« 不自然の道連れ | トップページ | 自己免疫疾患になりやすい生活 »

2015/04/07

動物愛護ビジネス

動物愛護ビジネス

介護ビジネスとか、貧困ビジネスとか聞いたことがありますが、動物愛護ビジネスもあるのですね。

今までボランティアがしていたことを、お金儲けの方法としてシステム化したものが動物愛護ビジネスであるようです。

ボランティアさんも、犬を保護したり治療したり不妊手術するので費用がかかるため、その分を、里親さんから寄付を受け取る形でお金をもらう場合もあるらしいのですが、動物愛護ビジネスの場合は、不妊手術なしで寄付ありで、先日は不妊手術していない雑種の犬を3万円で引き取った人が検診に来ていたみたいです。

「3万円というところが、渋い金額やなぁ〜。」と思いますが、犬をもらった人は、自分はボランティアで良いことをしていると思っています。

動物愛護ビジネスで里親募集しているサイトをみると、純血腫が多いですが、たまに雑種も混じっていて、カムフラージュというか、「やっぱりボランティア?」とか思ったりして惑わされます。

システムの概要を、自分が作るとしたらどうするかと想像してみたのですが、立ち位置は里親とペットショップの中間にして、両方から手数料をもらえるように取り計らえば、一挙両得で損はしなさそうです。

売れ残りの犬猫を、ペットショップから手数料をもらって引き取り、里親からも寄付を募る。ついでに保険に入らせて紹介手数料ももらえそう。
カレンダーや服などのグッズ販売もできそうですし、けっこう、動物愛護ビジネスっていける?

動物愛護ビジネスで里親募集しているワンニャンは、純血腫が多くて可愛いからいいという人は、そこでもらったら良いと思いますが、世の中には、飼育放棄された犬猫や、捨てられた犬猫がたくさんいて、そんな犬猫たちが可哀想で、保健所などから助け出して抱え込んでいるボランティアさんもたくさんいます。

できれば、そういう人を助けてあげてもらえないかな…と、そんなことを考えている今日この頃です。

« 不自然の道連れ | トップページ | 自己免疫疾患になりやすい生活 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

取り敢えず、生き物を増やして儲けようなんぞと考えるのは・・・・無理があります。出来不出来があり・・・野菜なら形は悪いが味は一緒で済む(安くなるが?)事が生き物は違う。完璧でない子の受け皿はどうするの?産ませまくって年老いた子はどうなるの?
今、そんな浅はかな考えの輩のツケが回って来て、ボラはみんな苦労している。
野菜のように半年周期ではないんだから・・・・10年20年生きるんですよ。

めいぴーさん

ボランティアが苦労しているのに、トンビが油揚げをかっさらうみたいに、ペットショップの売れ残りを一般の人に安く引き渡すから、ボランティアさんは大変みたいですよ。
譲渡会でパンフレット配ったりしてるそうです。
まぁ、それでも、今まで闇から闇に葬られていた子たちが日の目をみれるから、ボランティアさんも文句も言えないし。
私の周りの一般の人で、最近ちょくちょく、そこでもらったとか、今度はそこでもらうとか言う人がいて、危機感を持ってます。

あくび猫様、
はじめまして。 初めてのコメントですので少し自己紹介させていただきますー結婚して幸せいっぱいだったまさにその年に生まれて初めて「動物虐待」の事実を次々と知ることとなり人間という生き物に絶望しかけた1992年でした。あれから20年以上の歳月が流れ、さまざまなことが変わってきましたが、今なお直視に耐えないことが起きていて、心の半分はずっと泣いているような感じがしています・・

我が子たちは全員シニアさんです。 みな、保健所からの保護わんにゃんなので正確な年齢は分かりませんが~~。 3年前に里親さんにご縁した保護わんちゃんは、今、里親さんが闘病中のため、我が家にホームステイしていますが、自分の家のように寛いでくれていてほっとしています^^。 

それでは、また訪問させていただきますね(*´∀`*)


 

margaretさん

はじめまして。読んで頂いてありがとうございます。

保護ワンちゃんを助けてくださっているのですね。
私も、今いる子が天に帰ったら、保護ワンを連れてきてあげたいなと思っています。

ペットショップで売れ残って闇から闇に葬られる子たちを救いたいという動機で作られたビジネスは、自分たちの生活も確保しながら、上手いこと考え出されたとは思うのですが、ペットショップでどんどん売られていて、どんどん生ませている現状を変えていかないと、ダメですね。

命が関わることを、ビジネスにしていくというのは、人間でも同じで、おそらくユニセフなども、職員の生活を確保しながらやっているという点で、共通性があると思います。

命をビジネスにすることが、どうも抵抗があります。
資本主義社会では仕方のない方向性なのかもしれませんが・・・

それでも、損得抜きで頑張っている人を守る人を増やしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61405289

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護ビジネス:

« 不自然の道連れ | トップページ | 自己免疫疾患になりやすい生活 »

他のアカウント