« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/24

日系人が飼ってた三毛猫の話

言葉が少したどたどしいなと思っていたら、日系ブラジル人だったという方がいました。

年は50歳は過ぎていたかなぁ。

捨て猫だった三毛猫を1匹飼っていて、大切に可愛がっていたようでした。猫の性格をみたら、大切に扱っているのが感じ取れました。

彼女は一人暮らしで、日本に働きに来ていたようでした。

ある日、動物病院に一人で現れて、医者から舌癌だと言われ、入院することになっていると言うのです。
その間、三毛猫を預かってくれないかという相談でした。

手術で、舌をほとんど取らないといけないらしく、退院後は話ができなくなると医者から言われていること、麻酔で死ぬかもしれないこと、けれども猫を放ったらかして入院もできないのに、日本の知り合いには断られるし、預かってもらえるところがなくて、ここに相談しに来たと言うのです。

孤独に一人で暮らし、捨て猫を可愛がっているこの人が、私はとても可哀想に思えました。

猫のことを心配して、さめざめと泣く姿に私は心を打たれて、後先顧みず、入院の間、預かる約束をしました。「万が一の時は、自分が引き取って里親探しもします。」と、気がついたら言ってたんですよね。

ご本人はとても喜んで、涙を流しながら「ありがとう」と言ってくれました。私も「いいことしたな〜。」と思ったことでした。

約束の2週間が過ぎて、果たしてお迎えに来てくれるのだろうかと心配になってきた頃、彼女は満面の笑みで三毛猫を迎えに来ました。

舌癌が前よりもとても小さくなっていて、手術の時に担当の先生も驚いていたこと、舌は全部取らなくてもすみ、ほとんど残ったので普通に話ができるのだと、教えてくれました。

一体、どんな奇跡が彼女に起こったのだろうと、今でも不思議です。

先日、洋猫ミックスの猫ちゃんのことで私は助けることができなかったから、どうしてあの時は助けられて、今回はできなかったのだろうと、考えていました。今回のことで、前にした善行はプラマイゼロになってしまったような気がしました。

違いがあると言えば、飼い主さんの猫に対する思いかなと思います。猫を心底心配しているのか、邪険に思っているのか。

今思えば、邪険に思われている洋猫ミックス君を助けてあげたかった。猫目線で考えると。私は人目線で断ったんだと思います。

今からでも助けられるだろうか?
昨日は動物管理センターにはまだ来ていないとのことだったけど…
そんな考えがグルグル回る今日この頃です。

2017/02/23

高齢者と猫

あぁ、胃が痛い。

「猫の性格が急変して怖いから、なんとかしてほしい。」と相談に来た高齢者がいて、ダンナが私に振るものだから、ここ数日、悩んでいたのです。

なんとなく安楽死させてほしそうな雰囲気だったらしく、まだ5歳にもなっていない健康な猫を人間の都合で死なせるなんて無理なダンナ。

電話で話をしてみたら、まるで駄々っ子のような感じで、理性というものがほとんど感じられないのでした。

対処法を色々説明しても、できないの一点張り。アラフォーと思しき娘さんまで出てきて一緒に泣く始末。二人して子供みたいな感じ。

「どーなってるの。」が正直な感想でした。

つい先ほど、電話がまた入り、「お母さんが完全に変になっているから、これ以上は無理。」と言って泣き出す。

そう言われても、私にどうしてほしいのだろう?今すぐ迎えに行けということだろうか?

泣いている女性に変わって、その人の姉という人が電話を変わったので、比較的冷静だと思って疑問点を聞いてみた。

「お母さんは、変調をきたしてから医者にはかかったのか?」ということを。

すると、親を異常者扱いしたと言って怒り出す。

皆さん猫が原因だと決めつけているけれど、実は人間の方がおかしくなっていて、猫が異変に気がついて怖がっているかもしれない。

それを猫のせいにして、殺処分した後に「実は人間が病気になってたからでした。」とわかったら、殺される猫はどうなるの?と、私は思うのに。

何一つ大人の対応ができていないから、認知機能やそのあたり、専門的に調べてもらってから、猫のことも対処していけば、平和裡に終わるかもしれないと思っていたのに、親を馬鹿にされたと怒り出すし、こっちも「夜中に電話かけてきて泣かれて怒られて何なん?」と腹が立ってきてしまって、交渉は決裂して電話を切ってしまいました。

