2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 太陽風とオーロラの話 | トップページ | 動物愛護を色々考えていて思うこと »

2015/06/28

猫を触ると自分を感じる

子供の頃、猫を触る時、精神を集中して全神経を手のひらに集めるようにして感じていた。
猫を見る時、小さな柄も見落とさないように記憶にとどめようとしていた。
猫の柄は、携帯のカメラが記憶するようになって、すっかり自分の頭で覚えなくなってしまった。
けれど、手触りは、自分以外に感覚を代用できるシステムがないので、結局、撫でることはやめなくて済んでいる。
猫の存在は、私にとっては、この現実世界と自分を結びつける糸のようなものだと思う。
猫の手触り、息遣い、体の匂い、ゴロゴロいう音、ニャーと鳴く声。
これらが、ともすれば宇宙の彼方に彷徨ってしまいそうになる私の魂を、地球の上に繋ぎ止めてくれている気がする。
私も年を取ってきたから、若い猫はもう家に入れることができなくなっている。
いつか、猫が家からいなくなる日が来るのだと思う。
その時、私は何を頼りにこの世界と繋がれるのだろうか?と少し心配になっている今日この頃です。

« 太陽風とオーロラの話 | トップページ | 動物愛護を色々考えていて思うこと »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61806531

この記事へのトラックバック一覧です: 猫を触ると自分を感じる:

« 太陽風とオーロラの話 | トップページ | 動物愛護を色々考えていて思うこと »

他のアカウント