« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017/01/22

庭井人の見分け方

私が住んでいるところは、代々古くからこの地で育った人たちと、外から引越しなどで入ってきた人たちが混在しています。

ここにかれこれ腰を据えて20年くらい経つと、地の人たちとも仲良くなって、挨拶をして普通に雑談などもするようになりました。

それで、地の人かそうでないかを見極めようとする時、目安になる言葉があるのに気がつきました。

それは、とても寒い日に、普通だったら「寒いですねー。」と、いう場面で、庭井人は、「冷たいですねー。」と言うことです。

仕事でいろんな人と会いますが、冷たいですねーと言う人は、この辺りでは庭井人しかいないような気がします。

「冷たいですね」というのは、外の地域ではどちらかというと、人間性に対して言うのが普通ですが、庭井人は気候に対して言ってます。敢えて外の地域の人が言うとしたら、「風が」という言葉を前に付けるでしょう。

大和川の付け替え工事で村が分断されて、お上に見捨てられたおかげで、現代の大阪市に残された貴重なガラパゴスである庭井という地が、永遠に続きますようにと願う私です。

耳カット事始めの話

今から10年ちょっとくらい前は、耳カットはまだメジャーな感じではなく、誰も知らなくて、私たちも「そんなん耳カットなんか可哀想やんか。」と言っていたのです。

けれど、野良猫の避妊手術をする人が増えて、避妊済みのメス猫が捕獲されたら、避妊済みの印がないので、お腹を開けて調べないといけないことが何度もあり、「耳カットしてなかったら、可哀想やでぇー。」と言うようになりました。

それで、耳カットをしていこうということになりましたが、やり方がわかりません。ボランティアさんに聞くと、白鷺犬猫病院の院長先生ができるということを聞きました。

それで、白鷺犬猫病院の院長先生とは一面識も無かったのですが、電話をかけて、教えて頂けないかとお願いしました。

院長先生は快諾されて、やり方を電話で教えて下さいました。そのやり方をずっと今まで続けています。

白鷺犬猫病院の院長先生には、頭が上がりません。足を向けて寝られないと書こうとしたら、私は北枕で寝ていて、しっかり足が白鷺方面に向いていました。

私たちも、後から付いてくる若い人たちに、自分たちのやり方を伝えていかないといけないなぁと、思います。

白鷺犬猫病院の院長先生から教わった方法を、ここに記録しておきたいと思います。

耳はリンゲル液で湿らせたガーゼにイソジンスクラブをつけて、泡を立てて汚れを落とし、綺麗になったら泡を取り除く。

耳の下にガーゼを二つ折りにして敷き、さらにイソジンの消毒液を裏表かけて消毒する。

滅菌済みの眼科剪刀で耳先を90°の角度でカットする。(深くし過ぎないこと)

※眼科剪刀は、不要になったドレープをハンカチ大に切り、それに包んでオートクレーブに器具と一緒に入れて滅菌しておくと便利です。

クイックストップという血止めの粉をかけて、二つ折りにしたガーゼを挟み込み、洗濯バサミで留めておく。

避妊去勢後に、洗濯バサミを外し、イソプロピルアルコールを浸ませたガーゼでクイックストップとイソジン消毒液を、そっと落とす。(強くすると出血することがある)

以上。

血を止めるのに、焼きごてを使う先生もいるらしいと最近知りましたが、ちょっと怖くて使ったことはありません。今のやり方が気に入っています。

耳カットがわからなくて、野良猫の避妊去勢を断っている若い先生がもしもいたら、参考にして下さい。

2017/01/20

結婚式に着ていく服の話

私が若い頃はバブルの真っ盛りでした。みんな服装が派手で、色も派手でした。

結婚式に着ていく服は、場を盛り上げるために、友人女子は、華やかな彩りを与えるパーツのような扱いで、振袖か華やかなドレスを求められ、地味は御法度だったのです。

少し前に結婚式に呼ばれることがあって、当然のごとく、派手な色の着物をリフォームしたドレスで挑みましたら、他の招待客がほとんど黒かグレーの洋装で、私だけ目立ってしまって、恥ずかしかったのでした。

結婚式なのにお葬式みたいに、みんな黒いんです。

いつからこんなに目出度い席でも黒い服で行くのが常識になっていたんだろうか…私は浦島太郎になった気分でした。

結婚式は派手に行きましょうよ。
その方が景気も良くなりますよ。(知らんけど)