洋猫のミックスで、ペットショップで売られていたそうです。
生後4カ月で売れ残っていて、人と交わりが少ない環境で育った猫を、何も知らないお年寄りを騙して買わせたのではないかと感じます。
契約書には返品不可と書いてあって、店には相談できないということでした。

「だからといって、うちに相談されても引き取れないのになぁ〜。」と思いつつ、「1カ月5000円として、10年で60万、50万に負けて引き取ってみる?」などと、昼間に仕事しながらダンナに話を振ったりしてたんですが。

決裂したので、もうその話も無しになりました。

かわいそうな洋猫ミックス君。
ペットショップで買うのは、これだからダメなんです。

今後、高齢者にまつわるペットの話も増えてくるのだと思います。60歳を過ぎて、子猫をショップで買うのは、絶対やめた方がいいと、私は思います。

2017/02/22

「むーしゃん」のこと

今年18歳になるミポリンの生んだ子で、「むーしゃん」という子がいました。

背中がシャム色で、お腹と手足が白くて、顔がハチワレ。

ミポリンに似て、とても賢くて男前でした。

仔猫時代は何でも楽しそうに家の中でチャレンジして遊んでいましたが、1歳になる頃には、家の様子をハッキリと認識したようでした。

どんな認識かというと、「猫だらけの猫地獄」でした。

むーしゃんは賢かったから、他の子よりも早くそのことに気がついたみたいでした。

一歳を過ぎた頃から、寂しそうなつまらなそうな顔をするようになりました。

少し広い家に引っ越しをしたのですが、それでも、むーしゃんを元気づけることはありませんでした。

私の体調が悪くて、遊んであげたりすることもできませんでした。部屋の掃除と御飯をあげるだけの日々でした。

太陽の光もほんの少ししか差し込まない部屋で、食べて寝るだけの毎日。

むーしゃんは、引っ越しをして2年くらい経った頃、体調を崩して、まだ8歳くらいなのに、天に帰っていきました。

猫地獄から逃げるには、死ぬしかなかったかのようでした。

今頃、天国で自由に飛んだり遊んだりしていてくれたらいいなぁ。

私も、むーしゃんの姿を見ていて、自分の環境が、とても不自然で不幸をもたらしていると思うようになりました。

半野良の飼い方が一番猫に合っていると思うのに、人間が自然を無くしてしまったから、猫も不自然に生きることになったんだと。

人の目なんか気にしないで、出入り自由にさせてあげたかった。

ミポリンをみていると、むーしゃんのことを、ふと思い出し、「ごめんなぁ、むーしゃん。」と言っている私です。

2017/02/19

私のカテゴリーが不明な件

私のカテゴリーって、何だろう?と最近思うのです。

左のようで左でない。
右のようで右でない。

ダンナに、「何やと思う?」と聞いたら、「愛国主義?」という返事。

うーん、アナスタシアも愛国主義は大事って言ってたし、まぁいいか。

とりあえず、地球を大事にしてほしい。人間は欲望を制御しないといけない。

地球の中の日本に住んでいるから、日本も大切。食料自給率とか。

だけど、よその国に戦争しに行ったりするのは嫌。平和がいい。

新自由主義の日本の政治家は売国奴だよね。水道民営化とか種をモンサントにしていくとかはNGですわ。

かといって、私の気にいることを演説する政治家も、迂闊に信用したりしない。だって、釣りかもしれないし。

こんなんだから、私ってどのカテゴリーにも属さないよね…と、思ってしまうのでした。

愛国主義でもないと、私は思う。韓流ドラマ大好きだし。

愛星主義かな。どっちかって言うと。

この世から武器が消えてしまったら、愛星主義でいいのにな…と思います。

2017/02/16

野口先生の話

小学三年生の頃、初めてクラブ活動なるものがカリキュラムに入ってきて、希望のクラブを第一希望、第二希望と、プリントに書いて提出させられました。

私は、第一希望は家庭科部と書いたのに、蓋を開けてみると、全然希望した覚えのないクラブに決まっていました。

それは「園芸部」でした。

「そんなの書いたっけ?」提出してしまったからプリントを確かめようもなく、第二希望は園芸部って書いたのかなぁ???と、「?」マークを頭からたくさん浮かばせながら、園芸部の教室に行きました。

そこには、学校で一番怖そうだと思っていた野口先生が待っていて、「あーあ。」と思ったのでした。

漫才の「いとしこいし」のメガネをかけた方に雰囲気も声も似ていましたが、声が低くてガラガラだし、眼光が鋭い気がして、私は縮み上がってました。部員も三人くらいしか集まっていませんでした。

