« 母の生き方から学ぶこと | トップページ | 今回が最後のチャンスです »

2015/05/02

改正動物愛護法を悪用している業者がいる

オスの去勢ばかりする人がいて、不思議に思って「メスはいないんですか?」と聞いたんです。

そうしたら、「メスはいるけど、ペットショップさんが、メスは手術が大変だしオスだけしたらいいと言うんです。」

「でも、そんなことしたら、家で増えて大変でしょう?」と聞いたら、「生まれたら、ペットショップさんが無料で引き取ってくれるんです。」と言い出しました。

「え?仔猫を無料で引き取って、店で売るんですか?」

「そうなんです。法律が変わったから、仔猫の代金はもらえないけど、引き取ってもらえるだけで助かるかなーと思って…でも、売れにくそうな不具合のある子は引き取ってもらえなくて、その子たちが増えていくんです。」

話をしているうちに、この方、騙されているんじゃないかな?と…

どこのペットショップか聞いたけど、答えてはもらえませんでした。

先日も丸め込む人の話を書いたばかりですけど、こんなところにも丸め込む人と丸め込まれる人がいたんです。

動物愛護法が変わって、ブリーダーは届出制になりました。
そのことを悪用して、法的なことがわからない善良な人に、すべてのネガティブな負担を押し付けて、メスの避妊を危険だと吹き込んで、簡易ブリーダーに仕立て上げている?

その方が、多頭飼育崩壊になる前に、メスの避妊をしてくれますように、祈る気持ちになりました。




« 母の生き方から学ぶこと | トップページ | 今回が最後のチャンスです »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61528894

この記事へのトラックバック一覧です: 改正動物愛護法を悪用している業者がいる:

« 母の生き方から学ぶこと | トップページ | 今回が最後のチャンスです »

他のアカウント