« もう一つのNWO(世界統一政府) | トップページ | マイクロチップ埋め込みの話 »

2015/12/17

トンビが油あげかっさらう話

前回、世界統一政府のことを考えていましたが、話が飛躍して、宇宙人のチャネリング情報になりました。

書いている途中でチャネリングしているのかと思う今日この頃です。(笑)

現在、地球上では、様々な国に分かれて、近所の国同士はもっといがみあったりしています。
でも、不思議なことに、経済の話になると真逆で、例えば中国とは軍事面でごちゃごちゃ言ってますが、経済面では「爆買いしてくれるお客様」なんですよね。

このダブルスタンダードに私はついていけないのですが…

経済的には仲良くしないとダメで、軍事的には仲良くしたらダメ。難しいなぁ。

なんでこうなるのか考えたら、武器を売っている会社があって、その会社が売るものがなくなったら、潰れてしまうというのが原因ではないかと思います。

それで、世界中でイザコザの種を蒔いている。

イザコザだけ無くなって、仲良くするのだけ残すことはできないのかと思いますが、武器商人が、今まで通り儲かって贅沢できる新しい平和的な商売を見つけてくれない限り難しいかもしれませんね。

ところで、前回のチャネリング情報から、宇宙人グレイが、地球を乗っ取る方法を想像してみました。

まず、UFOが飛来して、人々を恐怖に陥れる。少しくらい攻撃を加えるかもしれない。
その後、UFOはたまに飛来しては少し攻撃をして消える。

そんな状況を1年くらい続けたら、各国の政府が集まって、一致団結して戦わないといけないと話し合う。

それならば、地球でイザコザをやっている場合ではないし、早急に世界統一政府を作ろうということになる。

関税の完全な撤廃と、人々への徹底した管理とルール。

(現状、スマホの位置情報サービスなんていうのも、その時に備えているかもしれない。音楽配信など、すべての便利なサービスが、人々を管理する方向に向いていると私は思います。)

そうして、攻撃用の武器も備えて準備するが、UFOは来ない。

何故なら、世界統一政府を作らせる目的の偽旗作戦だから。

世界統一政府が出来てしまえば、出来上がった管理・監視体制をそのまま頂いて、地球を乗っ取ってしまう。

地球に飛んでこれる技術があるなら、地球上の武器を無力化させることも簡単かもしれないし。

宇宙人と結託して自分だけ助かろうとする人たちもいるだろうけど、大体約束通りにしてもらえないのは、ドラマの中ではお約束ですよね。きっと現実でもお約束です。

地球人は全員、自由を奪われて、地球は宇宙人の動物園と化す。(今でも動物園に半分なっているけど)
武器商人のお金儲けも水の泡となる。

世界統一政府のトップにいる人も、動物園の管理人程度の地位しか与えられなさそう。

こういうのを「トンビが油あげかっさらう。」というのですね…

とかなんとか。漫画のネタみたいなことを考えてしまいました。

« もう一つのNWO(世界統一政府) | トップページ | マイクロチップ埋め込みの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/62886018

この記事へのトラックバック一覧です: トンビが油あげかっさらう話:

« もう一つのNWO(世界統一政府) | トップページ | マイクロチップ埋め込みの話 »

他のアカウント