« 植木屋と同じだったんだ | トップページ | 寒さを痛みに感じる »

2016/12/25

暗闇で光を探してるモヤシのようなもの

ふと、「なんか私、モヤシと一緒やなぁ〜。」と、猫のトイレ掃除をしていて思いました。

モヤシは、暗闇の中で発芽して、わずかな光を探して伸びていった結果、あのような姿になっているのだけど、実はこの世界は暗闇で、人間も、わずかな光を探してる存在なのではないだろうか?

アナスタシアの本を読んでると、元々は、この世界は暗闇ではなかったんだけど、人間がこんな風にしていってしまったと。

お金を持っているもの勝ちみたいな世の中。

不憫な野良猫につぎ込んで、猫貧乏な人をみると、「お金に縛られて、真っ暗闇じゃあござんせんか。」と思うし、経営をしていると、借入金の返済に追われていて、「まるでお金という鎖に繋がれているみたいだ。」という光景が繰り広げられているのですよね。

そういう意味で、太陽は空で明るく輝いているにも関わらず、心象世界は暗闇の人が多くて、救いを求めて宗教にハマったり、お金集めに忙しかったりして、その先に光があると思って必死になっている、みたいな。

お金が関わると、どんな善行も悪行に変わっていくのを目の当たりにするし、自分が得をするように他人をコントロールするようになって、嘘ばかりつくようになっている人もいるし、それって、お金が光では無いことの証左のように思えます。

だから、本当の光って何だろう?と日々、自問することは大切だなぁと思います。

« 植木屋と同じだったんだ | トップページ | 寒さを痛みに感じる »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64673671

この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇で光を探してるモヤシのようなもの:

« 植木屋と同じだったんだ | トップページ | 寒さを痛みに感じる »

他のアカウント