« 戦時中の牛の話 | トップページ | 母はウサギ係だった »

2015/01/26

戦中戦後の鶏の話

子供のころに、ダンナのお母さんは家の鶏の世話係で、一羽、とても可愛がっている鶏がいたのです。

鶏は卵を産ませるために飼われていたそうです。

ある日、可愛がっている鶏を見かけないので、親に尋ねたそうです。
そうしたら、「お前が今食べている、その肉があの鶏やで。」と言われたのだそうです。
その途端、口の中の肉を吐き出してしまったそうです。
きっと、もったいないことをすると叱られたのだと思います。

ダンナのお母さんは、鶏肉が食べられませんでした。
その時以来、トラウマになっていて、肉はあまり食さず、魚だけ食べていました。

戦中戦後は、子供も大人も大変だったのですね。
かわいそうな時代でした。


« 戦時中の牛の話 | トップページ | 母はウサギ係だった »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61034523

この記事へのトラックバック一覧です: 戦中戦後の鶏の話:

« 戦時中の牛の話 | トップページ | 母はウサギ係だった »

他のアカウント