その野口先生が、意外や意外、植木が好きで、植木の世話の仕方をいろいろ教えてくれたのでした。

大きなゴミバケツに毎日水を汲んでおいて、翌日の朝早くに、根元にヒシャクでたっぷりと水をかけるとか、なんで水を汲んでおくかというと、植物は水道水の塩素が嫌いだから、一晩おいて、塩素を抜いているんだとか、そんな事を教えてくれました。

あの頃に、植木たちと親しんだせいか、私は同年代の人たちの中では植物好きの部類に成長しました。

夏休みに、毎朝校庭の木の水やりに行ってたと思うけど、ほとんど記憶がありません。たぶん、夏休みの宿題さえ真面目にしない私だったから、三日坊主だったんじゃないかと思います。野口先生、尻拭いを夏休みの間中したのではないかと、ギクリとしました。

野口先生は、あの頃ですでに50がらみだったし、43年も経っているから、この世に居ないかもしれない。

でも、水撒きのことをいろいろ教えてくれて、ありがとうと思います。

いろんな人に助けられて教えられて、私は大きくなったんだと、今更ながらに気がついた私です。

2017/02/15

結局、東芝だったのだなぁ

リーマンショックのちょっと前にみていた「誰もが知っている製造業の会社が倒産する夢」は、あの後いろいろあったけど、結局、東芝だったのだなぁと、今となっては思います。

夢をみてから9年くらい経って現実になった、東芝の経営危機。

実際のところ、他の企業に買収されたりして、露頭に迷う社員は少なそうだと、ダンナはネットのニュースを読んで教えてくれました。医療機器もキャノンに買収されてたし。

それなら良かった。

でも、夢の中で一番問題になっていたことは、銀行の連鎖倒産だったから、どうか、銀行も持ちこたえてくださいと、祈る気持ちです。

原発事故の後始末の全責任を負っている感じの東芝。
外国にばら撒くお金があったら、東芝を助けたら良いのにと、思ってしまう私。

原発事故の前に買収したアメリカのウェスティングハウス社という原発関連の会社って、ダメダメだったらしいし、福島の事故のせいで、買収の代わりにアメリカで受注するはずだった原発の建設が、頓挫してたりして、全然割りが合わなかったとかなんとか。

でも、ウェスティングハウス社って、原子力潜水艦なんかの軍事技術ノウハウがあるらしいから、中国なんかに身売りしたくてもできないとなれば、それはそれで、日本沈没の序章となりそうで、こわいですね。

アメリカに引き取ってもらえないかなぁ。(多分無理)

日本はアメリカの金づるなんだなとか、自民党政権はアメリカの傀儡政権で、独立した国のようで本当は属国なんだろうなとか、最近はそんなことを思ってしまって、チャンネルを回していて国会答弁で誰かさんの声を聞いてしまうと、「ヒイイッ」と言ってチャンネルを変える私です。(韓流ドラマがええわ)

道理で自民党以外の時に大地震が起こるわけだとか、そこまでいくと陰謀論すぎてアレなんですが。

「無きにしも非ず」と思えるんですよね。

2017/02/14

クリコの話

猫の話と思った方、残念でした。

クリコは、小学校の時の同級生で仲が良かった子です。

1年生になったばかりの頃、隣の席に座っていた名前の順番が近い子は、慣れて来た頃に家が近い子のグループに入って、私は一人ぼっちになりました。

人見知りが激しいもの同士、仲良くなれて嬉しかったのに、その子は自分だけ何処かへ行ってしまったのでした。

学校生活が始まったばかりなのに、卒業まで一人で過ごすのかと思うと、暗澹とした気持ちになりました。

教室を見渡すと、私みたいな子がもう一人いました。

机のところに座ったまま、休み時間をやり過ごしている子が…

それで、何となく近寄って、話しかけてみたら、だんだん打ち解けて、仲良くなっていきました。

クリコは、鞠つきの遊びや、「せっせっせーのヨイヨイヨイ」と言って手を合わす遊びをたくさん知っていました。

こんな楽しい子と友達になれて、私は嬉しかったです。

クリコは鉄棒の技もすごかったんです。
「連続前回り」「連続逆上がり」はお手の物で、男の子たちがやっている、鉄棒から手を離してピョーンと着地するような離れ業までやってのけました。
体操教室に入れてもらっていたら、オリンピックに出られたかもしれないなと、今では思います。