猫が母親みたいな存在だったと思う話

高校生の時に両親が別居してしまって、父は仕事と遊び(付き合いでということになってる)に忙しかったから、私にとって、身近にいる大人のモデルは祖母くらいしかいませんでした。

他にモデルになる人をみつけたくても、付き合いが希薄で、コレだ!という人物がいなかったのです。
それで、ドラマの登場人物だとか、小説の主人公とか、「誰かおらんのかい!」と、探し回ってましたが、みつかりませんでした。
なぜって、現実に生きていないし、本物ではないからです。

その頃、フラウボウという名の猫を飼っていて、その猫がとても賢くて、その猫を観察することによって、私は生き方の手本とした部分が多々ありました。

フラウボウは現実に生きていて、日々獲物をとったり、泣いている私を慰めたり、仔猫を産んで育てて見せたりしたからでした。

フラウボウは、いつも動じることがありませんでした。
「よく観察する」をモットーにしているみたいでした。
それから、「君子危うきに近寄らず」もモットーにしているようでした。

落ち着いて観察するために、そーっと人目につかない場所に隠れたり、高いところに素早く逃げたりするのが上手でした。無駄な喧嘩はしませんでした。けれど、いざとなれば、ハッキリ「否」と意思表示ができるのでした。

毎日獲物を獲るので、人間を頼らずとも生きていける猫でした。

ハエが家に入ったら、もう命はありませんでした。壁にとまったところを、バシッと両前脚で捕まえてしまうのでした。ゴキブリもそうでした。

フラウボウの自由を尊重するために、私は嫁に行く時にフラウボウを連れて行きませんでした。
婚家にはシェルティーを室内飼いしていたし、猫を連れて行く嫁も変かなと思ったからでした。
婚家は北陸の地方都市にありましたが、街中にあり、大阪の私の実家の方が当時は自然が残っており、フラウボウにとっては住みやすそうでした。

でも、新婚旅行から新居に着いた途端に、「もうフラウボウと暮らせないのだ」ということがヒシヒシと感じられて、新婚早々、落ち込みました。その日は曇り空の日で、車で家の前に着いた時のドヨーンとした気持ちは今でも忘れられません。(笑い話ですけどね)

もちろん、周りに生き方のモデルにしたいと思う人もいませんでした。

「自分は、新郎よりも猫の方を愛していたのだろうか?それなのに特急で3時間もかかるところに嫁に来てしまったのだろうか?」そんな疑問が心に渦巻いたりした、20代でした。

思えばアホな20代だったなぁと思います。

でも、私はフラウボウが生き方の先生で良かったなと思っています。今となっては化粧もしない少し変わったおばさんですが、それは、半分猫が入ってるからなんです。

2017/01/13

寒さを痛みに感じる

歳のせいなのかと思っていたけど、どうやら免疫も介在している可能性があるのでメモっとこうと思います。

先日、腹を立てて乾癬になったっぽいという話を書きました。
それと同時に私の体に起こっている異変があるのです。

それは、冷たいと感じるべき時に、痛いと感じてしまうことなのです。

痒みと痛みはよく似ていて、紙一重のような感覚だったと思うのですが、wikipediaでもそのように説明されていました。

乾癬で、痒い痒いと思っている時に、同時に左手首の外側の出っ張り(尺骨茎状突起といいます)に水道の水が当たると、普通は「冷た!」と思うところが、「痛!」と思うようになっていたんですよね。調べたら異痛症と言うそうです。

どうも、異常に痒みを感じたり、冷たいを痛いと感じるのは、神経繊維が何かに侵食されたりしているのではなかろうか、と、勝手に思っているわけなんです。

西洋医学でも、現段階ではまだ研究途上のようですが、ググってみると、マスタードやニンニクに反応する受容体と関係有りだとか。
わずかな寒さを「痛み」として感じる理由

私のように、体全体が何かのセンサーみたいに敏感な人は、この受容体の閾値が低いのかもしれません。

でも、なんで乾癬と異痛症なんだ?
痛みを感じる神経繊維が自己免疫によって変になってしまうと、こんな風になるのだろうか?
私が言えるとしたら、やっぱり心の状態とストレスが病気の原因なんだろうなということです。

それとも、家の中を巡っているWi-Fiの電波でなっているのだろうか?
その二つともが原因となって発症したのだろうか?

そんなことを考えています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

他のアカウント