2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 多頭飼育になってしまうのはなぜか? | トップページ | イメージして作り出す 「説明編」 »

2015/08/14

ちょっとコワイ話

お盆なので、ちょっとコワイ話を一つ。

息子が思い出して、「あれってどんな話やった?」と聞かれて私も思い出した話です。
記憶をひもときながらなので、話した言葉のやり取りは、ビデオに撮ったようにはいきませんが、大体こんな内容です。

息子がまだ3〜4歳の頃だから、今からかれこれ25年くらい前の話です。

元夫は当時バンド活動をしていて、バンド仲間は練習場を探して確保するのに苦心していた頃の話。
田舎にはスタジオが一つくらいしかなくて、仕事が終わって練習したくても予約で満杯で、できなかった時代がありました。

それで、農家の納屋の二階とか、野中の一軒家に住んでいるメンバーの家とか、そういうところで練習をしていたのです。

ある日、海辺の一軒家で練習をするというので、暇を持て余していた私は、息子を連れて見学することにしたのです。

一軒家は日本海に沿って作られた高台の道路沿いにあり、道路から少し階段を上ったところに玄関がありました。
玄関を入ると、すぐに階段があって、階段は右に曲がっていき、上がりきると右手に海が一望できる広い部屋がありました。
その広い部屋がバンドの練習場で、部屋の中ほどにソファーが置いてあり、私と息子はそこに座って、練習をみていました。

練習の途中で、息子がソワソワし始めました。
階段を上がったところの左手の壁を指差して、「ママ、あそこで遊んできてもいい?」と聞くのです。
「あそこって、壁のこと?」と私が聞くと、「向こうに部屋があるって言ってる。」と息子。
なんだか怪しげな雰囲気…
「誰がそんなこと言ってるの?」と聞くと、「向こうの部屋に友達がいる。」とのたまうのでした。

そばまで行って、「壁しかないよ。」と言い聞かせていたら、バンドのメンバーたちも、「何何?」と聞いてきたので、壁の向こうに部屋があって、そこで遊びたいと言っている旨を説明しました。

そしたら、部屋を探してきたギター担当が、「わー、あの話、本当だったのか!幽霊が出る噂!」と言い出しました。
前の住人が、一家心中をして幽霊が出るという噂のために家が売れず、借りる人も現れないので、バンドの練習場に借りたんだと…

階段を上がったところの右手は練習場ですが、左手にも実は部屋があって、その部屋はなんだか気持ちが悪いので、自分がベニヤ板で塞いだのだと言い出したのです。

息子の話でいっぺんに噂に信憑性が増して、みんな急に寒くなってバンドの練習はそこそこに、帰ってきたのでした。

ところが、なぜか、私はその部屋に財布を落として帰ったのです。
それも気がついたのは、 翌日の昼過ぎで、怖くて行けない私は、元夫に頼みました。
元夫は、仕事が終わって、一人きりで、薄暗くなってるその家に入り、財布を見つけて帰ってきました。

その後、私たちには、次々と不幸が訪れました。
まさかその家のせいだとは思いませんが、土足で入って大音量で下手な練習をしていたら、幽霊だって怒る気がします。

今となっては、そこの住人が光に導かれて解き放たれることを祈ります。
若気の至りとはいえ、若い頃の私は、本当にバカだったなぁと思える話でした。

« 多頭飼育になってしまうのはなぜか? | トップページ | イメージして作り出す 「説明編」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/62077799

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとコワイ話:

« 多頭飼育になってしまうのはなぜか? | トップページ | イメージして作り出す 「説明編」 »

他のアカウント