2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 南阿蘇村の思い出 | トップページ | 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに »

2016/08/30

多頭飼育崩壊を防ごうとしている子がいる

去年、小学6年生だという女の子から問い合わせがありました。

自分が拾った猫が家で子供を産み、家の中で増えてきているというのです。

それを見かねた友達のお母さんが、うちの動物病院を知っていて、早く避妊した方がいいと教えてくれたらしいのです。

それで、去年は母猫と、盛りのついたオス猫2匹だけ手術したところで、来なくなってしまったのですよね。多分、親御さんがお金を出してくれないからかなぁ…などと考えたりして気を揉みました。

なぜか、その子の親御さんは全く姿を見せなくて、猫を連れてくるのも迎えにくるのも小学6年生の女の子でした。

今年になって、また予約が入りました。

少し背が高くなって、去年よりしっかりした女の子。

連れてきたメス猫は妊娠していました。
あと2匹、予約が入っているのだけど、10月の予約でキャンセル待ち。それも、親御さんが資金を工面しなかったら、来ないのではないかとハラハラしています。

募金を使って何とかしてあげたいけれど、そんなに高額の募金が集まっているわけでもなく、他の人の助成も無くすわけにはいかなくて、ただ気を揉んでいる私です。

親御さんは、仕事が忙しいらしく、子供や猫に構っていられないような感じです。

家の中でノミもわいているみたいだし、早く何とかしてあげたいのに金縛りにあったみたいに何もできなくて。

子供なのに猫で苦労している姿が可哀想で、大人たちが連携して助けてあげられないものかと思案しています。

募金をもっと多く集められるようになれれば、全額負担の手術もできるかもしれないし、猫ちゃんの送迎を手伝える人がいたら、危ない道を自転車のカゴに猫を乗せて行き来しなくてもいいのに…

あの子の悩みや苦しみを、わかって肩代わりしてくれる大人が一人もいないような気がして、青春やモラトリアム無しに、一気に大人にならされてしまう、あの子が気の毒でならないのです。

猫の避妊去勢さえ、初めにしておけば、彼女の青春は楽しいものだったはずなのに。

あの子の親御さんの教育方針にも私は疑問です。
「自分のケツは自分でふかす」とよく言いますが、ふかしすぎでしょう…

« 南阿蘇村の思い出 | トップページ | 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに »

動物たちの話」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

まあ、なんて健気な子なんでしょう?寄付金とか募れませんか?少額ながら参加しますよ。急がない子は大阪ねこの会で付き1回無料手術していますよ。急がない子はその時にすれば無料です。ただし、耳カットしないといけませんが・・・・・

めいぴーさん

ありがとうございます。
うちは動物病院なので、特定の個人だけのために大っぴらに募金を集められるかどうかがわかりません。

でも、ブログなどで募ってみても良いですね。
本人と今日会うので、詳しい事情を聞いてみたいと思います。

阿倍野にもTNRの病院が出来たようです。昨日カタログ貰って帰るのを忘れてしまいました。耳カットが嫌ならチケット使えませんが・・・・この際募金を募って一気に全匹してあげたいですわ。
もし、耳カットがOKなら私が代理で申請しますよ。手術は10月になりますが・・・・
急ぐ子はチケット無しでも致し方ないですけどね。外出自由猫ですか?

手術の時に肉球や爪を見ますが、多分外には出していないです。

中で増えている感じです。
以前は耳カット無しでしてましたが、今年からは耳カットありでするようになってます。
耳カットしたら1000円安くなることに気がついたみたいです。

阿倍野にできたのですか?
どこだろう。アースさんですか?
そこの方が近いかなぁ。

たぶん元気って名前だと思いますよ。耳カットOKならチケット使っても大丈夫だと思います。多頭崩壊阻止キャンペーンでもあるんですから・・・・
月末に定期総会があるので聞いてみます。メールで詳しい住所聞かせて貰えたら搬送の方も現れるかも知れません。

オス猫の手術が残っているので、もし動物病院の情報を頂けるようでしたら、お願いします。
彼女に伝えます。
彼女なら、しっかりしているので、自分でチケットの申し込みもできそうな感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/64131413

この記事へのトラックバック一覧です: 多頭飼育崩壊を防ごうとしている子がいる:

« 南阿蘇村の思い出 | トップページ | 里親さんが亡くなって、猫引き取りすることに »

他のアカウント