2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 条虫退治ばかりのおじさん | トップページ | 父の水泳訓練 »

2017/03/21

庭のしつらえ 大阪市の変遷

私は小さな不動産屋の娘でした。建売住宅を扱っていて、現場を見せてもらったりすることもありました。

私が子供の頃といえば、今から40年くらい前の大阪市の建売住宅には、小さいながらも庭が付いていました。

「庭付き一戸建て」というのが、当時の人々の憧れであり、みんな競って小さな庭に木を植えていました。

それが、バブル期になると、とても狭い土地の上に、三階建住宅を建てるのが主流となり、一階は駐車場とお風呂、余裕があれば和室というような設えとなり、リビングが二階、三階は寝室と子供部屋という間取りが普通の建売住宅の様式になっていきました。

それと同時に、庭のスペースはどんどん削られていき、庭木はシンポル的に一本あれば良い方、小さな花を寄せ植え程度に植えたりすることが増えていきました。

私が子供の頃に建った家は、今、建て替えされることが増えていき、次に建った家は三階建の庭無しが多いです。

植えられていた庭木はどこへ?きっと処分されたんだろうな…

道路が全てアスファルトに変わった後は、家が庭無しになって、私が知っている景色がどんどん変わります。

効率で考えたら、庭無しが手間もかからないし良いかもしれませんが、鳥たちの休憩できる枝もなくて、殺伐としてきました。

ふり仰ぐと、街角には防犯カメラがあちこちに付いていて、私には息苦しい街になっていってます。

まぁでも、庭木の運命は住んでいる人がいなくなると終わりのことも多いから、初めから無い方が良いとも言えるし、見方によっては善し悪しの判断はつきにくいのかもしれません。

「犬猫のように庭木を救うボランティアがたくさん現れて、杉林に植えていってくれないかな。そうしたら、杉林が雑木林になるのにな。花粉も少なくなるんちゃうんー。」などと、妄想が膨らむ私です。

« 条虫退治ばかりのおじさん | トップページ | 父の水泳訓練 »

ラピュタ計画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/65048187

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のしつらえ 大阪市の変遷:

« 条虫退治ばかりのおじさん | トップページ | 父の水泳訓練 »

他のアカウント