだったのです。

洗濯機からタオルなどを出して干すわけなのですが、

1.一旦、丸椅子の上に洗濯物をたたんで積み重ねる。

2.たたんだ洗濯物を、裏の干し場で干す。

3.乾いたら、また丸椅子の上に洗濯物をたたんで積み重ねる。

4.たたんで積み重ねた洗濯物を、さらに仕分けして所定の置き場に分けて置く

「なにこのめんどくさくて回りくどい洗濯の仕方は」

そう思って疑問に思いながら、ずっと元からいたスタッフに言われた通りに従っていたのです。

ある日、堪忍袋の緒が切れて、院長であるダンナに問いただしました。

「洗濯物のやり方、なんであんなに時間がかかるやり方にせなあかんの?」と。

そしたらなんと、返ってきた答えが、「さぁー、最初の頃、洗濯物を入れたりするカゴが無かったから、ああなってしまったんやと思うわ。」

なにそれ。

真相は、ダンナが自分でやり出したやり方を、スタッフは忠実に守っていたという事だったのです。

早速、スタッフに楽をしてもらおうとカゴを用意したのですが、なんと、彼女たちは、古き伝統を守ろうと抵抗したのです。

カゴを使わずに、時間をかけてたたみ続けました。私は、姑扱いされたような嫌な気分がしました。

カゴはホコリをかぶったまま、ずっと棚に載っていました。

姑扱いでいじけた私は、あまり動物病院の手伝いをしなくなっていた数年後、それまでの伝統がいつの間にか変更されているのに気がつきました。

なんと、洗濯機から取り出した洗い立てのタオルなどを、椅子にたたんで置くのが邪魔くさいからと、洗濯機の前にドサっと置くようになりました。

「ちょっと待ったー!」

私の中で警告音が鳴り響いたのは言うまでもありません。

これはもう、看過できない事態なので、洗った洗濯物を地べたに出して踏んで歩くのは止めるように指示しました。塩素まで入れて洗ってるのにトイレに行った足で歩くバリアフリーの地べたに置く神経がわからない…

「最近の若い人はなに考えているのだろう?」(ついに私もそんなことを思う日が来たか…)

いぶかしく思いつつも、ホコリをかぶったカゴを取り出して、今後は洗った洗濯物はカゴに入れておくこと、そうしないと不潔であること、地べたに放り出しているのを飼い主さんがみたらどう思うか?など説明して、カゴを使うように言いました。

洗濯物をカゴに入れるという、そんなつまらない事に、10年もかかってしまったという、本当につまらない話ですが、こういうことが、世の中に結構あるかもしれないと、私は思っているのです。

2017/09/18

算命占星学に凝ってました

高校の頃、算命占星学の本がベストセラーになりました。

それで、私も買ってきて、自分の占いをしたわけなんです。

私の若年運は天堂星で、悟りを得たような子供時代とのことでした。
確かに、普通の子とはちょっと変わった子でしたが、「悟り」というよりももっとネガティヴな感じの、「何で生まれてしまったんだろう」的なことを考える子ではありました。

中年運が天極星で、これがもう、中年に頑張らないといけないのに、運がダダ下がりみたいな。
今思うと当たってたなと思います。
30歳くらいからの私の運命の激動ったらなかったですから。
猫の世話に縛られて、身動き取れない上に、貧血だし母の面倒を見る役目みたいになってたし。

そして、老年運は天貴星。
これは、老いてますます盛んな運らしく、貧血が治ってきた私が、今までの不運を盛り返すのか、当たるのか当たらないのか楽しみな運なのです。

「さては鍼灸師として有名になっちゃうのだろうか?」とか、「息子が成功して左団扇になるのだろうか?」とか、悪くない運勢を楽しみにしています。

算命占星学の他にも四柱推命とかタロットカードとか、占いが好きだったので、大人になったら占い師になるのかなと思ったりしました。

四柱推命は、マスターしていたおかげで、東洋医学の五行の考え方がすんなり理解できたことが、「あー若い時にやっといてよかった。」と思えることでした。

それにしても、「若い頃は暇だったんだなぁ〜。」と改めて思います。

今のスキルで、あの頃の暇と体力があったなら、こんなに苦労しなくて済んだのに…もう終活しないといけなくなりそうなんて、人生って儚いですわ。

2017/09/17

神社の木の枝が切られて思うこと

大依羅(おおよさみ)神社の鳥居の横の木が、ある日スッパリと切られてしまったのです。

すぐ隣には阪南高校のプールがあって、そこに落ち葉が落ちるからだとは思うのですが。

何年か前には、裏側にある桜並木の枝が、阪南高校のテニスコートに入った部分をバッサリ切られて、切られることを嫌うらしい桜並木は、元々弱っていたのが更に弱り、衰弱の一途をたどっています。

大依羅神社の木を切ろうとしたら、バチが当たって関わった人が次から次へと災厄に見舞われる言い伝えを知っていた古老が、去年亡くなった途端の出来事でした。あのおじいちゃんは、木を守っている存在だったのだなと思います。

