« 息子の嫁 | トップページ | 感熱紙FAXはどこに行った? »

2015/01/22

友人から聞いたイタチの話

友人から先日聞いた話です。

野良猫が3匹、それぞれ子供連れで庭に来ているなと思っていたら、1匹イタチがまじっいたのです。

仔猫たちがじゃれ合っていると思っていたら、何かピョーンピョーンと飛んでいるのがいて、よく見るとイタチの子だったそうです。仔猫と仲良く遊んでいたらしいのです。

そのうちに仔猫たちは病気になり、入院させたり死んでしまったりして、生き残った子も家の中で保護することにしたので、仔猫は庭からいなくなったのでした。

ある晩、ふと窓の方を見ると、窓の外のクーラーの室外機の上に、イタチの子が乗っていて、窓の外から部屋の中を覗いていたのです。

庭を向いたりこちらを向いたり、走るふりをしたりして、何となく「仔猫の友達がいないんだけど、知りませんか?」と言っているようだったと友人は言います。

イタチはボディランゲージで伝えたのでしょうか?
庭に一人ぼっちになって、寂しかったのでしょうか?

動物たちは、言葉は発することはできませんが、いつも私たちに話しかけているかもしれないという、お話でした。

« 息子の嫁 | トップページ | 感熱紙FAXはどこに行った? »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

まあ、可哀想に!でも、イタチを保護する訳にも行きませんよね?

めいぴーさん

そのイタチの子はキャットフード食べないそうです。
お母さんにはぐれて野良猫に混じって育ったみたいです。
たくましく生きていってほしいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61014006

この記事へのトラックバック一覧です: 友人から聞いたイタチの話:

« 息子の嫁 | トップページ | 感熱紙FAXはどこに行った? »

他のアカウント