クリコとは、1年生、2年生で同じクラスで、その後も何度か同じクラスだったので、よく遊びました。

妹の名前はヒロミといって、いつもヒロミとクリコは放課後一緒でした。

お母さんが働いていて、団地の家には、おばあちゃんが留守番をしている家の子でした。

今頃、どうしているのかなぁ。
元気でやっているのだろうか?
6年生の時に、私は転校してしまい、それっきりになりました。

鉄棒を一緒にしたおかげで、体が弱かった私も、「連続前回り」や「連続逆上がり」ができるようになり、運動神経がけっこう良いんだと思えるようになったのも、クリコのおかげでした。

ありがとう、クリコ。

2017/02/07

風邪予防あれこれ

もうすぐ冬も終わるけど、風邪予防で私がやっていることなどを書いておこうと思います。

犬の散歩の時に、道で会ったご近所の60代の女性…すぐ風邪をひいて困っているとのこと。そして、すぐに風邪薬を飲んでいるらしい。

観察すると、年齢とともに髪の毛が薄くなって来ているのに帽子をかぶっていない。髪は寝癖がついている。マフラーではなくてスカーフを巻いているだけという出で立ちでした。

私の第六感が発動すると、この女性が気をつけるべきことが目に浮かびます。

* 風呂上がりにドライヤーで髪を乾かしていないか、または乾かしたつもりでも後頭部が乾ききっていないのに寝てしまう。
* 背中の冷えに無頓着である。
* 首元、足首や手首、首のつくところを冷えから守っていない。
* 風邪薬を飲むので、さらに自分の免疫が弱くなっている。

以上のことを簡単に説明して、別れたけれど、多分、守ってくれないんだろうな。

人って、大した肩書きの無い人からの助言は聞き流して、テレビで言ってるお医者さんの話とかは聞くんだから。

私は、冬は、首と字のつくところを守るし、風呂上がりの汗が引いた後の湯冷めにも気をつけています。
頭が冷えると痛くなるので、風呂に入った後、ドライヤーで乾かした後も、完全に乾くまで、軽めの毛糸の帽子を被ったりすることもあります。

東洋医学では、風という字のつくツボが、後頭部や背中の上の方にあるのです。
風府、風門、風池など。
これらのツボは、風の邪気(風邪)が入ってくる入口のようなところで、これらのツボのある場所をおろそかにしていると、風邪を引きやすいのです。

いつか、誰もが認めるオババ様になってからでは遅いので、とりあえずブログでお知らせしておこうと思います。

動物の例えって悪いのが多い

動物に例えられる悪い例として…

「ハイエナのような奴だ。」
「ウジ虫ども!」
「虫ケラどもめ!」
「女狐め!」
「古狸」
「ハゲ鷹」
「あいつは〇〇の犬だ。」
「猫をかぶりやがって!」
「蛇のように執念深い。」
「爬虫類人間め!」

他にもたくさんあると思うけど、私は最近、これって動物に申し訳ないなと思うようになりました。

動物たちは、自然を壊したりしないし、欲深くもなく愛情深いのに、人間が勝手にこんな例えを使っている。

動物たちに話ができたら、きっと悪い物の例えは人間になっているんじゃないだろうかと思います。

「人間のように嘘つきだ。」みたいな感じで。

2017/02/06

人工知能が仕事をするようになったらどうなるんだろうなぁ Part2

前回、ダークなイメージの未来を思い描きました。

資本主義の国の多くは、そういうことになりかねない気はしますが、もしも、企業が全て国営化されるとしたら、ベーシックインカムは、可能になるかもしれないと思います。

「それって共産主義だよね〜。」日本にとってはハードルが高そうですが、ロシアとかだったら、すぐにできそう。

最終的には、欲しいものを手に入れるために、お金が必要なくなる世界。前回は、お金が必要前提の世界を想像したのですが、お金が必要無い世界の方が、何となく人に優しい世界のような気がします。

仕事をする必要がなくなった人類は、芸術に没頭したり、畑仕事をしたり、人工知能にはできない職人技の人になったり。

いいなぁ〜。

でも、これには人間が越えないといけないハードルがあると思います。

それは、「欲望のコントロール」。

欲望とは、「自分だけ」と思う心。
自分だけ助かりたい、自分だけ良い思いをしたい、そういう類の欲望。

もう一つ、これがあればすぐにでも人類の機能不全が治りそうなこと。

テレパシー。

テレパシーがあれば、嘘をつけなくなるので、邪な欲望のために他人を陥れて、自分だけの幸せを求めることが、できなくなると思います。

テレパシーがなくても、嘘をつかなければ良いのですが、相手にバレないと思ったら、いくらでも嘘をつくのが人類ですから…

宇宙から、人類の行く末を観察しているグループが、もしもあるとすれば、まさにこのハードルを人類が越えられるかどうかを見ているのかもしれないと、何となく思いました。


2017/02/05

情報化社会の波が襲いかかるわぁ。

最近は、テレビのCMではなくて、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、「なりすまし自作自演」みたいな宣伝が流行っているのですね。

