« もしかして宇宙人? | トップページ | 多頭飼育になってしまうのはなぜか? »

2015/07/29

職場の観葉植物

私が初めて今の職場に行った時、中に観葉植物がありました。
開業祝いに頂いたということで、育て方もわからず、たまに水をあげる程度の扱いだったようです。

本格的に仕事を手伝うようになっても、私は観葉植物の育て方を知らなかったし、あとから入ったので遠慮もあって、遠巻きにみていて、あまりにも乾いていたら水をあげるような関わり方をしていました。

後に、「家の前に置いてあげよう?このままだと可哀想…」と提案したことも何度かあったのですが、その都度、「開業祝いやしなぁ。」で終わってたのです。

そんなこんなで、何度も枯れかかりながら生き延びる観葉植物に、私も情が湧き、スタッフの人数も減ったこともあり、本格的に観葉植物に関わることに決めました。

家に持って帰ることはNGなので、とりあえず、室内ではヒョロヒョロ枝が伸びるばかりなのは日照不足と睨んで、思い切って外に出しました。
それと、水はけがよくなるように、植木鉢の受け皿を取り去りました。

冬に枯れるかもしれないと心配したのですが、何のことはない枯れもせず、春になると元気な新しい枝が二本も生えてきて、「何だ、足りないのは光だったんだ。」と思ったのでした。

結局、まわりの空気を読んで保身を図るあまり、何の罪もない観葉植物が20年近くも光の当たらない薄暗い待合室で、水もたまにしかかけてもらえず、苦しんでいたのでした。

それ以来、「空気を読む」ということが、とんでもなく罪を作るかもしれないと思っているのです。

「空気を読んで遠慮」とか、「空気を読んで見て見ぬふり」とか、この日本の国に蔓延していそうな気がします。

被害を被るのは、モノも言えない弱い生き物や人達です。

自分もやっていたのだから
人のことは言えない私ですが、今、自由に観葉植物の世話ができるようになって、自分も観葉植物も喜んで、喜びを分かち合っているのてす。


« もしかして宇宙人? | トップページ | 多頭飼育になってしまうのはなぜか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61978932

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の観葉植物:

« もしかして宇宙人? | トップページ | 多頭飼育になってしまうのはなぜか? »

他のアカウント