« もしかしてサイコパス | トップページ | 最近のお母さんってこわいね、大阪だけかな? »

2016/07/15

境先生の話

中学時代の数学の先生で、授業中に、前日の深夜のラジオ番組、「浜村淳のこわ〜い話オモロイ話」を話してくれる先生がいて、みんな話を聞くのが大好きでした。

その境先生が、初めての授業の時に、順番に名前を呼んで顔を覚えていっていた時のこと、私の名前を呼んで顔を見て、「君のお父さんの名前は何ていうの?」と聞いてきました。そして、私の顔をジーッとみていました。「仕事何してはるのん?」みたいなことも聞かれました。

家に帰って、父にそのことを言いますと、「数学の境先生?グレかかって高校行けへんっていうた時に、猛反対して高校に行かせてくれた先生や。」と言ったのです。

父は、中学時代、優秀な成績の五人の中に入っていたらしく、学校で記念写真も撮ってもらったらしいのですが、祖父がアル中で赤貧だったために、進学せずに働こうとしていたらしいのです。

それを、境先生が猛烈に「高校に行け!」と勧めたので、定時制高校に進学したという経緯があったということでした。
そのお陰で、父は宅建の免許を取って、小さいながらも自営業の社長になることができたのでした。

経済的に這い上がれたのは、ひとえに境先生のお陰とも言える、そんな先生が、娘である私の数学の授業の担当になったということが、奇跡的で不思議でした。大阪市の中学校も生徒も沢山いるし、住んでいるところも変わっているのに巡り合うということが…

父は、名前の一字を変えていたから、境先生も首をかしげていたし、私も一字を変えたことなど知らなかったから、境先生は知らないままになったと思います。

もうこの世にはいないと思います。あの頃でさえ、50代後半だったと思うし…40年は経っているし。

でも、境先生のお陰で、私もあまり経済的な苦労を知らずに育ち、こんなブログを書いていることを残したくて、今日は書きました。

« もしかしてサイコパス | トップページ | 最近のお母さんってこわいね、大阪だけかな? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63918501

この記事へのトラックバック一覧です: 境先生の話:

« もしかしてサイコパス | トップページ | 最近のお母さんってこわいね、大阪だけかな? »

他のアカウント