2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 血虚瘀血と気滞瘀血 | トップページ | 言葉で表現しようとすると毒になる »

2016/02/11

境界性パーソナリティ障害と正しいバチの当て方

先日、境界性人格障害のことを書いたブログ記事をみました。

「境界性パーソナリティ障害って何?」と思って読み進めるうちに、「そんな人、なんぼでもおるでぇー?」と思ったのです。

その特徴は、相手に一方的に耽溺して、機会をみて仲良くなり、そのうち相手の友人知人とも仲良くなりますが、相手が自分に冷たい態度をとったとか、裏切られたとか思った途端に、手のひら返しで復讐を始めるという特徴があるそうです。

復讐の仕方がとても知能犯で、相手の友人知人には自分を「良い人」と思わせておいて、復讐の相手が悪者になるように仕向けるそうです。

若い時、自分もしたことがあるし、自分もされたことがあるような気がするよ?

韓流ドラマの復讐劇なんか、まんま、これかもしれないし。

でも、よく読み進めると、その程度がひどいようです。

普通の人が復讐の鬼になるとしたら、堪忍袋の緒を何度も切られるくらいでないと、なかなか身を切るような復讐などはできないものですが、境界性パーソナリティ障害の人の閾値はとても低くて、すぐに「復讐開始」のハードルを超えてしまうようです。

私のブログの検索ワードのトップは、「正しいバチの当て方」なので、自分が「境界性パーソナリティ障害」のレッテルを貼られないように、復讐なんかに人生の時間を取られずに、自分の人生を楽しんで生きる方法を、みんなに知ってもらいたいと思います。

そして、現実には、復讐する人が一方的に悪いということでもなく、お互いにやり合っていることも多いものです。

復讐の仕合いで、お互いに疲れ果てて消耗する前に、サッと離れたほうが良いかもしれないし、修正がきくのなら、話し合ってルールを決めたりするのも良いと思います。

結婚していて子供がいたり、経済的に離れられない時に、こんな心理的な泥仕合を繰り返すと、今度は子供のパーソナリティが障害されてしまいますから。

相手が間違っているのを証明するかのように、自分の正しさを探し回る「自分が正しい病」になって、体がコリコリにならないためにも、つまらない復讐に人生を注ぎ込まず、有益なことに時間を使えるように、苦しんでいる人に読んでもらいたいです。






« 血虚瘀血と気滞瘀血 | トップページ | 言葉で表現しようとすると毒になる »

心と体」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63196935

この記事へのトラックバック一覧です: 境界性パーソナリティ障害と正しいバチの当て方:

« 血虚瘀血と気滞瘀血 | トップページ | 言葉で表現しようとすると毒になる »

他のアカウント