« 祖母の始末 | トップページ | トンビが油あげかっさらう話 »

2015/12/11

もう一つのNWO(世界統一政府)

世界で戦争が絶えないし、「地球人」という意識の上に基づいた世界統一政府が出来たらいいのになぁ…と思っているのですが、とんでもない世界統一政府を作られてしまいそうな今日この頃です。

私の描く世界統一政府というのは、お金で縛られない、自由な暮らしができる、命を大切にする、地球も大切にする、そんな統一された地球のイメージです。

宇宙に文明の発達した星の連盟があるとしたら、仲間入りさせてもらえる、そんな統一地球。

ところが、世界の陰謀の話を調べると、お金で縛る、人々は家畜同然に管理、命は二の次、地球環境も二の次みたいな世界統一政府を目論む人たちがいるというのです。

私の描く世界統一政府とは真逆なんですけど…

確かに世の中アホが多いし、アホにお金を使うのはもったいないから、食べて応援とかワクチンで断種や抗ガン剤で財産搾り取ってから早めに死んでもらいたい…と、賢い人たちはブチ切れて思うかもしれないけど…

トンデモ世界統一政府を目論む人たちは優生学を信奉している人たちで、白人以外は滅亡してほしそうな、そんな感じなのです。
だから、日本の周りには原発だらけなの?とか、アフリカ、アジアで戦争が多いのはそのため?と思ってしまいそうな話です。

話変わりますが、昔読んだ本で、多分プレアデスのチャネリングか何かだと思うのですが、日本人の遺伝子には、ゼータレティクル星人の遺伝子が入っているとありました。

ゼータレティクル星人というのは、大昔に自分の星を環境破壊か戦争で住めなくしてしまい、宇宙に脱出して逃げ延びた種族で、そこから反省した一派と、反省しないでさらに科学を発達させて地球にちょっかいをかけている一派に分かれたと、書いてあったと思います。
日本人に入っている遺伝子は、反省した方の遺伝子で、反省した方のゼータレティクル星人は、エゴがなくなり、全体として感じたり動いたりするらしいのです。日本人の「空気読む」というのは、これかなぁ?と思ったりしています。

反省しなかった方は、俗に言うグレイと呼ばれる宇宙人で、灰色の皮膚に大きな目の、テレビでおなじみの宇宙人です。

グレイが、アメリカやソ連に自分たちの技術を伝授したとかなんとか。
そして、地球を支配するために、コツコツと仕込みをしているらしい…そんなことが、昔読んだ本に書いてありました。

日本人になぜゼータレティクル星人の遺伝子を埋め込んだかというと、地球人は好戦的で、何度も地球全体を滅ぼしかねない危機を招くので、平和を尊ぶ種族であるゼータレティクル星人の遺伝子を試験的に埋め込んだのだということでした。

チャネリング本の内容は、とても壮大で、時間の尺度も宇宙規模なので、ちょっとピンとこないかもしれませんが、アトランティスとかムーの時代から、プレアデスやオリオンやシリウスなどの進化した宇宙人たちは、ずっと地球を監視していて、地球が滅亡しないように守っているということでした。

ゼータレティクル星人のように自分たちの星を滅亡させた反省からとか、愛ゆえにとか、動機は様々ですが、とにかく地球を守ろうとしているらしいのです。

これも、地球上の動物のボランティアと同様、考えの違いから、色々とあるのですが、とにかくその中の一つのグループが、試験的に日本人に遺伝子を組み込んだということのようです。

遺伝子を組み込まれた日本人は、おそらくは縄文人以前の日本人だと思われます。今の日本人は、百済から逃げ延びてきた大陸の血がかなり入っていて、薄まっているかもしれません。濃いのはアイヌになるかもしれませんが、比較的濃いと思われるのは、東北の遠野辺りの、妖怪伝説の残るあたりではないかと、私は思っています。

そんなこんなで、私が本で覚えている情報では、どうも日本人の遺伝子が、世界の平和に欠かせないものということだったようですが、昨今の様子では、この遺伝子が風前の灯火ではないかと、ふと思った次第です。

まぁ、チャネリング情報ですけどね。



« 祖母の始末 | トップページ | トンビが油あげかっさらう話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/62851075

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つのNWO(世界統一政府):

« 祖母の始末 | トップページ | トンビが油あげかっさらう話 »

他のアカウント