« 子供の時は月がこわかった | トップページ | 知らぬ間に民営化 »

2016/01/29

パワハラの店

外食が多いので、けっこう寛げる店を探すのが大変です。

味が良くても、店主がバイトにパワハラしてたりすると、一気に食欲が失せる、私たち家族です。

うちの家族は全員、とても繊細な神経を持っていて、少しでも意地悪な雰囲気を感じると、もう、そこのお店には行けません。

以前、メニューも豊富で、遅くまで開いているお店を見つけたのですが、どうも店主がクドクドとバイトに説教をしているんです。

まず、カウンターに1番近い席にいつもいたダンナが気がつきました。

そして、「あそこの店、行きたないねんけど…」と私に訴えていたのです。

それで、私も食べる時に耳を澄ますようになり、やはりクドクドを聞いてしまい、行きたくなくなりました。

息子だけは、カウンターから1番遠い席にいて、そのクドクドが聞こえなくて、いつもメニューの豊富なその店に行きたがりました。

仕方がないので、私はダンナと席を代わってあげて、少しでも遠くなるように気をつけていました。

ある日、ついに、息子が、そのクドクドを聞く日がやってきました。

聞いた後の帰り道、おもむろに息子が言いました。

「あの店にはもう、行かんとこう。店主がパワハラしてるのが聞こえて、食欲が失せて一つも味がわからへんかったわ。」

「前から言うてるやん、お父さん、ずっと辛抱してくれててんで、あんたが行く行く言うから。」

「ごめん、聞こえへんかってん。あんな酷いってしらんかってん。」

と、このような会話があり、それ以来、一度もそのお店には行っていません。

お店のご主人に、何のためらいもなく、「そのパワハラやめてください。」と言えたら良いけど、そんなこと言えない小心者の私たちは、すっと立ち去るより他、選択肢はないのです。

流行らないお店というのは、何か、そういう原因があると思います。

いくらテレビに出てもダメです。

そうそう、前にも、店の主人が、手伝ってくれている奥さんに腹を立てて、八つ当たりしたり、お皿や調理器具をぞんざいに扱うのを見た時も、行かなくなりました。

食べている最中に、そのような光景を見ると、奥さんの心中を察したり、店の主人の顔色を見たりするので、辛くなるのです。

食べ物のお店以外でも、そういうことはあると思います。

上の立場の人が下の立場の人を叱るときは、意地悪な言い方をせず、理性的に言ってほしいし、客の前でやらないでほしい。

これは、商売の鉄則だと思います。

« 子供の時は月がこわかった | トップページ | 知らぬ間に民営化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/63137542

この記事へのトラックバック一覧です: パワハラの店:

« 子供の時は月がこわかった | トップページ | 知らぬ間に民営化 »

他のアカウント