« 猫が母親みたいな存在だったと思う話 | トップページ | 耳カット事始めの話 »

2017/01/20

結婚式に着ていく服の話

私が若い頃はバブルの真っ盛りでした。みんな服装が派手で、色も派手でした。

結婚式に着ていく服は、場を盛り上げるために、友人女子は、華やかな彩りを与えるパーツのような扱いで、振袖か華やかなドレスを求められ、地味は御法度だったのです。

少し前に結婚式に呼ばれることがあって、当然のごとく、派手な色の着物をリフォームしたドレスで挑みましたら、他の招待客がほとんど黒かグレーの洋装で、私だけ目立ってしまって、恥ずかしかったのでした。

結婚式なのにお葬式みたいに、みんな黒いんです。

いつからこんなに目出度い席でも黒い服で行くのが常識になっていたんだろうか…私は浦島太郎になった気分でした。

結婚式は派手に行きましょうよ。
その方が景気も良くなりますよ。(知らんけど)

« 猫が母親みたいな存在だったと思う話 | トップページ | 耳カット事始めの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64788378

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式に着ていく服の話:

« 猫が母親みたいな存在だったと思う話 | トップページ | 耳カット事始めの話 »

他のアカウント