« 音信不通になったボランティアさんのこと | トップページ | 人生ってあっけない »

2017/05/26

ミポリンとチュンリー

ミポリンは、生命力が強いというか、「生き力」があるというか、要領も良くて素早くて頭が良い猫です。

仔猫時代はさぞかし可愛らしかったと思われるキジ白ハチワレで、パッチリとした深い森の奥の湖のような緑色の目をしていて、その瞳でじっと見つめてくるのです。

猫様のトイレの掃除をしていると、側に来て、「ファンファーン」というような声で呼びます。

チュンリーは、三毛美という三毛猫から生まれたキジ白ハチワレで、お父さんがヨモギちゃんというチンチラゴールデンです。

ヨモギちゃんはペットショップの種猫で、元は「ダンナ」と呼ばれていたらしいけれど、引退して里親さんにもらわれていくことになり、去勢するまで一晩うちで預かった時に、まだ5ヶ月だった三毛美に素早く種を植えていったのでした。(さすがはダンナと呼ばれるだけあって素早かったなぁ)

三毛美は、自分が育てられたように、何故だか仔猫たちを押入れのスノコの隅に一直線に並べて隠していて、ユニークな育て方に笑ったことでした。きっと野良猫のお母さんが、三毛美たち仔猫を土管とか側溝に並べて隠していたのでしょう。

チュンリーはお父さんに似て、少し毛がフワフワで、目もパッチリ、声は可愛らしいおっとりした猫なのです。

ミポリンとチュンリーはどちらも1999年生まれで、今18歳。

うちは、缶詰タイムがあって、猫缶を小皿に取り分けて、年寄り組に配るのだけど、ミポリンの素早いことといったらこの上なくて、自分の分は残したまま、チュンリーの分を横取りするのです。

ミポリンのお皿を素早くチュンリーの前に置き換えて、「早くパクパクッと食べなさい。」と見張るのが私の役目になっています。

この可愛らしい2匹の猫が後どれくらい生きられるのかわかりませんが、自分の年を考えて、若い猫は家に入れないと決めているから、1日でも一緒に暮らせますようにと、思っています。

母が亡くなってから、自分の年と母の亡くなった年を勘案したら、あと23年しかありません。

毎日、生きるために忙しく働いているうちに、あっという間にその日が来そうで、残された日々を大切に、猫たちを慈しんで生きたいと思っています。





« 音信不通になったボランティアさんのこと | トップページ | 人生ってあっけない »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/65328905

この記事へのトラックバック一覧です: ミポリンとチュンリー:

« 音信不通になったボランティアさんのこと | トップページ | 人生ってあっけない »

他のアカウント