« 高校生の時の葛藤 | トップページ | 人を操縦することは出来ない »

2016/06/18

やりたかった習い事

鍼灸学校を卒業したら、老後に不自由しないように、習いたいなと思うことがありました。

それは、リフォーム洋裁です。
着ていない着物を作務衣にリフォームしたかったのです。
お店に頼むと料金が高いし、自分で作れたらウハウハ…

そう思ってました。

もう1つ、習いたいことがあって、それは貼り絵です。

若い頃、商売で和紙を扱っていたから、和紙を使った貼り絵に興味があって、鍼灸学校を卒業したら、母のボケ防止を兼ねて、二人で習いに行くつもりでした。

近所に、すごい貼り絵の先生が住んでいて、一度は家にもお邪魔して作品を見せてもらったりしていたのです。

ところが急遽、ダンナの仕事を手伝うことになり、母の認知症が趣味の習い事どころでないレベルになってしまい、とうとう習いに行けないままになりました。

習いたかったなぁ。

(写真は311のあと、津波に流されず1本だけ残った松を作品にしたもの。先生の自宅で撮影。その後、岩手県辺りで展示されたと聞きました。)

奇跡の一本松というそうです。






« 高校生の時の葛藤 | トップページ | 人を操縦することは出来ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63797227

この記事へのトラックバック一覧です: やりたかった習い事:

« 高校生の時の葛藤 | トップページ | 人を操縦することは出来ない »

他のアカウント