« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017/07/31

猫が異常に鳴くとき、どうすればいいか

甘えん坊な猫様は、分離不安という状態になる子がいるのです。

飼い主を呼んで鳴き続けたりするような状態です。

それが高じると、わざとトイレに入らずに、少しずらして粗相をしていたりするんですよね。

それができる子は、まだ体の病気にはならないですが、それができないお行儀の良い子は、病気になっていきます。

猫が、何かを訴えて鳴いている時、何をすれば良いのか?私の経験を書き残しておこうと思います。

プラちゃんは、脊椎を怪我したあと、半身不随から生還した猫です。

オシッコが座ってできなかったり、ウンコが出にくくて便秘になったり、排泄に一苦労しているのですが、このプラちゃんが、いつもドラ声で鳴きわめきながら家の中を歩き回ってたんです。

どうしたものかと思いながら観察していたら、オシッコを床に飛ばして汚れた時や、ウンコが床に転がってしまった時、または、モモ犬に取られないように猫のフード皿をテーブルの上に置いていて、テーブルに登れないプラちゃんが、お腹が空いたと訴えていたというのがわかってきました。

それと、そのようにして、私がじっと見て観察することに、プラちゃんは幸せを感じているようで、要求が通って心が通じたと思うことが増えていくにつれ、ドラ声で鳴きわめく回数がグンと減ったのでした。

もう1匹、いつも鳴いている、夏子という猫がいます。

夏子は、モモ犬が来てから、怖くてリビングの床に降りてこなくなった猫で、モモ犬のケージの上に置いた猫用のケージから、いつも私を呼ぶんです。

私がボケーっと韓流ドラマを観ている至福の時間を邪魔するので、正直ウザいと思ってたんですが、プラちゃんと心が通じた経験から、きっと夏子も何かを訴えているんじゃないかと思い、鳴いて呼ばれる度に、夏子のところに行って、「何が言いたいのん?夏子は?」と聞くようにしていったのです。

思いつくままに、毛を梳いてあげたり、体を触ってあげたりしているうちに、やはり何を要求しているのかわかってきました。

夏子は、「他の猫がウンコをしてあって臭いから掃除をしてくれ。」とか、「チョコタンがケージに上がり込んでアタチのご飯を横取りした上に食べ散らかしてて、こんなの食べられません。」とか、「モッサモサの毛の手入れをしてほしいんですけど。」などと言っていたのです。

そのことを私がわかるようになってくると、夏子のイライラした様子は、とても減っていき、穏やかでいることが多くなりました。

ポイントを押さえておくと、

1、猫が鳴いたら、「何かを訴えている。」とまず思うこと。

2、周りの環境や、猫の様子をよく観察して、何が言いたいのか試行錯誤すること。

3、心で思っていないのに、ただ撫でるだけとか、声をかけるだけというのは、猫にはバレているので心を込めること。

以上3点を、猫のことで悩んでいる人は、試してみれば良いと思います。



2017/07/27

仮の愛の空間

大都会の大阪で、アナスタシアの言う「愛の空間」なんか作れないと思って、「無い物ねだりの子守唄〜」などと歌っていた私ですが、ふと、家にいる猫たちが、私に「自然のバリアー」を作ってくれて、外からの災いを受けて守ってくれていたのだと、思い至りました。

木を植える土も無くて、仕方なく植木鉢に植えて、仮の自然を具現化しようとしている私なのですが。

あくせくと忙しい人間を尻目に、大アクビをしながら、「ようそんな毎日働くなぁ〜。」と言わんばかりに昼寝をしている猫さんたち。

猫たちがいたお陰で、自分たちの生活が、どんなに自然から離れているのか痛感できました。

地球さんだったら、難なくやってのける猫のトイレの世話も、完全室内飼いの我が家では、砂代や掃除の手間にお金と時間を吸い取られていく。トイレ掃除だけではなくて、家中の壁で爪を研がれて、新築の家が10年でボロボロ。床拭き掃除をしょっ中しないと、ベタベタになってしまう。これが、自然の中だったら、気にすることも何もないのに。

