« 傘職人のおじいちゃん | トップページ | 「きさんじ」の話 »

2016/10/14

地球人が異星人にみえる時

地球人が異星人にみえるというか、その逆で自分が異星人だと思う時というか、完全に自分はこの世界でマイノリティだと思うことが、子供の頃からありました。

若い頃は、なんとか皆んなと同じになりたくて努力しましたが、歳をとってくると、面倒くさくなって、「もういいや、マイノリティでええわ。」というのが、私の現状なのかもしれないと思う今日この頃です。

子供の頃は、ヘビを弄んで殺して練り歩く男の子たちが怖かったし、キャラメルに唾をつけてからくれる女の子も怖かったし、噂話ばかりしているおばちゃんたちも怖かった。

でも、そんな事ばかり言っていたら世の中生きていけないのだからと、努力して、皆んなと同じようになろうとしていたのに、気がついたら元の鞘に収まっている私。

今は、肉を食べなくなっているから、肉を食べる人がこわいというか…

私だって食べていたのに、肉を食べて鼻がつまらなければ今でも食べていたかもしれないのに。

夢に可愛い子牛が出てきたあの頃から、肉を食べる人は、ひょっとして自分と違う人種とか、そういう類のような気がしてしまう私。

肉を食べる人の方が圧倒的に多そうなので、きっとこれもマイノリティだと思えます。

すごくいいことを言っている人がいたとして、その人が肉を食べていると知ると、偽善者的な感じがしてしまい、信用できないと思ってしまう。

ダンナも今でこそ鼻詰まりになるので肉をやめたけど、それはここ2〜3年の話で、それまでは、肉が大好きで、いっぱい食べてました。体に合わないのか、2時間くらいしたらトイレで全部出て行ってました。

はじめから食べなかったらいいのに…と思ってた私。お金がもったいないから。

そんなダンナは動物好きな人たちからは、イエス様のように思われていて、私だけは疑いの目で見ていたという…

そんなことを考えていたら、そうそう、私は昔から自分のことを宇宙人の生まれ変わりだと言っていたのだった。

そりゃ、マイノリティですわ。というオチ。



« 傘職人のおじいちゃん | トップページ | 「きさんじ」の話 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64346634

この記事へのトラックバック一覧です: 地球人が異星人にみえる時:

« 傘職人のおじいちゃん | トップページ | 「きさんじ」の話 »

他のアカウント