« 邪気のドッヂボール | トップページ | 高校生の時の葛藤 »

2016/06/11

猫の避妊去勢代を低価格にしたわけ

うちの動物病院ができた頃、ダンナが優しそうに見えたからか、動物病院に朝来てみると、仔猫が入ったダンボールが置いてあったことが、1年に数回ありました。

一回につき最低3匹と計算したら、1年に3回として9匹、5年で45匹です。

捨てる人は、「優しそうな先生だから何とかしてくれるだろう」とか、「自分は年がいってるし、貧乏だから」という理由だったのかもしれません。
でも、捨てられる方は堪ったものではありません。
毎日仕事で忙しいから、里親探しを時間をかけてできないし、ボランティアさんが助けてくれるといっても、結膜炎で目がくしゃくしゃの子とか、ウイルスに感染している子を預けられるわけもなく、だんだんと動物病院内で数を増やしていきました。

はじめは、動物病院が猫だらけになって、業務に支障が出てきました。

それで、建坪12坪の自宅に猫を連れて帰るようになり、今度は家が猫だらけになりました。

私はずっと、「何でこうなるの?」と考え続けました。

それで、避妊去勢手術代が高いことと、野良猫でも受け入れてくれる病院が、ほとんど無いことと、自分のしていることに対する責任感や自覚がないことが原因の多くを占めているのでは無いかと思いました。

ダンナは、普通は18000円のメス猫避妊手術料金を、野良猫は12000円にするようになっていましたが、そうすると、飼い猫を野良猫だと偽る人が出てきたり、多頭飼育で困っている人は安くできないのか?などという問題も出てきて、結局、飼い猫でも多頭飼育の時は12000円となっていきました。

捨てたら懲役や罰金という法律があることや、餌をあげるだけで後始末をしないのは、回り回って猫がいじめられたりするということを、時間をかけてポスターを貼ったり説明してきました。

そして、Bコースという低価格コースを作りました。

途中、紆余曲折はあったものの、10年くらい経ってみると、野良猫を低価格で扱う病院は、増えてきました。

ただ、飼い猫の手術代は、上がる一方です。
民間保険が広まってきて、値段の設定が高めになってきているのが原因ではないかと思います。避妊去勢手術は保険が利かないのですが、他の治療の値段が高いのに、避妊去勢だけ安いとバランスが悪くなるので、高くなってしまっているのではないかと思います。

これをなんとかしないと、手術代が無いからと避妊去勢を怠り、家で産ませてしまうパターンは無くならないと思います。

ここは法律で、避妊去勢に限って上限を設定してもらえたら、問題が一挙に解決するのでは?と思います。

聞くところによると、メス猫の避妊手術で、色々込みで30,000円以上するようです。これでは、しない選択をしてしまうのも無理もありません。

一部の良心的な動物病院がいくら頑張っても、焼け石に水です。

行政にパイプの太いボランティアさんがいたら、こういう話もあったなぁと、記憶に留めて置いてもらいたいと思い、今回書きました。

« 邪気のドッヂボール | トップページ | 高校生の時の葛藤 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

今の所摂津市と吹田市の行政には啓蒙しています。
猫(ペット)を飼うにはお金が要ると言う事を判って貰いたいし、底辺には避妊代を安くしてくれなければ野良ちゃんや捨て猫は減りませんよね?
大阪市は結構安い所が増えたから嬉しいですが、まだまだ認知されていないのが現状です。
洋服の?000円は高~い・・・って思いますがオペの?000円は高いとは思いません。
毒されていますかね?
チケットとかも活用できて・・・・ホント助かっています。
無職になってもTNR続けられますもん。

めいぴーさん

すべての動物病院の飼い猫の避妊代が、ワクチン代込みで20000円くらいまでになってくれたらなぁと思います。
一部の動物病院がみんなに認知されたとしても、とても追いつけません。
うちはチケット利用できなくてごめんなさい。
チケットにしたら、どうしても、ワクチンは如何でしょうか?とか、エイズ白血病も調べときましょう、事前の血液検査もやっときましょう、抗生剤を別料金でどうですか?とかいうことをしなくてはいけなくなるので、込み込み料金にしました。面倒くさがりやですみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63761946

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の避妊去勢代を低価格にしたわけ:

« 邪気のドッヂボール | トップページ | 高校生の時の葛藤 »

他のアカウント