アナスタシアが言うところの、地球人類を支配している神官の陰謀の話だって、本を読んだ途端に合点がいくのだから。

本当に、猫は、私にとって数少ない自然の教師であり、守護神であるよなぁ…と、しみじみ思い至った次第でございます。

でもこれは、あくまでも「仮」。維持するのに時間とお金がかかるものは、仮。

それでも、私たち家族に自然の息吹を吹き込んで、悪いものから守ってくれる猫たちが、有り難いなと思います。



2017/07/26

断捨離ってクセになりますね

本棚の本を、まだ元気なうちに処分しようと思っても、手に取ると惜しくなってを繰り返しながら、だいぶ処分が進んできました。

アナスタシアの本を同時進行で読み進んでいるのですが、これを読んでいると、他の本はどうでもよくなって、全部処分したくなってきます。

でも、鍼灸の本はやっぱり置いておきたいし、「食べられる野草」の本だって、いつかは役に立つかもしれないし、和服から洋服にリフォームするときのデザインの本だって…と思い出したらきりがなくて困ります。

死ぬときには、魂だけ抜けていくんだから、全部要らないはずなのになぁ。

とりあえず、本のことも考えつつ、服や布団類なども整理したいし、家の中をスカスカにしていこう。

初めはダンナが始めたことなのに、すっかり私も虜になってしまって。

でも、これで、何十年後かに息子が「ゲェ〜これ全部どうせぇっちゅうねん!」と泣かずに済むかもしれません。

母が残した日本人形があって、猫がいるのでガラスを割られるかもしれず、危ないし、「うちの家には要らんわぁ…」と思うけど、捨てるのも可哀想だし、ひょっとしたら有名作家の人形だったら、お宝かもしれないしなどなど、これまた迷う迷う。

押入れもスカッとさせて、外にはみ出していた生活用品を押入れに片付けて、スキッとした家を想像しては、早くそうなりますようにと、期待感が高まります。

家の前にたくさん植えてある木々は、いつか息子が、広い土地のある農家だったような家に移り住んで、地植えにしてくれたら、最高なんだけどな〜。

それだけは、そのときのために残しておきたい私です。

2017/07/09

「気持ち」の話

アナスタシアの6巻(一族の書)に、宇宙の叡智は「気持ち」の中に含まれていて、「自分の気持ち」を感じることで、その中に全ての答えが含まれているというような下りがありました。

「気持ちって何よ?」と、最初はハテナマークがいっぱい飛んでいた私ですが、ふと、いつも猫や犬たちと心を通わせる時に私がやっていることを思い出しました。

それは、「テレパシーで動物と話をしたいとき、気持ちを込めると伝わりやすい」ということなのです。

猫に何かしてほしい時などは、気持ちを込めるとすぐに思い通りに動いてくれたりするんですよね。

たとえば、遊びの時間が終わって、自分たちの決まった部屋に帰ってほしい時、口だけで命令しても猫は絶対に言うことを聞いてくれません。

そんな時は、猫たちを愛おしく思う気持ちになってから、「はい、終わり〜!」と言うと、みんな走って帰って来てくれます。

猫は喋らないから、何かを訴えたい時は、ボディランゲージや目で伝えてくれますが、その時に、猫の気持ちを感じるように努力していると、ふと、してほしいことや言いたいことが頭に浮かんで、実際その通りだったということがよくあります。「これって、テレパシーよねー。」みたいなことが。

気持ちって、平凡だけど重要なことだったんだと、猫のテレパシーのお陰で、すぐに納得がいったのでした。

雨の日に犬の散歩をする時も、ドアを開けた途端に止むことがよくあって、「チェリーは晴れ男やなぁ〜。」と言っていたのですが、それも、もしかすると、「気持ち」を使って雨を止ませていたのだったりして。

「気持ち」は、この宇宙を創造した神の意識とつながるツール。

いつでも「気持ち」を感じている動物たちは、「気持ち」を感じることを忘れてしまった人間たちに、教えてくれる教師なんだなと思います。

(じゃ、食べたりしたらダメですね…^_^;)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

他のアカウント