2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 暗闇で光を探してるモヤシのようなもの | トップページ | 猫が母親みたいな存在だったと思う話 »

2017/01/13

寒さを痛みに感じる

歳のせいなのかと思っていたけど、どうやら免疫も介在している可能性があるのでメモっとこうと思います。

先日、腹を立てて乾癬になったっぽいという話を書きました。
それと同時に私の体に起こっている異変があるのです。

それは、冷たいと感じるべき時に、痛いと感じてしまうことなのです。

痒みと痛みはよく似ていて、紙一重のような感覚だったと思うのですが、wikipediaでもそのように説明されていました。

乾癬で、痒い痒いと思っている時に、同時に左手首の外側の出っ張り(尺骨茎状突起といいます)に水道の水が当たると、普通は「冷た!」と思うところが、「痛!」と思うようになっていたんですよね。調べたら異痛症と言うそうです。

どうも、異常に痒みを感じたり、冷たいを痛いと感じるのは、神経繊維が何かに侵食されたりしているのではなかろうか、と、勝手に思っているわけなんです。

西洋医学でも、現段階ではまだ研究途上のようですが、ググってみると、マスタードやニンニクに反応する受容体と関係有りだとか。
わずかな寒さを「痛み」として感じる理由

私のように、体全体が何かのセンサーみたいに敏感な人は、この受容体の閾値が低いのかもしれません。

でも、なんで乾癬と異痛症なんだ?
痛みを感じる神経繊維が自己免疫によって変になってしまうと、こんな風になるのだろうか?
私が言えるとしたら、やっぱり心の状態とストレスが病気の原因なんだろうなということです。

それとも、家の中を巡っているWi-Fiの電波でなっているのだろうか?
その二つともが原因となって発症したのだろうか?

そんなことを考えています。

« 暗闇で光を探してるモヤシのようなもの | トップページ | 猫が母親みたいな存在だったと思う話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64756078

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さを痛みに感じる:

« 暗闇で光を探してるモヤシのようなもの | トップページ | 猫が母親みたいな存在だったと思う話 »

他のアカウント