« 猫おばさん考 | トップページ | 感じ方の違いで幸せにも不幸せにもなる »

2017/06/14

人しか救えない

人に食べられるために生まれて来る動物がいる。

俗に言う家畜。

殺されるために生まれて、文句の1つも言わない家畜たちを、「神々しい」とダンナが言いました。

揚げ足をとるようだけど、私は疑問に思いました。

救えるのは、そのことに気がついている人間だけなのに、「神々しい」とただ感心して、見ているだけで良いのかと。

自分は食べないから良いとしても、食べない人を増やすようにしていかないとダメなんではないかと。

人間が、食べるのをやめたなら、殺されなくて済むのだから。

家畜の道を選んだからこそ、爆発的な数を増やすことができたのだから、ある意味、種を増やすために人間と取引したようなものだと、息子などは言います。

数が増えさえしたら、狭い檻に閉じ込められて、親は子と引き剥がされて、人間に食べられるために短い一生を終える、それで良いのだろうか?

豚も牛も鶏も土を踏んで草を食べたりしたいだろうに?と私は思います。

「自然は神が人に与えたもの」と、考えるキリスト教的な考え方が、私は嫌いです。

« 猫おばさん考 | トップページ | 感じ方の違いで幸せにも不幸せにもなる »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/65408784

この記事へのトラックバック一覧です: 人しか救えない:

« 猫おばさん考 | トップページ | 感じ方の違いで幸せにも不幸せにもなる »

他のアカウント