2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 動物愛護を色々考えていて思うこと | トップページ | 四十を過ぎたら、腎陽を大切に »

2015/07/07

男と女は種と畑

韓流ドラマをみていたら、未婚の母が「種泥棒」と言われるシーンがありました。

そういや、種と畑があって子供ができるんだなと改めて気づく私。

今は種と畑が出会うことが難しくなっていて、新しい芽を出すことさえ至難だと思ってしまう今日この頃です。

私も一粒種を生んだけれど、その種が次の命を繋げられるのかどうか、綱渡り的だなぁと思えます。

もしも畑になってくれる嫁さんが現れたら、大事にして逃げられないようにしないと…などと考えたりしています。

私はバツイチで、息子を連れて出たから、元の婚家からしたら、種泥棒になるのかな?とか諸々の想念が湧き上がってですね、落ち着きません。

これが、韓国のお金持ちの家だったら、訴訟を起こされて、息子を取り上げられかねない状況ですよね。

まぁ、庶民だし、そんなことはないとは思いつつ、韓流ドラマをみて、要らぬ妄想をしてしまいました。

そういえば、20年以上前に富山にいた頃、五箇山にお泊りに行った時、一緒に行った嫁さん連中の話が衝撃的でした。

「掃除は全て姑さんがやってくれる。」とか、そんな話のオンパレードでした。
今思えば、嫁さんという畑に逃げられないようにするために、あの頃からみんな頑張っていたんだなと思います。

私は嫁さんが来たら、「家の掃除が楽になるかな?」とか、「毎日晩御飯が家で食べられるようになるかな?」とか考えていたのですが、甘い考えだったなと、思った次第でごさいます。

« 動物愛護を色々考えていて思うこと | トップページ | 四十を過ぎたら、腎陽を大切に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61851890

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女は種と畑:

« 動物愛護を色々考えていて思うこと | トップページ | 四十を過ぎたら、腎陽を大切に »

他のアカウント