« ピアスの話 | トップページ | TNRの行き着く先を思う »

2016/07/31

セミ捕りはキャッチ&リリースで

毎年、夏になると子供たちがセミ捕りに忙しい。

最近は昔のようにたくさんセミがいないのに、それでも麦わら帽子をかぶって虫取り網を携えて、公園に行くのが習わしとばかりに、やってくる子供達。

若いお母さんにお願いなのですが、虫取り網は持たせても、虫を入れる籠は持たせないでほしいなと思うのです。

本心を言うと、虫取り網で捕ること自体、やめてもらえたらなと思っています。

セミは、7年も土の中で暮らして、1週間だけ地上で鳴いて交配して死んでいきます。

生まれたばかりのセミが、子供のオモチャになっているのをみるのは辛いです。
もしも、セミの立場が自分だったら、本当に嫌だなと考えてしまう私です。

公園で、透明のプラスチックの容器の中に、セミが溢れかえっているのを見たことがあります。

きっと、家に帰る頃には死んでしまいそうだし、そうしたら、その辺に捨てるのだろうか?と、セミの行く末を案じます。

子供たちが大人になったら、自分の子供たちに、またセミをオモチャ代わりにして遊ぶことを教えて、そうやって代々セミを虐殺することを、ここで断ち切ってもらいたいなと思うのです。

公園で子供たちと仲良しの息子に、「セミ逃したってって、言うたってよー。」と頼むのですが、「そんな説教くさいこと、よう言わんわ。」と言うのです。

だから、お母さん、よろしくお願いします。

「セミはキャッチ&リリースで。」

« ピアスの話 | トップページ | TNRの行き着く先を思う »

動物たちの話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63992012

この記事へのトラックバック一覧です: セミ捕りはキャッチ&リリースで:

« ピアスの話 | トップページ | TNRの行き着く先を思う »

他のアカウント