2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 韓流ドラマの陪審員制度 | トップページ | 邪気のドッヂボール »

2016/06/04

ケーちゃんがクリプトコッカス症になった。

まるでダンナの邪気を吸い取っているかのような、鼻に盛り上がった肉芽腫。

ダンナは、辛抱たまらず、仕事を休んで耳鼻科の手術をしたので、ひょっとすると、「ケーちゃん治るかも?」と、チラッと思っていたのです。

ダンナが退院した後、一週間経ったのですが、ケーちゃんの鼻の肉芽腫が小さくなってきているのです。

まさかとは思うのですが。

同時進行で、ダンナの退院の前後に、ケーちゃんにしていた事を思い起こすと、

1.イトラート(抗真菌剤)を2ヶ月与えても肉芽腫が引かないので、アロエベラジュースをフードに混ぜ出した。プロバイオテックも一粒与えた。

2.ダメ元で、ケーちゃんの肉芽腫やクリプトコッカスに、「そんなに膨らんだら息ができなくなって、ケーちゃんが死んでしまったら元も子もありませんよ。」と話しかけた。

3.新しいオモチャを気に入って、久々に走った。

4.撫でると喜ぶので、撫でたり軽くあちこちポンポンしてあげた。

これだけなんですが…

ケーちゃん、奇跡の生還を果たしそうです。

日毎、元気が出てきて、走り回る時間も増えて、ジャンプなんかしたりして。

まだ3歳で死なせるのは可哀想だなぁと思っていたので、これほど嬉しいことはありません。

よかったよかった。




補足:初めから、歯の並びが変で、アダ名は「巨神兵」。マンションの二階の窓から落ちたらしく、骨盤をやられたのか、慢性の便秘でもあるケーちゃん。

« 韓流ドラマの陪審員制度 | トップページ | 邪気のドッヂボール »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63730230

この記事へのトラックバック一覧です: ケーちゃんがクリプトコッカス症になった。:

« 韓流ドラマの陪審員制度 | トップページ | 邪気のドッヂボール »

他のアカウント