少し前に、人気ブロガーがオススメする商品が飛ぶように売れたりするというのを知りましたが、最近は人気ブロガーではなくて、一般人(なりすまし含む)が、ツイッターで呟いて拡散されたりして売れるようになったりするみたいです。

どうしてそんなことを言うかというと、犬の薬などで新薬が出ると、獣医師の立場としては、「どんな副作用が出るかわからないし、少し様子を見てからにしよう。」と思うのですが、ダンナが様子を見ようと思っている薬が、来院した犬の飼い主さんに、「先生とこ、あの薬入る?あれいいらしいねー、入れて入れてー。」という感じで頼まれることが増えてきたのです。どこでそんな情報を仕入れたのか尋ねると、「ネットで。」と言われるとか。

頑固に「副作用がー。」と言っていたら、他の病院に行ってしまうかもしれないなどと、ダンナが焦っております。

もう一つ、この前、「うちの動物病院の評判とかあるのかなぁ?」と思って検索してみたら、17件も評価がある動物病院検索サイトみたいなのがあって、うちは頼んだ覚えもないのに17件もあるので、早速読んでみたのです。

そしたら、17件のうち15件は、「実際にきている人の話だな、多分あの人だ、ありがとう。」と思うことが載っているのですが、2件、心当たりのない「星一つ」評価があって、そのうち1件は完全に「なりすまし自作自演」だと思えるようなことが載ってました。

よく観察すると、同じ人が近所の動物病院を1年前に褒めまくっていて、それなのに1年後にうちをけなしまくってたのでした。

近所の動物病院の関係者がやったのか、サイトの運営者がやったのかわかりませんが、このサイトに広告料を支払っているところには
星一つのけなす評価がないところを見ると、多分慌てふためいてサイトの運営者に「早く消して。」と申し込んでくるのを手ぐすね引いて待ってるんだろうなということが慮られました。

「何この罠みたいなのは!動物病院の弱みに付け込んだ悪徳商法めー!」と、叫んだのは言うまでもありません。きっと、全国から集まった広告料で今ごろウハウハなんだろうな。

「もう犬猫の神様にバレてしまったから、運営者さん、長生きできないかもしれませんよ。」と、言っておいてみよう。(あーあ)

2017/02/04

人工知能が仕事をするようになったらどうなるんだろうなぁ

「人工知能が仕事をするようになったらどうなるんだろうなぁ〜。」と、最近思うのです。

人工知能(AI)が人間の代わりにできる仕事が増えると、仕事の無くなった人は、どうやって食べていくんだろうか?

ベーシックインカムとかいうアイデアがあって、「国が、生活に困らない程度にお金を配ってくれるんだろう。」などという、甘くさい話もチラホラとネットに流れてますけど…

西太后の生まれ変わりを自称する私としては、「金が全てみたいな世の中に、そんな甘い話があるか?」と思うわけなんです。

もしも、そんなお金を配るとしても、世の中の役に立たないと思われる人に、そんなお金がどこから湧いてくるのだろうか?

ロボットで人件費を削減できている企業から税を徴収するのだろうか?企業はせっかく人件費を節約したと思っているのに増税されたら怒るだろうなぁ…とか。

「私が支配者だったら、先ず人口削減しますなぁ。」みたいな。

役に立つ人間は残しておかないとダメなので、振り分け作業をしないといけないな。その仕組みって、どうなっているのだろう?

老人が医者に行くとすると、医療のジェットコースターに乗せて、薬漬けで早めに寿命を全うさせて、医療費と葬儀費用で預貯金ゼロにしてから死んでもらって年金の節約とか、私だったら考えるなぁ。(西太后の私だったら)

だからと言って、騙す方も悪いけど、騙される方も悪いということで、何でも自分で判断せずに、誰かの言いなりになっているからそうなるんだと言っても、情報源がそっちの方向に誘導するものばかりだから、ほとんどの人は、そういう風に削減されてしまうのだろうか。

農業もロボットがするようになったらツマラナイなと思うし、科学なんか発展してくれなくてもいいのになと、この頃思います。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

他のアカウント