« お金の話 | トップページ | 子育てシステム »

2015/05/27

地球が環境破壊する人間を駆除しようとしたら

地球が、環境破壊する人間を、人間の免疫のように駆除しようとしたらどうなるか考えてみました。

地球の免疫反応は天変地異を起こすことだと思いますが、環境破壊をするような人たちは、科学の力を使い、エアコンをつけたりして生き延びて、死ぬのは、自然と一体化して暮らす逃げ場のない人たちで、ますます駆除したい人間だけが生き延びるジレンマが生じます。

人間が、考えを改めて、地球環境を考えて強欲をやめない限り、地球に癒しが訪れることがないかもしれないと、思います。

そうなった場合、最終的には、やはり太陽の出番で、CMEを飛ばして全ての生命を焼き尽くし、地球は火星のようになるのではないか?と私は思います。

今はまだ、そんなことになりそうにないと思うかもしれませんが、三世代後の世界がどうなっているか、このまま行けばどうなるか、今この時代を生きている私たちが想像しないといけないことです。

それは、太陽も地球もただの物質だと考えていたら、想像だにできないかとは思います。
太陽や地球が人間のように心を持っているなんて考えられない人も多いと思います。
でも、もしも持っていたら。持っていないということは科学でも実証されていません。

そして、科学的定説というものは、多くの支持を得た仮説だということも忘れてはなりません。

と、まぁ、お説教くさい話になりましたが、最近の気候異変は尋常でないと感じる今日この頃、孫子の代まで住める惑星を残すことは、今の私たちの使命だと、そんなことを考えています。


« お金の話 | トップページ | 子育てシステム »

ラピュタ計画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61650725

この記事へのトラックバック一覧です: 地球が環境破壊する人間を駆除しようとしたら:

« お金の話 | トップページ | 子育てシステム »

他のアカウント