2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに | トップページ | 腹筋=笑い筋 »

2016/09/02

里親さんが亡くなって、猫引き取りすることにpart2

前回、葬儀後に連絡を取ってくれる約束になっていたので、待っていたのですが、約束の金曜日の午後2時を過ぎても電話が来ないので、しびれを切らして警察に電話をしました。

そうしたら、担当者の40歳の人は不在とのことで、その上司の人が電話応対してくれました。
(40歳の担当者は後見人に電話してなかったみたい)

やはり、「猫のことでヤイヤイ言えない」と言われましたが、12歳の高齢でもあるし、昨日と違って今日は気温が高いし、病気になった状態で引き取るのも負担なので、もう一度連絡をしてほしいと伝えました。

その時も、今回限り連絡をするが、後見人のことに警察もこれ以上口を挟めないので、あとは大人しく待っていてくれというようなことを言われました。

それで、また待ったのですが、午後4時になっても連絡が来ず、仕方無しにまた警察に電話。

「ええ?まだかかってきませんか?またかけてみますわ。」と電話が切れました。

それで待っていたら、警察から電話。
後見人(お坊さんだった)本人の携帯は出ないので、法事の最中かもと思って寺の方に電話したら、奥さんが出て、「今、猫の様子を見に行きました。」と言われたと。

それで警察も間に入って連絡を取るのはややこしいので、奥さんに断って後見人本人の携帯の番号を伝えるので直接連絡を取ってくれと…(初めからそうしてくれたら良かったのに)

なんか急に親切になって変だなーみたいな感じ。

後見人から、すぐ後に電話がかかってきて、夕方の法事の後だったら、待ち合わせをして猫を引き渡せると言われたので、「行きます行きます!」という運びになりました。

家に行ってみると、玄関のドアが開けっぱなしでした。
(げっ!猫は?)

「ごめんくださーい」と、2回くらい呼んだら、お坊さんがベランダから入ってきました。

「猫が逃げるので玄関締めてもいいですか?」と言って中に入らせてもらい、押入れの中で縮こまっていた黒猫の姫とやっと会えました。

そばにはさっき置いたという牛乳が…(ひいいっ、その牛乳、まさか冷蔵庫に入ってたやつ?)と思いながらも、こぼさないように下げさせてもらって、無事に洗濯ネットに入れてからキャリーに入れました。

警察の人が置いたという1週間分のフードはお茶碗に半分くらいの量で、猫缶も入っていて、完全に腐ってる感じでした。
全く食べてなかったようです。水も空になっていたらしく、お坊さんが入れ直したとのこと。(やっぱりなぁ)

落ち着いてから、後見人のお坊さんと話をしたのですが、警察からの話を自分が勘違いして、最初に家を見に来た時に猫は見かけなかったし、もうケアサービスの人が、うちの動物病院に連れて行って、猫はいないと思っていたそうです。隠れていたんだよね。

それで安心して、そのまま放置していたと。

警察が1週間分の餌を置いてきたと言っているのに引き取られたと勘違いするなんてと思いますが、お坊さんもお年寄りなんですよね。

それが今日、電話でまだ猫がいると聞いて、「もし死んでいたら夢見が悪い。」と思って慌てて見に来たんだということでした。

「もう、やっぱり、ちゃんと伝達されてなかったやん…そやのに私のこと猫気違い扱いして、40歳の担当者は、道ですっ転んでタンコブでもできたらいいのに。」とちょっと思ってしまいました。

お坊さんには、「これで、おじいちゃんも安心して成仏できますねぇ。」と言って帰ってきました。

後で「嫌味に聞こえたかな?」と思ったけど、それくらいは言わせてもらわないとね。

猫の名前はココ。
昔の名前はピンク。
やっぱりおじいちゃんが名付けたココちゃんって呼んであげようと思います。

« 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに | トップページ | 腹筋=笑い筋 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

ココさん、安心な場所に行けてよかったです。辛抱強く警察に連絡入れはって、頭が下がります。ココさん、大好きだったおじいさんの気配がなくなって、心細かったでしょうね。おじいさんもこれで安心されたでしょう。あくび猫さんありがとうございました。

ココちゃん、今はケージの中の猫ベッドで丸くなって寝ています。
とても心細くて寝ていなかったのでしょうか。
猫が5匹いる部屋なのに、健気です。
おじいちゃんが夢で慰めてくれているのかもしれません。
心配してくださって、ありがとうございます。

本当に・・・・官僚はこれだから・・・・こちらが催促しないと何も進まない・・・・・
命なんですから・・・・私も読んでいて腹立ちました。

ココちゃん…良かったぁ~あくび猫さん、大変ですが宜しくお願いします。

腹立ちますよねぇ…

猫に一生懸命になると、デフォルトでバカにしてくるんだなぁと、ショックです。
いつも動物好きの人達としか会っていないから、この仕事、ものすごい有難い仕事だなぁと思いました。

世の中の人は、あんな荒んだ世界で生き延びないといけないのかと…

その担当者さん、来世はノミ生まれ変わって
プチッと潰されてしまえばいいのに(∀)ww

ココちゃん、お爺ちゃんと夢で会えてたら良いですね!

本当ですね。

死んだ後に地獄で閻魔様にも嘘つきそう。
「僕は警察で人々のために一生を捧げました。」とか言って。

でもその時、ココちゃんのおじいちゃんが現れて、今回の顛末を閻魔様にチクるのだ…などと妄想してしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64148366

この記事へのトラックバック一覧です: 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることにpart2:

« 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに | トップページ | 腹筋=笑い筋 »

他のアカウント