そして、私は、この場所を離れて、もっと自然の残っているところに移住したい気持ちがドーンと出てきてしまいました。「きっと神様たちも思っているはず…」そう思い始めました。

「大昔の龍神伝説は、もはや泡となって消えたかもしれない。この地はもう守られない。」そんなことが心をよぎるのです。

そんなある日、室外機の温風が余計に気温を上げる都会の夏の暑さにも疲れて、「これ以上暑さが続くのだったら本気で移住を考えて準備しよう。」と思った夜に、通り雨が降って、急に涼しくなりました。

その降り方が、まるで何かの合図のように、急に降ったと思ったら、急に止むの繰り返しでした。

それで、「きっと私に行ってほしくないんやわ。」と勝手に思って、少し思い止まっています。「私が居なくなったら、途端にこの地に災難が降りかかったりするのかな?」などという妄想とともに。

龍神さんや木霊さんたちに残された自然は、ほんとうにごく僅かです。この残された自然を大切にしないことが続いたら、龍神さんや木霊さんとともに引っ越したいと思います。

ちなみに、先日、犬の散歩の時に立ち寄った時、50〜60代の女の人が、切られた木の幹に手を当てて、何かを念じていました。「木に謝っている人がもう1人いるのかな?」と思うと同時に、「どうか、切られて弱っている木の気を吸い取ってませんように。」と心の中で祈りました。





猫の「しつけ」の紆余曲折

子供の頃、初めて猫を飼った時は、トイレのしつけの仕方など、まわりの大人に教わりました。

その内容は結構スパルタで、褒めて育てるなんてことはなく、粗相をしたら厳しく叱って、頭も叩くと習いました。

けれど、そういう風にしていると、猫は凶暴になるし、ちっとも私のことを好きになってくれないので、そこから私の紆余曲折が始まったのです。

猫とどうやったら仲良くなれるかが、第一の命題で、子供時代はこのことが最大の関心事でした。(思えば変わった子でした)

それで、今となっては当たり前になっている「褒めて育てる」ということを、苦労して会得したのです。

今、猫ブームで、70歳くらいの人でも猫を飼い始めることが増えてきているように思えます。1つ良いことは、テレビや役所が、避妊去勢をすることを教えてくれるので、割とみんなキチンと手術して、むやみに増えないようにはなってきている気がします。今から10年くらい前だと、70歳くらいの人は、避妊去勢なんてあまりしに来なかったから。

ただ、しつけの面において、昔式の人が散見されて、猫を凶暴化させてしまう人がいるようなのです。

動物病院で、お話しする機会があれば、いつも「猫を叱りつけたり叩くのは、失敗の元」とお知らせしています。
「叱らなくて済むように人間が立ち回るようにしてください。」と、説明しています。

直接会った人だけではなくて、このブログをみた人が、上手く猫を育てられるように、ここにメモしておきたいと思いました。


2017/09/07

A島のN子さん(バレバレかも?)

私が前から大好きな瀬戸内海の島に、N子さんが住んでいます。

家族の世話をしたりして、大阪とA島を行ったり来たりですが、N子さんは、A島に住むようになってから、ほっぺがバラ色に変わりました。

大阪にいた頃は、ほっぺが青い色をしていて、今にもどうにかなりそうだったから、猫友達に田舎暮らしを勧められて、思い切って移住したのです。

私も、大阪にいる頃に猫つながりで知り合っていて、N子さんが移住したすぐ後に、2度ほどA島に行ったことがありました。その時にA島が大好きになりました。(写真の私は若いです)

そのN子さん、お年は私の母より2歳下の辰年生まれで、私とは24歳離れていますが、友達感覚でお付き合いしてしまってます。

そんなN子さんの人柄だから、彼女には男女問わず友達がたくさんいるのです。

ご主人はもとより、大工仕事の得意なナイトや、車で送迎してくれるナイト、お昼ご飯を一緒に食べに行ってくれるガールフレンドなど、何かとN子さんを助けてくれる友達が何人もいます。

77歳だけど、ボーイフレンドのことを「あの子ォ」とか言っている、それを聞くと、昔懐かしい大阪の味が感じられて、私も嬉しくなるのです。

iphoneの留守電メッセージにN子さんの声が残っていて、その声を聞いて癒されたいので消さずに残してあるという…

ある時、大阪に来たついでに、私の動物病院に来てくれて、私が「A島に行きたいなー、住みたいなー。」と言っていたら、「なーんにも考えんと待っとったらええで。ある日リンゴの実が木から落ちるみたいにポトーッと落ちてくるから。」と言ってくれたのが忘れられません。

早くポトーッと落ちて来てくれないかなー!

N子さんは、守ってくれるナイトが何人もいるから、きっと前世は、どこかの姫だったりして。なんの姫だろう?戦国武将かな?ヨーロッパの姫とかだったりして…

そんな妄想を、ついついしてしまいます。

私もN子さんみたいに年をとりたいなと思います。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

他のアカウント