2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« セミ捕りはキャッチ&リリースで | トップページ | 猫は益獣なのですよ »

2016/08/05

TNRの行き着く先を思う

都会の野良猫のことを考えれば考えるほど、最終的には、完全に管理されて、野良猫というカテゴリーが無くなるんじゃないかと、ふと思うのです。

猫は飼い猫だけであり、出生数も管理されて、捨て猫も野良猫もいない世界。

これって、良いことなのかなぁ?

これは、人間にも当てはめることができて、都会では、あと50年くらいしたら、何かのシステムの枠にガッチリはめられて、健康状態から資産のことや嗜好など、すべて監視や管理をされていくような気がします。
決められた枠の中でだけで生きて、適当に一生を終える、そんな人生。
枠をはみ出したらどうなるのだろう?

話は猫に戻りますが、私は、野良猫に情を注ぐ人を助けたいし、家で増えてしまわないように、避妊去勢を勧めています。都会で猫と暮らそうとしたら、産児制限は絶対に必要だけど、これって、自然ではないのですよね。

人間自体が不自然だから、すること為すこと、不自然になるんだということが、最近、本当に腑に落ちている私です。

かと言って、山奥で裸で暮らせるわけもなく、猫を助けることを生きる糧にして都会で生きている私。

地球にとって、邪魔な存在でしかない人間。
このまま、地球が生き延びさせてくれるだろうか?

地球が人間の文明を滅ぼそうとしたら、他の生き物たちも全て犠牲になってしまうから、今は我慢してくれているのではないかと、私は思うのです。

猫の卵巣や精巣を取る時に、私はいつも地球さんに心の中で謝っています。
「大切な種を摘み取ってしまってごめんなさい。」
「でも、都会で猫が生き延びるために、今はこれしか方法が見当たりません。」
言い訳百万垂れをしながら、やっています。

遠い未来には、人間は皆ベジタリアンになり、地球を大切にして、他の生き物たちの邪魔をせず、動物たちは自然のままに生きられるようになり、コンクリートジャングル的な都会も無くなって、それこそ、本当の美しい地球になっていますように。

« セミ捕りはキャッチ&リリースで | トップページ | 猫は益獣なのですよ »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64013463

この記事へのトラックバック一覧です: TNRの行き着く先を思う:

« セミ捕りはキャッチ&リリースで | トップページ | 猫は益獣なのですよ »

他のアカウント