« 自然から離れた人間がいる限り | トップページ | 植木屋と同じだったんだ »

2016/12/25

友人から聞いた話から

私は鍼灸師なので、鍼灸師の友達と話をする機会があります。

私自身は息子の専属みたいになってしまって、今は能力を最小限しか使っていないけど。

友人によると、幸せそうな大人しい奥様に、とてつもない怨念のようなものが体に詰まっていることを感じることが多いそうです。

友人の友人がサイキック能力がある人で、その人も、「百会に鍼をすると、そういう奥様から、白い何かが頭から噴き出して、それを上手によけないと、その後一日中、体調を壊して何も手につかなくなる。」ということでした。

友人の考察では、家庭を維持するために、自分が諦めたもの、夢、そういう「後悔の念」が、邪気となって残っていて、それが身体に不調をきたす病気という症状になると。

「ははぁ、わかるわー、この前、私も体に痒いのができて、そんなことを考えてたところだわ。」そう思いながら、興味深く話を聞きました。

私の体験談を話して来るのを忘れたなぁ…今度、教えてあげようかな。

幸せそうな大人しい奥様。

私は大人しくないし、お金持ちでもないし、腹が立ったらダンナにぶちまけているので、逆に私に口答えできないダンナの百会に鍼をすると、何が出て来るのかコワイです。

ダンナの百会から邪気を抜いたら、どうなるのか試してみたいなぁ〜。

« 自然から離れた人間がいる限り | トップページ | 植木屋と同じだったんだ »

鍼灸の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64673416

この記事へのトラックバック一覧です: 友人から聞いた話から:

« 自然から離れた人間がいる限り | トップページ | 植木屋と同じだったんだ »

他のアカウント